北陸の贅をゆったり気ままに! お部屋&個室食がうれしい金沢の旅宿4選

    歴史と文化と美食に触れる北陸随一の観光都市「金沢」には、魅力的な旅宿も多数! その中から、とことんお部屋でゆったりできる「部屋食」の美食宿を紹介します。

    ※新型コロナウイルスの影響により、施設の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設までお問い合わせください。

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    \紹介するのはここ/
    【1】旅館 橋本屋
    【2】金沢・湯涌温泉 湯の出
    【3】お宿 やました
    【4】金沢・湯涌温泉かなや

    【1】100年愛された創作加賀会席に舌鼓! 金沢プチ郊外の料理宿「旅館橋本屋」

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    金沢駅から車で20分(バスで20分)。「旅館 橋本屋」は、大正6年創業の老舗会席料理宿。代々受け継ぐ板長の“技”が彩る加賀会席は、圧巻です。

    清潔感が漂う心地のよいアットホームな雰囲気

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    およそ四半世紀前、道路拡張に従う形で建て替えたという「橋本屋」ですが、毎年少しずつリフォームを重ねており、特に今年(2020年)は、畳やじゅうたん、床や壁を張り替える大工事を行ったのだそう。中心繁華街から「犀川」を渡り、丘陵を上がった街並みの中に佇んでいるので、兼六園や21世紀美術館などの代表的な名所との距離感もほどよく、ロケーション的にもグッドです。

    清潔感が漂うくつろぎの和の空間で

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    セレクトしたのは「開業100周年記念、4大特典が付く豪華三昧プラン(2名で40000円・税込)」で、「五感にごちそう金沢宿泊キャンペーン事業」によるお得重ねでこの価格を実現しています。お部屋タイプは、独立したバス・トイレが付く(改装されたばかりの)8畳和室で、まずはおもてなし和菓子で一服。

    ご神木を見上げながら和室で美食を待ちわびる

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    窓から見えるのは隣の八幡神社のご神木(欅)で、その大迫力はまさに圧巻。樹齢450年の佇みに心が癒やされます。

    大浴場付きなのもうれしい

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    美食に舌鼓を(思いっきり)打つ前に、まずは身を清めましょう。坪庭付きの大浴場で、全身を伸ばして旅の疲れを解消します。シャンプーやボディソープ、スキンケア用品なども、香りにこだわったものがセレクトされていました。

    うれしい4大特典がつくお食事に大注目!

    旅館 橋本屋

    夕食はくつろぎの快適な和室で心置きなく楽しめます。旬のお造りや郷土料理「治部煮」を筆頭に、八寸や小鉢に至るまでみっちりと作りこまれた基本料理、そこに3種類のメインメニューが加わる特別プラン。さらに飲み放題までがコミコミ(4大特典の1つ目)。「橋本屋」で味わえる贅の限りを尽くした豪華ディナーのお目見えです。

    旅館橋本屋

    「鮑(あわび)ステーキ」や「黒毛和牛ステーキ」、「のどぐろ塩焼」などのメイン料理を一巡りできる特別な会席は、100周年ならではのボリューム感! この、特別事業のタッグで実現した“今だけ”のお得感には、ただただ感激です。

    質の高い和朝食もお部屋でゆったりと

    旅館橋本屋, Kazuya Shishido / BuzzFeed

    4大特典の2つ目は、夕食に続いて朝食も部屋食でいただけること。その内容は「のどぐろの開き」や「出汁巻き玉子」、「ひろず(がんも)」など、品数と栄養バランス、優しい味付けを極めた和朝食で、最高級コシヒカリ「滝の精」を使った炊き立てごはんも絶品! 昨晩の豪華な思い出が、優しくよみがえります。ちなみに3、4大特典は、お土産の「金箔ストラップ」と「輪島塗のお箸」です。

    新型コロナウイルス対策も万全!

    「コロナ禍においては、スタッフの基本対策(手洗い、うがい、マスク着用、検温、換気、受付のアクリル板設置、除菌清掃など)を徹底した上で、お客様にも消毒液やマスクの積極的な利用、にチェックイン時の検温などをお願いしています。また、大人数での宴会は控えていただいており、受け入れ規模についての詳細は旅館までお問い合わせください」(4代目・橋本さん)

    宿の情報&予約はコチラから👇

    「旅館橋本屋」

    ※Yahoo!トラベルのプランはこちら 👈

    住所:石川県金沢市十一屋町3-30

    アクセス:金沢駅から車で15分(バスで20分)

    部屋数:8室

    アメニティ:タオル・バスタオル、バスローブ、ハミガキセット、シャンプー・リンス、ボディソープ・石鹸、髭剃り、くし・ブラシ、ドライヤー、ナイトウェア、浴衣、スリッパ、テレビ、金庫、冷蔵庫、お茶セット(無料)、Wi-Fiあり、利用した部屋のコンセント・2か所4口

    予算:2名で1万4000円(税込)~

    【2】贅尽くしの茶室空間で美食と温泉を堪能!「金沢・湯涌温泉 湯の出」

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    金沢駅から車で40分(路線バスあり)。金沢の奥座敷・湯涌温泉郷の一角に佇む「金沢・湯涌温泉 湯の出」は、和の風情に満ちた美食の“邸宅”宿です。

    ゆったり、のんびりと贅沢が染みる旅館

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    明るいスタッフが「ようこそ」と出迎えてくれる玄関口から特別な夜が始まります。チェックインも14時からと早めの設定なので、エントランスから見える中庭も印象的な別荘的空間を、時間を忘れてとことん満喫しましょう。

    広々快適な露天風呂付客室を選択!

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    セレクトしたのは「露天風呂と本格懐石をハイクラス客室で楽しむ贅沢プラン(2名で8万3600円・税込)」。温泉露天風呂付の客室「なでしこ」は12.5畳の和室と、4畳+約2畳サイズソファ(ベッド風)付きの踏み込みがなんとも贅沢な空間。

    客室付きのお風呂は情緒もたっぷり

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    ゆったりと広がるお部屋の先に広がるのは木造りのお風呂が構えられた広々空間。日本の伝統的建築様式「数寄屋造り」が生む茶室感には落ち着きがあります。

    自然光が降り注ぐ温泉大浴場は、夜のライトアップでより幻想的に!

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    朝夕で男女が入れ替わる大浴場には、2種類それぞれの趣があります。梅を形どった赤御影石の内湯「福梅の湯」と、森林のマイナスイオンをダイレクトに浴びる露天風呂「檜の湯」を往来していたら、旅の疲れもどこへやらです。

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    肌に優しく、リウマチや神経痛などにも効果があるとされる湯涌温泉の湯は「飲んでも薬」と伝わる開湯1300年の名湯です。この湯加減は、木のしつらえの下に大きな岩風呂が広がるもうひとつの大浴場、「合歓(ねむ)の湯」でもじっくり味わうことができます。

    金沢の旬な素材を活かした懐石料理をお部屋で

    湯の出

    夕食は、のどぐろや加賀野菜など旬の物素材を取り入れた本格懐石で、内容は月替わりだそう。料理人の腕と舌で選び抜いた上質素材の魅力を、入念な下ごしらえから存分に引き出した繊細かつ大胆な料理、贅沢な美味です。

    朝食は専用のお食事会場にて。

    湯の出

    朝食には、金沢の正月や祭りの日のお重には欠かせない伝統料理「べろべろ」、湯豆腐「とっぺ」など天然の幸の風情を上品に織り込んだ金沢ならではの純和食を。炊きたてごはんにも箸がすすみ、満腹満足! 最高の一日のスタートが切れるというものです。

    新型コロナウイルス対策も万全!

    「コロナ禍において、スタッフのマスク着用、検温、随時のアルコール消毒(次亜塩素酸水噴霧器設置による空間除菌も)を徹底したうえで、お客様の検温、共用部でのマスク着用への協力をお願いしています。もとより少人数宿泊で建物を広く使える宿ですが、例えば大浴場の脱衣場の籠を減らして、感覚を開けるなど、共用部のソーシャルディスタンスがより確保できるよう、工夫させていただいております」(スタッフ・加須屋さん)

    宿の情報&予約はコチラから👇

    「金沢・湯涌温泉 湯の出」

    ※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

    ※一休のプランはこちら👈

    住所:石川県金沢市湯涌荒屋町77-2

    アクセス:金沢駅から車で40分(路線バスあり)

    部屋数:10室

    アメニティ:ハミガキセット、シャンプー・リンス、髭剃り、シャワーキャップ、くし・ブラシ、ドライヤー、浴衣、湯沸しポット、テレビ、冷蔵庫、お茶セット(無料)、フェイスタオル、バスタオル、Wi-Fiあり、利用した部屋のコンセント・3か所4口

    予算:2名で3万4000円(税込)~

    【3】湯涌温泉最奥で最古参! 歴史も楽しむ伝統料理宿「湯涌温泉 お宿やました」

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    金沢駅からタクシーで30分。「お宿 やました」は、金沢の奥座敷「湯涌温泉」の最も奥に佇む老舗温泉宿。多くの武将や文人が愛した空気感の中で味わう四季のお料理は、この上なく“雅”です。

    歴史にも浸れるモダンなお宿、ご堪能ください

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    前田利常公が屋号を授けた「山下旅館」の大看板は、「お宿 やました」という柔らかめな表記になって今の時代を歩んでいます。建物自体は24年前に新築され、モダンなしつらえを加えた今どきホテルの仕様になっていますが、損なわれることのない名老舗宿のオーラに包まれる居心地は、唯一無二と言えるでしょう。

    山景が目の前に広がる、広々和室に一泊

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    セレクトしたプランは「一番人気の1泊2食付き創作和会席プラン(2名で4万2742円・税込)」。お部屋は12畳の広々和室(トイレ・バスルーム付き)ですが、入り口に4畳、テラス側に3畳の真新しい畳がみっちり敷かれていたので、実際20畳間の開放感を味わえました。

    無色透明な湯涌の名湯を大浴場&露天風呂で

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    御影石づくりの浴場は、歴史に名を遺すお宿の風格を表わしているかのような作り。ガラス奥に構える露天風呂は坪庭風のつくりで、緑と打たせ湯から降り注ぐマイナスイオンに思いっきり身を委ねられます。

    歴史と信仰がすぐそこにある、アーティスティックなフロアも魅力

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    建物内の随所には、湯涌温泉ゆかりの文人・竹久夢二の作品が飾られるなど、館全体がギャラリースペースのよう。特に客室階の3、4階には、裏山の四季をダイナミックに感じられる曲面ガラスのパノラマルームがあり、目の前には地蔵菩薩のご尊顔も…。

    夕食は、日本海と加賀の幸を彩る創作和懐石!

    お宿やました

    お部屋でいただける夕食は、熟練の料理人(料理長)が見極めた旬の食材を、見た目華やか、かつ豪快に彩った創作和会席スタイル。芸術性の高いお宿の中で、作品の一つと化した山海の美味には、ありがたみしかありません。

    食後は月を見上げ、街灯りを見渡せる展望台へ

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    3階フロアから直接踏み出せる「お月見台」では、眼下に広がる湯涌温泉街の街灯りも眺められます。四方を眺めるベンチの屋根を兼ねるやぐらの中央(小上がり部分)には、地元の美術大学生から寄贈されたという、一枚の鉄板から作り出したカバのオブジェが鎮座しており、これがまたキュートなんです。

    朝食もお部屋でゆったり。

    お宿やました

    豆乳からつくる手作り豆腐が評判の朝食は、お魚、小鉢、サラダ、煮物など、夕食の感動を再び思い起こさせる繊細な一品揃い。

    開湯から1300年の歴史を刻む「湯涌温泉」は、歴代加賀藩主の湯治場として重宝されていました。今や「金沢の奥座敷」と呼ばれるまでになった温泉街ですが、歴史を紐解くほど、その始まりには「やました」の存在が欠かせないのです。

    新型コロナウイルス対策も万全!

    「コロナ禍においては、従業員の基本対策(手洗い、うがい、マスク着用、検温、換気、受付の仕切り、除菌清掃など)を徹底したうえで、お客様にも消毒液の利用や共用部でのマスク着用、チェックイン時の検温などにご協力いただいています。また、現在は共用部での飲食や、キッズスペースのおもちゃの設置を見合わせ、24時間ご利用でいただけるお風呂に人数制限を設けるなどで、感染拡大に努めています」(女将・山下さん)

    宿の情報&予約はコチラから👇

    「お宿 やました」

    ※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

    住所:石川県金沢市湯涌町イ165-1

    アクセス:金沢駅から車で25分(最寄り駅は森本駅)

    部屋数:10室

    アメニティ:歯ブラシ、タオル、バスタオル、ドライヤー、ゆかた、スリッパ、Wi-Fiあり、利用した部屋のコンセント・4か所5口

    予算:2名で2万800円(税別)~

    【4】「奥座敷」を「離れ」で満喫。温泉料理宿「金沢・湯涌温泉かなや」

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    兼六園など代表的観光地からも車で30分。「金沢・湯涌温泉かなや」は、一軒家風の離れと貸切風呂も印象的な、料理自慢のもてなし宿です。

    お部屋もプランも大充実!楽しみ方無限大のお宿です。

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    今回は「離れ」の特別室のご紹介でしたが、通常はリーズナブルな本館客室に泊まって、旅館全体を楽しむ家族連れ客も多いそう。さらには、食事付きの日帰りプランもあります。湯涌の小さな温泉街のど真ん中で貫録を示す大きな旅館…その熟成されたもてなしを体感してみました。

    本館3階と細い廊下で繋がる、温泉露天風呂付“離れ”での一泊

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    セレクトしたのは「木造数寄屋の離れ・青巒荘の温泉露天風呂付客室と、本館別室での豪華個室食を楽しむ贅沢プラン(2名で7万4800円・税込)」。メインの12.5畳座敷に4畳分の畳敷きテラス、テレビ付きの副室(8畳)までついた別荘的空間となっています。

    プライベート温泉で心も身体もリラックス

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    客室「椿」に備えられたお風呂。大理石の内風呂からそのまま踏み出す露天岩風呂があり、とことん温泉と満喫できる。

    終日入れる温泉大浴場で、スケールの大きな入浴タイムを

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    多くの文人・墨客が愛した湯涌温泉の湯は、思いっきり全身を伸ばせる大浴槽でも楽しみたいところ。内風呂に浸りながらでしか行けない、ガラスの先の露天岩風呂は夜にライトアップされ、より幻想的な時間を過ごせます。

    お食事処は、泊まれるお部屋を貸切で。

    Kazuya Shishido / BuzzFeed

    緑に囲まれ、友禅の花嫁暖簾をくぐって入る露天風呂(有料貸切)の建屋がすぐそこに見える「本館」の一室を、貸切りの食事処として使えるお食事タイムはなんとも贅沢。ここで美食に舌鼓を打つ間に、客室にはふかふかのお布団が敷かれるのです。

    気兼ねなくいただける夕食は、旬の会席料理…の豪華重ね!

    金沢・湯涌温泉かなや

    料理長厳選&近江市場直送の「新鮮お造り(4種)」や「ノドグロ&能登牛の季節料理」、「加賀すだれ麩と鴨肉の治部煮」など、メインディッシュだらけの全10品は、特別プランの力添えで実現した贅沢重ねです。湯涌温泉郷を囲む山並みも霞む「旬」が、テーブルを彩ってくれました。

    夢の(ような夕食)続きは朝食でも

    金沢・湯涌温泉かなや

    朝食もまた、旬に寄り添い、ごはんがすすむ和朝食。昨晩の感動をトーンダウンさせない確かな彩りとボリューム感が、一日の始まりを“最高”にしてくれます。

    新型コロナウイルス対策も万全!

    「スタッフでの徹底を前提に、お客様にもこまめな手指消毒やマスク着用をお願いしており、発熱が確認されたり、倦怠感を自覚されるお客様には、ご宿泊をお断りさせていただく場合もございます。また、スタッフによるお部屋へのお伺いは、入館時のご説明と、お食事中のお布団敷きの間に制限させていただいております。お部屋、お食事会場、お風呂については消毒、換気をこまめに行っており、スリッパ置き場には滅菌機を設置したり、脱衣かごの間隔を空けるなど、できる対策を講じております。ご不便をかけることもあるかと思いますが、ご理解、ご協力をお願いします」(女将・安藤さん)

    宿の情報&予約はコチラから👇

    「金沢・湯涌温泉かなや」

    ※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

    住所:石川県金沢市湯涌町イ56

    アクセス:小松駅、松任駅より車で20分。

    部屋数:21室

    アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、髭剃り、綿棒、浴衣、テレビ、衛星放送、金庫、冷蔵庫、Wi-Fiあり、利用した部屋のコンセント・10か所18口

    予算:2名で3万円~

    ※記事内の商品・サービス情報は記事公開日時点のものになります。価格・サービス内容等の情報は変更になっている可能性がございます。ご了承ください。

    ※本記事はBuzzFeed Japan株式会社とYahoo! JAPANが共同で企画したものです。記事内の商材・施設・サービス選定や評価はBuzzFeed Japan株式会社の判断にもとづいています。

    ※記事内で使用している商材・施設・サービス等の画像は、施設・店舗様から画像・商材・サービスを購入、またはお借りしたうえで使用、撮影しています。