• odekake badge

【地元民に聞いた】高知で必ず食べるべきご当地グルメ&おすすめ名店

海、川、山に囲まれた高知県は全国的にみても食材に恵まれていることで有名です。そんな高知県に来たら必ず食べるべき4大グルメを現地ライターおすすめのお店と一緒にご紹介します。※お出かけの際は十分なご留意と感染対策にご配慮をお願いいたします。

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

Kazuya Shishido / BuzzFeed

\紹介するのはここ/

【1】「高知の魚屋 上町池澤本店」のカツオのタタキ

【2】「いまどき安兵衛」の屋台餃子

【3】「料亭 花月」のキンメ丼

【4】「がろ~ とさのさとアグリコレット店」の鍋焼きラーメン

【1】「高知の魚屋 上町池澤本店」のカツオのタタキ

Kazuya Shishido / BuzzFeed

高知の名物でまず最初に思いつくグルメといえば、「カツオのタタキ」ですよね。カツオの切り身の表面を藁(わら)で一気に焼き上げ、中はレアのまま食べるので、その日に一番新鮮でおいしいカツオが流通する本場・高知の一皿は格別。

Kazuya Shishido / BuzzFeed

数ある店の中でもおすすめは高知市上町にある「上町池澤本店」。魚の本場高知県で創業150年になる老舗鮮魚店。ここではその日水揚げしたばかりの新鮮なカツオを購入するだけで「藁焼き体験」までできるんです! しかもなんと体験料は無料。自分で焼いたカツオのタタキの味は本当に格別ですよ。定休日は日曜なのでご注意ください。電話予約は必須です!

カツオの藁焼き体験は迫力満点!

Kazuya Shishido / BuzzFeed

藁をセットして火をつけると、迫力満点の炎とともにカツオの表面が一気に炙られていきます。力がないとできないように思いますが、ベテランの職人さんが指導してくれるので女性や子供でも気軽に体験できます。

Kazuya Shishido / BuzzFeed

カツオは3面あるので、表、裏、側面とひっくり返しながら3回ほど焼きます。このくらいがちょうど良い焼き加減ですね!

カツオを切って盛り付けるまで自分で!

Kazuya Shishido / BuzzFeed

カツオを自分で好みのサイズに切って、お皿にたっぷりのタマネギ、ネギ、ニンニクなどの薬味と一緒に盛り付ければ完成です! 写真は約3人前で、土佐風にしっかりと肉厚で切り分けました。これでカツオの食材費2400円のみしかかからないなんてお得ですよね!

魚屋直営の上町食堂でいざ実食!

Kazuya Shishido / BuzzFeed

上町池澤さんは鮮魚店の2階が食堂になっているため、そちらで出来立てをすぐに食べられます。

Kazuya Shishido / BuzzFeed

ご飯(中:120円、大:150円)と味噌汁(100円)を追加で注文してカツオのタタキ定食が完成!

Kazuya Shishido / BuzzFeed

高知の食べ方としても主流で県内外ともに人気の塩タタキでも、ポン酢でも食べられて高知を堪能できる最高のお昼ご飯です。

\地元ライターの通な楽しみ方/

カツオ以外の魚も堪能しよう!

Kazuya Shishido / BuzzFeed

上町池澤さんは魚屋さんなので、いろいろな種類の新鮮な魚をたくさん売っています。カツオのタタキの他にも下の魚売り場で魚を選んで買うとその場ですぐに捌いてもらえて、2階の食堂で食べることができるので、カツオのタタキを味わうついでにぜひ! その日のオススメを店員さんに聞くのがいいですよ。ちなみに写真はこの日のオススメだったカワハギの刺身です。肝醤油につけて食べると最高!(カワハギ1匹950円)

※カツオやカワハギなどの値段はあくまで目安です。日によって魚の値段は変動しますのでご注意ください。

スポット情報はこちら👇

「高知の魚屋 上町池澤本店」

住所:高知県高知市上町4丁目3-11

アクセス:上町四丁目駅から徒歩約3分

電話番号:088-823-5225

営業時間:9:00~18:00

定休日:日曜日

駐車場:1~2台

予算:1000円〜

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

\観光にも便利!周辺で人気の宿泊施設を探す/

👉Yahoo!トラベルで予約する

【2】「いまどき安兵衛」の屋台餃子

Kazuya Shishido / BuzzFeed

高知県民が愛してやまない“屋台餃子”を提供している「安兵衛」さん。飲み始めに軽く立ち寄るのも良し、はしご酒の合間や飲みの締めにも欠かせません。いわゆる普通の餃子よりも小ぶりで、パリッとした食感の薄皮が特徴。ビール片手にいくつでも食べられます。

はりまや町の「いまどき安兵衛」は大行列

Kazuya Shishido / BuzzFeed

「安兵衛」さんは高知県内に4店舗ありますが、今回は高知市はりまや町にある「いまどき安兵衛」さんにお邪魔しました。地元客はもちろん、県外からのお客さんも立ち寄るのでいつも行列です。

メニューはこんな感じ

Kazuya Shishido / BuzzFeed

パリッとおいしい高知のソウルフード「屋台餃子」とおすすめのサイドメニュー

Kazuya Shishido / BuzzFeed

「焼餃子」は一人前 7個入で 420円。高知県産の新鮮ニラとショウガが詰まった餃子はパリパリ、ジューシー! 餃子はもちろん味わってほしいですが、その他のサイドメニューもオススメです。

Kazuya Shishido / BuzzFeed

こちらが「すまき」(280円)と「ちくきゅう」(380円)。高知の「ちくきゅう」はちくわの中にまるごときゅうりが挿されていてシャキシャキとした食感が病みつきになります。

\地元ライターの通な楽しみ方/

その場で作る! キンキンに冷えたレモンサワーが美味

Kazuya Shishido / BuzzFeed

餃子といえばビールはもちろん◎ですが、安兵衛さんでは「レモンサワー」(638円)もオススメ! 半切りのレモンをたっぷり絞って、キンキンに冷えたグラスでグッと飲めば餃子との相性も抜群です。(数量限定の売り切れ御免です)

スポット情報はこちら👇

「いまどき安兵衛」

住所:高知県高知市はりまや町2丁目7-6

アクセス:蓮池町通駅から徒歩2分

電話番号:088-885-7762

営業時間:17:30~0:00(金曜、土曜 17:30~1:00)

定休日:火曜

駐車場:なし

予算:1000円〜

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

\観光にも便利!近くで人気の宿泊施設を探す/

👉Yahoo!トラベルで予約する

【3】「料亭 花月」の室戸キンメ丼

Kazuya Shishido / BuzzFeed

西日本一のキンメダイ水揚げ地である、高知県は東部の室戸市。こちらでいただける絶品グルメがキンメ丼です。2012年から町おこしのために名産のキンメダイを使用して市内10店舗ほどで提供が始まったことがきっかけですが、今ではその味を食べたいと県外から足を運ばれるお客様も少なくないそうです。今回は室戸と言えばコチラ、というくらい有名な料亭 花月さんをご紹介します。

Kazuya Shishido / BuzzFeed

いかにも老舗の雰囲気を漂わせた店構えの料亭 花月さんです。室戸漁港のすぐ近くにありますが、少し見つけづらいかもしれないので事前に地図のご確認を。お店のすぐそばに駐車場もあります。ちなみに「本日は予約の方のみの営業とさせていただきます」という張り紙が貼られることもあるくらい大人気のため、予約必須です。

「和」の雰囲気で昔ながらの落ち着いた内観

Kazuya Shishido / BuzzFeed

入店すると2階へ案内していただきました。普段は地元の宴会なども多くあるようで、この日は襖もほとんど取り外されていました。

高級魚キンメダイを使った贅沢な一品「室戸キンメ丼」

Kazuya Shishido / BuzzFeed

お目当ての「室戸キンメ丼」(1700円)が到着! 丼には「これでもか!」というくらいのキンメダイと新鮮な刺身が盛り付けられています。これぞ贅沢の極み……。よりおいしく楽しめる「召し上がり方」の説明文も添えられています。

Kazuya Shishido / BuzzFeed

脂ののった肉厚なキンメダイは旨味がたっぷり。絢爛豪華と表現するのにふさわしく赤く輝いています。照り焼きにされ、皮目までバリっとした食感がたまりません。

Kazuya Shishido / BuzzFeed

キンメダイとともに、その日水揚げされた新鮮なお刺身が盛り付けられます。この日はカンパチとカツオでしたが、どれもプリプリ! お箸で掴んだだけでその弾力がわかります。キンメダイは刺身と照り焼きでまったく味わいが変わるのですが、刺身は鮮度を、照り焼きは香りを楽しむことができます。

キンメダイの出汁がよく出ている「お吸い物」

Kazuya Shishido / BuzzFeed

お吸い物も、キンメダイのアラでいいお出汁が出ています! 開けた瞬間から目が合う、インパクトの強いお吸い物です。

〆はキンメダイの出汁をかけて食べる「お茶漬け」

Kazuya Shishido / BuzzFeed

急須で添えられているのは熱いキンメダイのお出汁! 最後にそれを、半分ほど残した丼にかけていきます。

Kazuya Shishido / BuzzFeed

この最後のお茶漬けもとってもおいしいんです。照り焼きを数切れ残して、キンメダイからとったお出汁をたっぷりいれていただきます。照り焼きのほんのり甘いタレとお出汁が白米にあって最高です。一度で二度おいしい室戸のキンメ丼、ぜひ足を運んでみてください。

\地元ライターの通な楽しみ方/

超豪華な裏メニューもチェックせよ

Kazuya Shishido / BuzzFeed

「料亭 花月」には裏メニューというものがあります。「オールキンメ丼」(2000円)といってキンメの刺身と照り焼きはもちろん、その日のオススメのマグロなどの刺身も乗っかっているなんともリッチな丼です。自分へのご褒美に贅沢してみてはいかがですか?

スポット情報はこちら👇

「料亭 花月」

住所:高知県室戸市室津2586

アクセス:高知駅から車で1時間40分

電話番号:0887-22-0115

営業時間:11:00~13:30、17:00〜21:00(日曜 11:00~13:30)

定休日:なし

駐車場:あり

予算:1000円〜

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

\観光にも便利!近くで人気の宿泊施設を探す/

👉Yahoo!トラベルで予約する

【4】「鍋焼きラーメンのがろ〜」の鍋焼きラーメン

Kazuya Shishido / BuzzFeed

高知県須崎市の名物「鍋焼きラーメン」。鶏ガラ醤油ベースの出汁にストレートの細麺が絡む一杯は、親鳥やネギ、ちくわなど、具材もたっぷり入っている高知に来たらぜひ食べていただきたい自慢のB級グルメです。

また、なんといっても土鍋に入ったこのフォルムが特徴的。最後まで熱々のラーメンが堪能できます。

Kazuya Shishido / BuzzFeed

ご紹介したいお店は「鍋焼きラーメンのがろ〜」さん。本場・須崎市から高知市内「とさのさとアグリコレット店」に出店した2号店にお邪魔しました。須崎本店の味そのままで味わえる人気店です。

メニューはこんな感じ

Kazuya Shishido / BuzzFeed

鍋焼きラーメンはベースとなる鳥の旨味が存分に味わえる定番の「おや鳥」のほか、“ニンニクホルモン”、“赤辛”、“あんかけ”の4種類から選べ、お好みでトッピングを追加する形になります。

鶏がら醤油ベースの絶品スープに歯ごたえ抜群の親鳥

Kazuya Shishido / BuzzFeed

スープは親鳥の鶏ガラ醤油ベース、麺は細麺のストレート、具材は親鳥・ネギ・ちくわ・生卵・きくらげとなっています。なかでも、親鳥の歯ごたえが良く、スープや麺との相性抜群! 生卵をどのタイミングで溶かすのか?と考えながらいただくのも「鍋焼きラーメン」の醍醐味です! 写真は「おや鳥」(880円)。

\地元ライターの通な楽しみ方/

鍋焼きラーメンを注文するときはご飯も一緒に!

Kazuya Shishido / BuzzFeed

鍋焼きラーメンは具材も多く、ご飯との相性も抜群! というわけでいつも通り、ご飯小(150円)を注文。鍋焼きラーメンを食べる際は、ご飯と一緒に注文することがオススメです。

スポット情報はこちら👇

「鍋焼きラーメンのがろ~ とさのさとアグリコレット店」

住所:高知県高知市北御座10-10

アクセス:薊野駅から徒歩20分

電話番号:088-856-7030

営業時間:10:00~21:00

定休日:なし

駐車場:あり(大型車駐車不可)

予算:800円〜

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

\周辺で人気の宿泊施設を探す/

👉Yahoo!トラベルで予約する

いかがでしたか? 高知旅行に行く予定だけど「高知の間違いなくおいしい物を食べたい!」という方にはオススメの商品ばかりです。皆さんも高知に来られた際は、ぜひ味ってみてください!

※記事内の商品・サービス情報は記事公開日時点のものになります。価格・サービス内容等の情報は変更になっている可能性がございます。ご了承ください。

※本記事はBuzzFeed Japan株式会社とYahoo! JAPANが共同で企画したものです。記事内の商材・施設・サービス選定や評価はBuzzFeed Japan株式会社の判断にもとづいています。

※記事内で使用している商材・施設・サービス等の画像は、施設・店舗様から画像・商材・サービスを購入、またはお借りしたうえで使用、撮影しています。

参考記事👉【丁寧に解説】Go To トラベルキャンペーンとは?旅行会社の特典も比較