• odekake badge

自然と調和する名所がたくさん!来たら必ず行くべき長野の定番観光スポット

日本列島の真ん中に位置し、山々に囲まれた豊かな自然が自慢の長野県。そんな長野県には自然と調和するように育まれてきた観光スポットがたくさんあります。今回は長野県を4つのエリアに分けて、それぞれ絶対に外せない定番の観光地をご紹介します。

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

Kazuya Shishido/BuzzFeed

\紹介するのはここ/

【1】北信:善光寺

【2】東信:軽井沢ショー記念礼拝堂

【3】中信:松本市美術館

【4】南信:諏訪湖

【1】信州を代表する名刹「善光寺

「遠くとも一度は参れ善光寺」。江戸時代から人々の間でそう語り継がれてきた「善光寺」。古来より“一生に一度は訪れたい”場所として多くの参拝者を集め、一度お参りすれば極楽往生が約束されると信じられてきました。無宗教のお寺であり、誰もが参拝可能なことも人気の理由です。

最初に通るにらみを効かせた仁王門

Kazuya Shishido/BuzzFeed

正面から参詣する際に最初に通る「仁王門」。過去に何度か焼失の憂き目にあってきた善光寺ですが、こちらの「仁王門」は大正7年(1918)に建立され、100年以上の歴史を持ちます。

仁王像の逞しい肉体がすごい!

Kazuya Shishido/BuzzFeed

向かって左側の口を大きく開けているのが阿形(あぎょう)、向かって右側の口を閉じているのが吽形(うんぎょう)です。寺院の門から仏敵を追い払うという役目を担った仁王像は、筋骨隆々で険しい顔つきをしています。

国の重要文化財である「山門」

Kazuya Shishido/BuzzFeed

江戸時代中期の寛延3年(1750年)に建てられた善光寺の「山門」。山門とはお寺の正門のことで、古くは寺院の多くが山岳に構えられたことに由来があるそうです。山々に囲まれた信州に建つ善光寺の「山門」は、高さ20メートルの堂々たる風格。国の重要文化財にも指定されています。

いざ、国宝である本堂へ!

Kazuya Shishido/BuzzFeed

善光寺のご本尊は、日本最古の仏像といわれる「一光三尊阿弥陀如来」。宝永4年(1707年)に再建され、江戸時代中期を代表する仏教建築として国宝に指定される本堂の中にまつられています。

お参りを終えすぐにお目見えする「びんずる尊者」

Kazuya Shishido/BuzzFeed

本堂正面から入って最初に目にとまる像が、びんずる尊者です。お釈迦様の弟子のひとりで神通力(超能力に似た力)が大変強い方だったそうです。俗に「撫仏」といわれ、病人が自らの患部と同じところを触れると、その神通力にあやかり治していただくという信仰があります。

生前の罪を裁く神「閻魔様」

Kazuya Shishido/BuzzFeed

「びんずる尊者」の左手側には、威厳をもった「閻魔像」が鎮座。生前の罪を裁く神である閻魔様の前では、自然と背筋が伸びますね。

「お戒壇巡り」で死の疑似体験

Kazuya Shishido/BuzzFeed

本堂奥へ進むと見えてくるのがお戒壇巡りの入口。内陣券を購入すると、瑠璃壇床下の真っ暗な回廊を巡り、秘仏のご本尊様と結縁を果たすことができる「お戒壇巡り」をすることができます。言ってみれば死の疑似体験で、回廊の中で「極楽の錠前」に触れ、往生の際にお迎えに来ていただけるという約束をご本尊様からいただけます。

参拝の証、御朱印を頂戴

Kazuya Shishido/BuzzFeed

参拝後には、本堂向かって右手にある勧募窓口で御朱印(300円)を頂きました。今回頂いたのは本堂のものですが、善光寺周辺では釈迦堂や宿坊など22カ所で御朱印を頂くことができます。御朱印集めにももってこいですね。

かわいいおみくじ付きのお守りも!

Kazuya Shishido/BuzzFeed

あの怖い閻魔様をモチーフにしたお守りを発見。そのお隣には「牛に引かれて善光寺参り」という長野の民話にちなんだ「しあわせ牛守」。どちらもおみくじ付きです。

仲見世通りでひと休み

Kazuya Shishido/BuzzFeed

仲見世通りに入ってすぐのところにある「すや亀 善光寺店」。こちらのお店は明治35年(1902)に創業した味噌醸造の老舗店です。本店は善光寺から歩いて15分ほどのところにあり、どちらのお店でも信州味噌やオリジナル味噌商品を買うことができます。

さまざまな味噌商品を販売

Kazuya Shishido/BuzzFeed

信州らしさを感じさせる「そば味噌」や「くるみ味噌」のほか、甘酒や味噌チョコレートなども置いてありました。どれをお土産にするか迷ってしまいそうです。

人気の「みそソフト」は意外なお味!

Kazuya Shishido/BuzzFeed

仲見世通りの名物として知られる「みそソフト」(350円)。濃厚なミルクに味噌の風味が加わると、まるでキャラメルを思わせるコクを感じさせてくれます。味噌の塩気も効いており、甘すぎず食べやすいです。これはリピートしたくなる味!

スポットの情報はこちら👇

善光寺

住所:長野県長野市長野元善町491

アクセス:上信越自動車道長野IC、または須坂長野東ICから車で約40分

開場時間:常時開放(本堂内陣参拝・お戒壇巡りは4:30~16:30

※冬季10~3月は6:00~16:00)

定休日:なし

料金:本堂内陣一般500円、高校生200円、小中学生50円、未就学児無料。

※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と付き添いの方1名様まで無料

駐車場:善光寺第1~5駐車場(有料)400台、ほか最寄りの一般駐車場有り

すや亀 善光寺店

住所:長野県長野市元善町仁王門北

アクセス:上信越自動車道長野IC、または須坂長野東ICから車で約20分

営業時間:9:00~17:00

定休日:なし

駐車場:なし

長野市の口コミ高評価の宿はこちら👈

【2】自然いっぱいの別荘地・軽井沢を散策

Kazuya Shishido/BuzzFeed

まず押さえておきたいのは、歴史ある老舗からオシャレなお土産店、教会、カフェなどが立ち並ぶ「旧軽井沢銀座商店街」。レトロな建物も多く、歩いているだけでも楽しめます。

森の中の教会「軽井沢ショー記念礼拝堂

Kazuya Shishido/BuzzFeed

「旧軽井沢銀座商店街」をまっすぐ進み、その奥地にひっそりと佇むのが「軽井沢ショー記念礼拝堂」です。明治21年(1888)に「軽井沢の恩父」と呼ばれる宣教師、アレキサンダー・クロフト・ショーによって創設された軽井沢で最初の教会です。周囲は木々に囲まれており、軽井沢らしい雰囲気を味わうのにもピッタリですね。

シンプルで美しい外観

Kazuya Shishido/BuzzFeed

明治28年(1895)に教会が建てられ、大正11年(1922)にほぼ現在の建物になりました。シンプルで無駄のない美しいつくりです。厳かな教会内に入ると自然と敬虔な気持ちが沸き上がります。

軽井沢は洗練されたお土産物も豊富

Kazuya Shishido/BuzzFeed

信州の自然の恵みを使ったジャムやスイーツ、地ビールなど軽井沢には洗練されたお土産物もそろっています。品ぞろえ豊富な「軽井沢芳光 本店」では、選りすぐりの軽井沢グルメを購入できます。

素材を生かしたグルメがズラリ!

Kazuya Shishido/BuzzFeed

果実のおいしさをギュっと瓶詰めにしたジャムやジュース、洋食文化が盛んな軽井沢ならではのフルーツゼリーやムースなど色鮮やかな品々に目移りしてしまいます。

人気の地ビールや洋風総菜も!

Kazuya Shishido/BuzzFeed

個性的なクラフトビールや無臭ニンニクをオリジナルバジルドレッシングで和えた「サラダにんにくバジル風味」など洋風のお惣菜たちもお土産品として人気のようです。セットで購入して、おうちで一杯!なんてのもいいですね。

ランチは信州名物の蕎麦で決まり!

Kazuya Shishido/BuzzFeed

「旧軽井沢銀座商店街」から車で15分ほどの場所にある「信州そば処 追分そば茶家」。昭和42年(1967)創業で、厳選された国内産そばを伝統の技術で打った二八蕎麦がいただけます。

香りの良いお蕎麦を堪能

Kazuya Shishido/BuzzFeed

この日注文したのは「天せいろそば」(1830円・税込)。まず驚かされたのがそのボリューム!お皿にたっぷり盛られた天ぷらは、エビ2尾、キス、サツマイモ、ナス、ピーマン、ズッキーニ、カボチャ…と種類豊富です。どれもサックリと揚がっていました。肝心のお蕎麦も香りが抜群。コシがありつつもなめらかなのど越しで、甘めのつゆともよく合います。

体の温まる「天ぷらそば」もオススメ◎

Kazuya Shishido/BuzzFeed

かけつゆがほっこり体を温めてくれる「天ぷらそば」(1180円・税込)もオススメの一品。せいろよりも少し柔らかめのお蕎麦に、天ぷらを浮かべたコクのあるつゆが良く絡みます。紅白のかまぼこやたっぷりのネギ、インゲンも良いアクセントでした。

スポットの情報はこちら👇

軽井沢ショー記念礼拝堂

住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢57-1

アクセス:上信越自動車道碓氷軽井沢ICから車で約20分

開場時間:9:00~17:00 ※冬季は~16:00

駐車場:なし

軽井沢芳光 本店

住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢628

アクセス:上信越自動車道碓氷軽井沢ICより車で約20分

営業時間:10:00~17:00

定休日:不定休

駐車場:なし

「信州そば処 追分そば茶家」

住所:長野県北佐久郡軽井沢町追分1126-2

アクセス:上信越自動車道碓氷軽井沢ICより車で約20分

営業時間:11:15~15:00

定休日:木曜

駐車場:あり

食事予算:1000円から2000円程度

軽井沢の口コミ高評価の宿はこちら👈

【3】目を引くドット柄のデザイン「松本市美術館」へ!

Kazuya Shishido/BuzzFeed

松本駅を降りて目の前の大通りを15分ほど歩いた場所に位置する「松本市美術館」。松本出身のアーティスト、草間彌生の作品をメインに、信州や山岳にちなんだ作品を収蔵展示しています。もちろん、独自の着眼点が光る企画展も見逃せません。2021年4月1日から2022年4月中旬の間はリニューアルに向け、休館してしまうそうなので訪れる際はご注意ください。

美術館正面に佇む巨大なオブジェ「幻の華」

草間彌生「幻の華」(2002年制作)

美術館のトレードマークである「幻の華」は草間氏が2002年の開館時に制作した巨大なオブジェ。その大きさは高さ10メートル、幅18メートルに及び、草間の野外彫刻作品としては世界最大のもの。館内にも常設展をはじめさまざまな草間作品を展示しています。さっそく見ていきましょう。

貴重な初期作品も必見!

Kazuya Shishido/BuzzFeed

草間彌生の初期作品から最新シリーズ「わが永遠の魂」へと至る創作活動と魂の軌跡を展示する常設展「草間彌生 魂のおきどころ」。ドットや網目といったイメージで知られる草間氏ですが、それ以前の初期作品に出合える貴重な機会です。会期は2021年3月31日(水)までなので、ぜひお早めにどうぞ。

そのほか信州にゆかりのあるアーティストの作品も!

上條信山記念展示室, 田村一男記念展示室

松本市出身の書家・上條信山の生涯にわたる作品を展示する記念展示室や、信州・蓼科高原の雄大さに感銘を受け主に高原風景を描き続けた画家・田村一男の展示も常設されています。

美術情報図書室は入場無料

Kazuya Shishido/BuzzFeed

3階にある美術情報図書室は、美術専門書籍を中心に、常時開架では約2千冊程度閲覧OK。美術情報図書室のみの入場はなんと無料!

展示を楽しんだらミュージアムショップへ

Kazuya Shishido/BuzzFeed

ミュージアムショップには、ポップでかわいい草間彌生の作品をモチーフにしたグッズがずらり。展覧会図録や収蔵作品のポストカードなど多くのミュージアムグッズがならぶ中で、一番の人気は草間彌生デザインのキュートな手ぬぐいだそう。ドット柄のものは松本市美術館のオリジナルとのことでぜひゲットしたいところ。クラフト紙のパッケージもオシャレでお土産にぴったりですね。

スポットの情報はこちら👇

松本市美術館

住所:長野県松本市中央4-2-22

アクセス:中央自動車道松本ICから車で約15分、JR松本駅から徒歩で約12分

営業時間:9:00~17:00 ※入場は16:30まで

休館日:月曜、年末年始 ※祝日の場合は次の最初の平日

料金:常設展大人410円、大学生・高校生200円

駐車場:あり(無料)

松本の口コミ高評価の宿はこちら👈

【4】時を超えて人々を魅了する「諏訪湖

Kazuya Shishido/BuzzFeed

湖の周囲を山々が囲む美しい景観と、時計などの精密機械工業が発達していることから「東洋のスイス」とも呼ばれる諏訪エリア。湖の周辺には諏訪大社などの寺社も点在し、神話や歴史の舞台となるなど古来より人々を魅了してきました。周囲およそ16kmにあるスポットを楽しみながら、その魅力に触れていきます。

諏訪湖をぐるり一周、25分間の優雅なクルージング

Kazuya Shishido/BuzzFeed

最初に訪れたのは「諏訪湖観光汽船」。乗船した「スワコスターマイン号」は2020年春にデビューしたばかりの最新式の遊覧船です。澄んだ青空に、真っ白な船体がキラキラと輝きとてもきれい!期待が高まります。

風が気持ちいい!リゾートライクなオープンデッキ

Kazuya Shishido/BuzzFeed

船内は2階建てとなっており自由に行き来できます。おすすめは2階のオープンデッキ。カフェのようなテーブルやソファ席もあり、リゾートライクな雰囲気です。穏やかな湖面を渡る風も心地よく、360°のパノラマビューとともに船旅を満喫できます。

運が良ければ富士山が見えることも!

Kazuya Shishido/BuzzFeed

写真ではわかりづらいかもしれませんが、湖上から見える山々の間に、うっすらと富士山のシルエットを見ることができました!見られるかどうかはその日の運次第。船長さんによると「空気が澄んでいる冬の晴れた日にはくっきりとした富士山の姿を見られる可能性が高い」とのこと。他にも、八ヶ岳や北アルプスなど長野県を代表する名峰を眺めることができます。

コロナウイルス対策も万全!

「従業員のマスク着用を徹底しているほか、乗船時にはアルコール消毒を用意して対策しております。船内の消毒も行なっておりますので安心してご乗船ください」(アルピコグループ東洋観光事業株式会社・黒澤幹雄さん)。

スポットの情報はこちらから👇

諏訪湖観光汽船

住所:長野県諏訪市湖岸通り3-1-27

アクセス:JR上諏訪駅から徒歩約10分

営業時間:9:30〜16:30

定休日:年中無休

※諏訪湖の結氷時は運休。また天候や予約状況により運休の可能性もあるため問い合わせを

料金:大人920円、3歳〜小学生460円

駐車場:市営駐車場利用(無料)

時計のふるさと諏訪で、時計づくりを体験!

Kazuya Shishido/BuzzFeed

次に向かったのは、諏訪大社下社のすぐ近くに建つ「下諏訪今昔館おいでや 時計工房儀象堂」です。世界初のクオーツ腕時計誕生の地でもあり、時計のふるさととしても知られる諏訪。このミュージアムは「時」と「時計」を学ぶ資料館となっており、諏訪で唯一の「時計組立体験工房」があります。

ムーブメントの組み立て。細かい部品にドキドキ

Kazuya Shishido/BuzzFeed

さまざまなコースがある中で、今回は置き時計の組立&装飾コース(45分間 2500円・税込)を体験。時計の組み立てなんて難しそう…とドキドキしていましたが、セイコーエプソンOBのベテラン技師の方がわかりやすくサポートしてくれたため、スムーズに組み立てることができました。繊細な部品が順番通りに重なることで形作られ、時を刻む時計。奥深い世界です。

さまざまなパーツを使って世界に一つだけの時計に

Kazuya Shishido/BuzzFeed

ムーブメントが完成したら、たくさんのパーツの中から好きなものを選んでボンドで貼り、装飾していきます。今回は使いませんでしたが、小枝や松ぼっくりを使ったふくろうの飾りなどもあり、工夫次第でいろいろな時計ができそう。完成した時計はちょっとシンプルですが、自分ではお気に入りです。

腕時計をはじめ本格的な組み立てコースも

Kazuya Shishido/BuzzFeed

ビギナーコースなら小学校低学年からOK。今回体験した置き時計以外に、腕時計の組立体験コースもあり、外装だけの組立(20分コース)から、大人もハマるムーブメントの本格的組立(3時間コース)まで希望に合わせて体験することができます。ケースの種類によって料金は異なり、写真の「GISHODOえらべるWatch」の20分コースは4320円(税込)です。

世界初復刻の「水運儀象台」など見どころも満載

Kazuya Shishido/BuzzFeed

敷地内には、機械式時計のルーツともいわれる水駆動の「水運儀象台」も展示されていました。中国・北宋時代に誕生した時計で、これは世界でも初めて完全復元された貴重なもの。「時」という概念が生まれて以降の時計と人との長い歴史を知り、感慨深い気持ちになりました。

コロナウイルス対策も万全!

「入館時の検温、マスク着用、アルコール消毒の徹底のほか、時計組立工房には体験者のみ入室していただくなど対策を行なっています。また職員につきましても検温、手洗い、手指消毒の施行、マスクやフェイスシールドによる感染予防に努めています」(事務主任・北原保奈美さん)。

スポットの情報はこちらから👇

下諏訪今昔館おいでや 時計工房儀象堂

住所:長野県下諏訪町3289

アクセス:JR下諏訪駅から徒歩約10分

営業時間: 9:00〜17:00

定休日:無休

料金:入館料大人600円、小中学生300円

駐車場:あり(無料)

暮らしを豊かに健やかに「信州地産地集」マーケット

Kazuya Shishido/BuzzFeed

湖畔に再び戻ったら、最後は「くらすわ本店」でショッピング。諏訪湖エリアでもひときわスタイリッシュな雰囲気を放つこのお店は、養命酒製造(株)がプロデュースするショップ&レストランです。2020年に10周年を迎え、展望ガーデンや四季舞台、イートインスペースなどがリニューアル。さらに魅力的なスポットとして生まれ変わりました。

信州の良いもの&プライベートブランド商品が勢ぞろい

Kazuya Shishido/BuzzFeed

「地産地集マーケット」をキーワードに信州の商品が多数そろう1Fのショップ。魅力たっぷりのプライベートブランド商品をはじめ、長野県が誇る数々の銘品が並びます。くらすわと地元企業がコラボレーションした商品などもあり、見ているだけでワクワクと心が躍ります。

イチオシはこの商品!

Kazuya Shishido/BuzzFeed

店長さんのイチオシは信州産の手作りフルーツジャム。厳選した信州のフルーツを使い、砂糖を一切使わずにぶどう果汁を加えて煮詰めています。自然な甘みの中に、果実本来の味わいがギュッと濃縮。「りんご」(540円・税込)をはじめ7種類がそろい、手ごろな価格でお土産にもピッタリです。

果実酒やワイン、日本酒も充実

Kazuya Shishido/BuzzFeed

地元の酒造メーカーとコラボレーションしてつくられた果実酒やワイン、日本酒、さらに養命酒製造が発売する「フルーツとハーブのお酒」も7種類すべてが並んでいました。多彩なラインアップで選ぶ楽しみも味わえます。自分へのお土産にいかがでしょうか。

ベーカリー&カフェでホッと一息

Kazuya Shishido/BuzzFeed

ショップ内には、焼き立てパンとカフェメニューが楽しめるベーカリー&カフェも併設されています。小腹も空いていたので、信州十四豚のヒレカツサンド(469円・税込)とホットコーヒー(260円・税込)を購入しました。店内には、広々としたイートインスペースもあり、屋外にも開放的なテーブル席が多数あります。また、3Fの展望ガーデンで湖畔を眺めながら食べるのもOK!2Fには創作料理が楽しめる本格的なレストランもあり、次回はぜひ!と心に誓いました。

コロナウイルス対策も万全!

「レジ前の台やカゴなどお客様が触れる場所については、都度消毒を行なっています。また、ショーケースのドアノブや台なども最低1時間に一回は定期消毒を行なっています。スタッフの検温やマスク、手袋などを着用しての接客、手洗い、消毒、ソーシャルディスタンスの確保なども徹底しておりますので安心してご来店ください」(広報企画担当・小松真弓さん)。

お店の情報はこちらから👇

くらすわ 本店

住所:長野県諏訪市湖岸通り3-1-30

アクセス:JR上諏訪駅から徒歩約10分

営業時間:ショップ・ベーカリー&カフェ9:00〜19:00、レストラン11:00〜14:00L.O、17:30〜21:00L.O

定休日:不定休

予算:ベーカリー&カフェ500円から、レストラン ランチ1650円(税込)から、ディナー4000円(税込)から

駐車場:あり90台(無料)

諏訪の口コミ高評価の宿はこちら👈

※記事内の商品・サービス情報は記事公開日時点のものになります。価格・サービス内容等の情報は変更になっている可能性がございます。ご了承ください。

※本記事はBuzzFeed Japan株式会社とYahoo! JAPANが共同で企画したものです。記事内の商材・施設・サービス選定や評価はBuzzFeed Japan株式会社の判断にもとづいています。

※記事内で使用している商材・施設・サービス等の画像は、施設・店舗様から画像・商材・サービスを購入、またはお借りしたうえで使用、撮影しています。