• odekake badge

【口コミ高評価】手軽に楽しめる関東で人気のグランピング施設

キャンプシーズンの秋、到来!密を回避できるとあって、キャンプ人気は急上昇中。その中でも、手軽に楽しめるグランピング施設をご紹介します。道具を一切持たない初心者や、準備にかける時間がない人に、オススメです。

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

鹿の音がこだまするお宿 花山水

\紹介するのはここ/
【1】旅館&グランピングリゾート 鹿の音がこだまするお宿 花山水(千葉)

【2】Sport & Do Resort リソルの森(千葉)

【3】UFUFU VILLAGE(静岡)

【4】露天風呂付客室で愉しむお部屋食の宿 伊豆高原温泉 ルーシーキキ(静岡)

【1】自然の中でリフレッシュ!「旅館&グランピングリゾート 鹿の音がこだまするお宿 花山水

Kazuya Shishido / BuzzFeed

千葉県南部、養老渓谷の上流に位置する「旅館&グランピングリゾート 鹿の音がこだまするお宿 花山水」。自家用車なら、都心から90分程度の近さです。電車で行く場合は、最寄駅からタクシーを利用します。

キャンプ初心者でも手軽に楽しめるプラン、あります!

Kazuya Shishido / BuzzFeed

「<グランピング・BBQプラン>大自然の中食べる食事は格別!楽しくワイワイ距離が縮まるBBQ!」は、必要な道具はもちろん、食事も全てセットになっているプラン。準備と後片づけに追われることもなく、キャンプ初心者でも手軽に楽しめます。

ゆとりのスイートテントだから、室内でものびのびくつろげる

Kazuya Shishido / BuzzFeed

今回は4種類あるテントの中から、「スイートテント6m定員8名(シャワー、トイレ付)・禁煙(1泊3万250円~)」をチョイス。スイートテントは4種類の中で最も広く、テント内の設備も充実しておりダブルベッドやソファセットまでありましたが、それでもまだ十分な広さがあるほどゆったりとした造り。

アメニティも充実!ホテル感覚で利用できる

Kazuya Shishido / BuzzFeed

アメニティはフロント横にあるので、自分で必要な分を持ってきます。水道もテントごとについているから、朝の身支度の時に他人の目を気にしなくて大丈夫。女性にはうれしいですね。

シャワーもトイレも付いてる快適空間

Kazuya Shishido / BuzzFeed

スイートテントのウッドデッキには、しっかりとした屋根もあり、テントと同じく十分な広さがあるので、万が一の雨でもゆったりと過ごせるような造りになっています。

また、シャワーとトイレも設置されています。トイレのためにわざわざ移動する必要がないのは、意外と重要です。特に子供連れには、とっても便利。

「これぞバーベキュー!」という王道スタイルで楽しむ

Kazuya Shishido / BuzzFeed, 鹿の音がこだまするお宿 花山水

夕食のバーベキューは、ビッグサイズのステーキやシーフードをアメリカングリルにで焼く王道スタイル。野菜はカマンベールチーズフォンデュにして食べられます。

パエリアはマニュアルがついているから料理が苦手な人でも失敗なし。ウッドデッキに設置された冷蔵庫でビールも冷やしておけます。(アルコールの持ち込みは1部屋につき別途2000円)

川も虫も四季の変化も楽しめる

Kazuya Shishido / BuzzFeed

朝食は、当分の間バイキングを停止して「朝食セット」のホットサンドに変更しているとのこと。前夜のご馳走のおかげで、ボリュームもこれぐらいで十分でした。

もしも早く目が覚めたら、朝食前に敷地内の川まで散歩をするのもいいですね。時期によっては、ミヤマクワガタやカブトムシが捕れたり、鮮やかな紅葉も楽しめるそうです。

新型コロナウイルス対策も万全!

「屋外フロントでのチェックイン&セルフチェックアウトにより、ほぼ他のお客様と非接触で滞在可能です。除菌清掃の実施や手洗い・うがいの徹底、スタッフ・お客様全員の検温実施、ソーシャルディスタンスの確保、現金決済からオンライン決済への移行などを実施しております」(広報・浅野さん)

宿の情報&予約はこちら👇

「旅館&グランピングリゾート 鹿の音がこだまするお宿 花山水」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

住所:千葉県夷隅郡大多喜町会所49

アクセス:都心より車で90分弱。アクアライン利用時:木更津東ICで降り、約40分。市原IC利用時:牛久経由で約50分

部屋数:グランピングテント15棟

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、シャンプー・リンス、ボディソープ・石鹸、ドライヤー、湯沸しポット、冷蔵庫、シャワー室・トイレ(スイート、プレミアのみ)、冷蔵庫 ※冬季ご利用の場合、暖房設備完備、Wi-Fiあり

【2】千葉・房総台地の体験型リゾート施設「Sport & Do Resort リソルの森

Kazuya Shishido / BuzzFeed

今年の7月1日にグランドオープンしたばかりの「Sport & Do Resort リソルの森」は、東京ドーム70個分もの敷地に広がる体験型リゾート施設。さまざまなプログラムが用意されており、「今日は何をしよう?」なんてことを考えるヒマがないほど、充実した時間を過ごせる場所となっています。

数あるプランの中から、今回は「【グランピング テントキャビン】 夕・朝食付(BBQ) 天然温泉利用付(1泊2万4900円~)」プランをご紹介!

プライバシーも気にならない広々としたテントサイト

Kazuya Shishido / BuzzFeed

さすが広大な敷地に建つだけあって、1棟の区画がとっても広い!お隣さんを気にすることなく、思い切りはしゃげます。

独特の形をしたテントはオリジナルのもので、入り口が四角形なので出入りがしやすくなっています。

Kazuya Shishido / BuzzFeed

テントとは別の場所にあるハンモックガーデン。遊び疲れたら、さわやかな風に吹かれてゆらゆらお昼寝…。最高の贅沢ですよね!

もはやリゾートホテル?! 快適な室内環境でストレスフリー

Kazuya Shishido / BuzzFeed, Sport & Do Resort リソルの森

木の床が張られた室内は、冷暖房も完備されていてまるでおしゃれなログハウス。保冷庫やポットはもちろん、タオルやルームウエアまで用意されていて、もはやホテルと言っても過言ではないほど。

また、白を基調にしたインテリアは、夜にライトを灯すとふわっと繭に包まれたような感覚に。超癒やされます!

豊富なアクティビティで充実した時間を

Kazuya Shishido / BuzzFeed, Sport & Do Resort リソルの森

数あるアクティビティの中でも、秋にお勧めなのがハーブ狩り。宿泊者は無料で自由にハーブを収穫できます。収穫したフレッシュハーブは、テントに備え付けのティーポットでハーブティーに。さらに、宿泊者には1棟につき6個のハーブポットがお土産で付いてくるので、家に帰ってからも楽しめます。

Kazuya Shishido / BuzzFeed

そしてもう1つ、こちらも無料の薪割り体験も人気のアクティビティ。結構太い丸太を見て「本当に割れるの?」と不安になりますが、インストラクターが丁寧にレクチャーしてくれるのでご安心を。

こだわりのフルコースはボリュームも満点!

Sport & Do Resort リソルの森

待ちに待った夕食の時間!見てください、2人分でこのボリューム!セット内容は、「千葉県産しあわせ絆牛」の盛り合わせやダッチオーブンで作るポトフ、サラダやピクルスに焼きリンゴのデザートまで付く充実のフルコース。しかもアルコールなどの飲み物は持ち込みが無料って、ほんと、素晴らしい内容にびっくりでした!

いけすの新鮮な貝や海老を食す!

Kazuya Shishido / BuzzFeed

夕食のセットに含まれる貝は、敷地内のいけすから自分で捕ってくる仕組み。1人分の量は蛤が2つとサザエが1つで、オプションの伊勢エビは一尾1900円~(日によって変動)です。

24時間自由に使えるキッチンも

Kazuya Shishido / BuzzFeed

24時間自由に使えるタワーキッチンにはドリンク類も豊富にそろっているので、夜遅い時間に飲み物が欲しくなった時にも便利ですね。

宿泊者専用の露天風呂でくつろぐ特権

Kazuya Shishido / BuzzFeed

サービス棟(シャワーコテージ)には、トイレ、パウダールームや24時間利用可能なランドリーが備わっています。もちろんシャワーもありますが、せっかくなら敷地内に併設されている無料の「紅葉乃湯」を利用しましょう(12歳以上の方は別途入湯税150円)。

宿泊者限定の天然温泉

Sport & Do Resort リソルの森

男女別の露天風呂も用意されており、秋は紅葉を眺めながらの入浴を楽しめます(現在は時間を区切って案内しているため、チェックイン時に予約が必要)。

朝食もこだわりのメニューでボリューム満点!

Kazuya Shishido / BuzzFeed

目が覚めて身支度をしているうちに、朝食の「モーニング BOX」が届きました。セット内容は、ベーグル&クロワッサンとモーニングコーヒー、地元野菜のミネストローネスープ、キヌアとミックスビーンズのサラダ、千葉県産いも豚のロースハム・ソーセージ・ベーコン、自家製ピクルス、オリジナルスパニッシュオムレツなど、とても豪華!写真の内容が一人分です。

食事も設備もアクティビティも、全てが豪華で充実した大満足の時間を過ごすことができました!

新型コロナウイルス対策も万全!

「スタッフやお客様同士の接触を極力減らし、十分な換気や衛生管理に努めています。チェックイン時に密にならないよう、ロビー内複数窓口でのご案内、AIコンシェルジュを活用した事前案内、チェックイン時に極力話さない紙ベースでのご案内、お客様向け健康チェックリストにて確認を実施するなど、徹底した三密回避、衛生管理に向けた行動を実施しています」(広報・北川さん)

宿の情報&予約はこちら👇

「Sport & Do Resort リソルの森」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

住所:千葉県長生郡長柄町上野521-4

アクセス:公共交通機関利用:JR外房線誉田駅南口出口→無料シャトルバス約20分。

車利用1:圏央道高速茂原北ICから約5km約10分。

車利用2:外房有料道路板倉金剛地ICから国道132→21→128号線約5km約10分

部屋数:グランピングテント8棟、ヴィラ4室、他

アメニティ:ハミガキセット、カミソリ、くし、ナイトウェア、タオル、バスタオル、スリッパ、電気ケトル、ティーセット、空気清浄機、保冷庫、冷暖房完備、AC電源、シングルベッド2台(3名以上はシュラフ)、Wi-Fiあり

予算:16000円〜(税込)

【3】ドームテントにお泊まり!「UFUFU VILLAGE」で、中伊豆の自然を満喫

Kazuya Shishido / BuzzFeed

静岡県中伊豆、山間の静かな清流の里にある「UFUFUVILLAGE」。クチコミで高評価のオシャレで快適なグランピングが楽しめる話題のスポットへ、1泊3食の旅を楽しみにやってきました!

利用プランは、「1泊3食《夕食BBQ+朝食+うな重付》★無料レイトチェックアウト★グランピングプラン」(2名1室利用時、大人1名1万7400円・税込)です。

さまざまなグランピングスタイルを楽しめる充実の施設

Kazuya Shishido / BuzzFeed

コットンテント、ドームテント、トレーラーハウスの3つの宿泊スタイルがあり、ペット同伴可のサイトも設けられるなど、さまざまなグランピングのカタチを楽しめる「UFUFU VILLAGE」。センターハウスでチェックインを済ませ、お目当てのお部屋へ向かいます。

広々空間で超快適なドームテント

Kazuya Shishido / BuzzFeed

今回はドームテント泊をチョイス。直径6mの大空間ドームテントは、機密性が高く虫嫌いでも安心。大きな開口部からは、自然を間近に感じることもできます。デッキスペースにはダイニングがあり、お食事に期待が膨らみます。とりあえず、ハンモックにゆられてのんびり時間を満喫です。

施設内にキッズのプレイスポットもいっぱい

Kazuya Shishido / BuzzFeed

ひと休みしてから施設内を散策すると、遊具や水遊び場など、キッズが楽しめる設備の充実具合に、家族連れに人気の理由を実感。もちろん、十分すぎるほど広いので、密の心配もなし!これならパパママも安心して滞在できます。

夕食はLet’s BBQ!

UFUFU VILLAGE

夕食は、ドームテント前のデッキダイニングでBBQ!厳選された牛肉や骨つきソーセージ、魚介に季節の焼き野菜、そして大山鶏肉や天使の海老などのブランド食材まで、焼いて&食べて&喋って、にぎやかなアウトドアディナーを楽しめます。

夜は焚き火に野外映画に温泉

UFUFU VILLAGE

あたりが暗くなり、星空が瞬きだすと、広場で焚き火がスタート。センターハウスの壁面が大型スクリーンに変わり、焚き火を囲みながら映画鑑賞も楽しめます。

また、贅沢な源泉掛け流し温泉に入れるのもここの魅力。予約制の貸切風呂もあるので、家族で温泉でくつろげます。

朝食は川のせせらぎをBGMに評判のフレンチトーストで

UFUFU VILLAGE

清流狩野川沿いにある「UFUFU VILLAGE」の朝は、清流のせせらぎが目覚まし代わり。そして、クチコミで評判のフレンチトーストの朝食をいただきます。

東京ラスクのラスクパンに卵液が染み込み、焼き上がりはとろーり食感!おしゃれな朝食にテンションも上がります。

1泊3食、最後はチェックアウト後に「うな重」を

Kazuya Shishido / BuzzFeed

今回チョイスしたプランは、チェックアウト後、併設の旅館「月ヶ瀬温泉 雲風々」でうな重を堪能できます!

浜名湖産のうなぎは、甘さと醤油の風味が絶妙なタレをまとい、あっと言う間に食べてしまいました。お持ち帰りもOKなので、グランピング終わりにおいしいものを携えて、海を目指すのもいいかもしれません。

オシャレに大自然を満喫して帰路へ

Kazuya Shishido / BuzzFeed

緑と清流に抱かれた、すぐそばに自然を感じられる環境で体験できる、快適なグランピング。日常から解き放たれ、リフレッシュする時間…。明日からの活力を得た旅でした。

新型コロナウイルス対策も万全!

「お客様には手指の消毒やお風呂の時間予約など、感染対策にご協力をお願いしております。もちろん、スタッフの体調管理も徹底しております。密を感じない当施設のグランピングをぜひお楽しみください」(UFUFU VILLAGE・山口さん)

宿の情報&予約はコチラから👇

「UFUFUVILLAGE」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈
※一休のプランはこちら👈

住所:静岡県伊豆市月ヶ瀬425-1

アクセス:【車の場合】東名高速道路 東京IC-約1時間10分-沼津IC-伊豆縦貫自動車道約50分-月ヶ瀬IC-国道414号を天城方面へ約3分-現地

部屋数:23室(ドームテント8棟、トレーラーサイト10棟、コットンテント5棟)

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、ひげそり、ボディタオル・スポンジ、くし・ブラシ、ドライヤー、湯沸しポット、冷蔵庫、洗顔料、化粧水、メイク落とし、衣類の消臭スプレー、食器、Wi-Fiあり、ドームテント内のコンセント3箇所

予算:2名1室利用時大人 1名1万3000円(税込)〜

【4】ホテルステイとアウトドアの両方を満喫できる「露天風呂付客室で愉しむお部屋食の宿 伊豆高原温泉 ルーシーキキ

露天風呂付客室で愉しむお部屋食の宿 伊豆高原温泉 ルーシーキキ

静岡・伊豆高原の別荘地、入りくんだ路地の先にある隠れ家的宿「ルーシーキキ」。一休.comのクチコミでは総合得点5、連日満室が続く話題のお宿でゆるーいグランピングを体験してきました。

建物はまるで絵本の世界のような佇まい

露天風呂付客室で愉しむお部屋食の宿 伊豆高原温泉 ルーシーキキ

伊豆高原駅から車で10分ほど。別荘地内の細い道を進むので、たどり着けるか心配になってきますが(笑)、まるでおとぎの国から飛び出してきたような目的地が見えてきて一安心。

かわいい外観に、どんなグランピングが楽しめるのか期待が高まります。

プライベートバルコニー付のお部屋でグランピング体験

Kazuya Shishido / BuzzFeed

今回選んだのは、「子供も楽しめるグランピング体験が盛り込まれたKIDSグランピングプラン」。

1Fにリビングダイニングとアウトドアリビングと呼ばれる約15帖のプライベートバルコニー、2Fに寝室と露天風呂があるメゾネットタイプのお部屋で、おこもりしながらアウトドアを楽しめるプランです。

お手軽グランピングのはじまりは、お部屋でスモアから

Kazuya Shishido / BuzzFeed

シルキーキキでのグランピング体験は、お部屋チェックインの時にサーブされるスモアからスタート。

焚き火を使ったアウトドアスイーツの定番・焼きマシュマロを、なんと室内で体験できるんです。焼き上がりを待つ時間はワクワク。クッキーにはさんで食べれば、香ばしさと甘さが、往路の疲れも吹き飛ばしてくれます。

プライベートバルコニーでゆるめのアウトドア!

露天風呂付客室で愉しむお部屋食の宿 伊豆高原温泉 ルーシーキキ

おやつ後は、テントやハンモックなどがセッティングされたバルコニーで、プチグランピングを。

持ち込み自由なので、備え付けのランタンやグリルなどと合わせてコーデすれば映え写真が撮れちゃうし、家族連れなら、キッズはテントで秘密基地ごっこ、パパママはソファーでゆっくりなど、それぞれの自由時間を過ごせます。

2匹の看板猫と癒やしの時間

Kazuya Shishido / BuzzFeed

ところで、「ルーシーキキ」には、スピカちゃんとシリウスくんという2匹の看板猫スタッフがいます。ふたりの仕事はお客様への癒やしの提供ということで、もちろん癒やしてもらいました。

予約制・15分交代で2匹を独占できます。人懐っこいスピカと物怖じしないシリウス。2匹目当てのリピーターもいることに納得の癒やされ度合いでした。

テーブルとイスでいただくモダンな懐石ディナー

露天風呂付客室で愉しむお部屋食の宿 伊豆高原温泉 ルーシーキキ

「食事が最高!」のクチコミで一番楽しみにしていた夕食は、お部屋のダイニングでいただく創作懐石料理。

地元の野菜や魚介類など、旬の食材をふんだんに使った上品かつ斬新なコース仕立てで、来てよかったと思わせてくれるおいしさ。伊勢海老を1尾丸々堪能できるコースもあるそうで、次はそれに決まりです。

ヨギボーでゴロゴロ&畳に高級ふとんでぐっすり就寝

Kazuya Shishido / BuzzFeed

食後は、部屋付き露天風呂に入るも良し、バルコニーで夜キャンの雰囲気を楽しむも良し。ですが、ここは2階の和室で“天国の座り心地”と言われるビーズソファ「ヨギボー」に包まれてのリラックスを選択。そのまま、エアウィーブの敷布団、石川県石田屋のファーストクラス羽毛布団にサンドされ、ぐっすり就寝です。

朝風呂が最高!部屋付き露天風呂は伊豆高原温泉

Kazuya Shishido / BuzzFeed

翌朝スタートは朝風呂から。部屋付き露天風呂なので24時間気兼ねなく入れますが、澄んだ空気がさわやかな朝風呂はやっぱり違う!木々の向こうに水平線を見ながら、伊豆高原温泉にじっくり浸かれば、もうここに住みたいと思ってしまいます。

朝食はアウトドアリビングで手作りホットサンド

露天風呂付客室で愉しむお部屋食の宿 伊豆高原温泉 ルーシーキキ

滞在中、最後のグランピング体験は朝食。アウトドアリビングで手作りホットサンドをいただきます。高性能トースター「バルミューダ」でバンズを焼いて、ビーフパティと好みの具材をサンド。スープ、コーヒー、ジュース、デザートもついて朝からお腹いっぱいです。

部屋から出ない“おこもりグランピング”が叶う

露天風呂付客室で愉しむお部屋食の宿 伊豆高原温泉 ルーシーキキ

考えてみれば滞在中、部屋から出たのは猫のお部屋に行ったときだけ。まさに“おこもりグランピング”。何より他の滞在客と会うことがないというのが、この時代の旅スタイルとしてはぴったり!

「また来たい」というクチコミが多いのもうなずける大満足の滞在でした。

新型コロナウイルス対策も万全!

「5室のみの小さなお宿です。アウトドアリビングでのグランピングをはじめ、チェックイン・チェックアウト、お食事、温泉とすべてお部屋で完結していただけますので、ごゆっくりおくつろぎくださいませ。清掃時の消毒殺菌、スタッフの体調管理を徹底してみなさまのお越しをお待ち申し上げております」(マネージャー・新野さん)

宿の情報&予約はコチラから👇

「露天風呂付客室で愉しむお部屋食の宿 伊豆高原温泉 ルーシーキキ」
※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈
※一休のプランはこちら👈

住所:静岡県伊東市大室高原6-620

アクセス:【車の場合】東名高速道路 東京IC-約50分-厚木IC-小田原厚木道路約30分-国道135号約1時間40分-グランバル入口交差点右折で県道111号に入り約3分-「レストラングラナダ」左折-「かえで庵」誘導看板に従って2分弱-現地

部屋数:5室(5室すべて露天風呂付き2階建メゾネットルーム)

アメニティ:タオル・バスタオル、バスローブ、ハミガキセット、シャンプー・リンス、ボディソープ・石鹸、ひげそり、ボディタオル・スポンジ、シャワーキャップ、綿棒、コットン、くし・ブラシ、ドライヤー、ナイトウェア、浴衣、スリッパ、DVDプレイヤー、湯沸しポット、ミニバー、テレビ2台、金庫、冷蔵庫、お茶セット(無料)、ポータブルオーディオ用スピーカー、洗顔料、化粧水、乳液、メイク落とし、Blu-rayプレイヤー、Wi-Fiあり、自由に使えるコンセント4箇所、USB1箇所

予算:大人1名3万9710円(1泊2食付/2名1室利用時)〜

参考記事👉【丁寧に解説】Go To トラベルキャンペーンとは?旅行会社の特典も比較

※記事内の商品・サービス情報は記事公開日時点のものになります。価格・サービス内容等の情報は変更になっている可能性がございます。ご了承ください。

※本記事はBuzzFeed Japan株式会社とYahoo! JAPANが共同で企画したものです。記事内の商材・施設・サービス選定や評価はBuzzFeed Japan株式会社の判断にもとづいています。

※記事内で使用している商材・施設・サービス等の画像は、施設・店舗様から画像・商材・サービスを購入、またはお借りしたうえで使用、撮影しています。