• odekake badge

安くていい宿に泊まりたい! 石垣島で口コミ人気の高いお手頃ホテル4選

石垣島の数あるホテルのなかで、リーズナブルな価格で泊まれるホテルは人気があります。そのなかでも、Yahoo!トラベルの口コミでの評判が特に高いホテルを4つ紹介します。 ※地域を大きくまたぐ移動には十分なご留意とご配慮をお願いします。

※新型コロナウィルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

Kazuya Shishido / BuzzFeed

\紹介するのはここ/

【1】ホテル海邦石垣島

【2】ホテルエメラルドアイル石垣島

【3】Nata Beach Villa

【4】ホテルピースアイランド石垣イン八島

【1】石垣市の中心地から少し離れた静かな場所にある「ホテル海邦石垣島」

Kazuya Shishido / BuzzFeed

石垣市の賑やかな繁華街から少し離れた場所にある「ホテル海邦石垣島」。シンプルで落ち着いた雰囲気、そして全室禁煙なのでビジネスや一人旅など、さまざまなシーンで活躍してくれそうなホテルです。まわりも静かなのでゆっくり休めそう。今回は「南ぬ島石垣旅ならココ!  共同浴場でゆったり&和洋メニューの朝食バイキング(朝食付)」に宿泊してみました。朝食付きで6700円は財布にありがたいです。

ホテルの中に入るとウェルカムコーヒーサービスがありました

Kazuya Shishido / BuzzFeed

入り口には嬉しいウェルカムコーヒーのサービスが。ホットだけでなくてアイスコーヒーもあるのがポイント。まずは涼を取るためにアイスコーヒーを飲んでから、ホットコーヒーを淹れて部屋に持ち帰ってみました。

お部屋はツイン。シンプルな感じです

Kazuya Shishido / BuzzFeed

今回泊まった部屋は「洋室ツイン シャワー付き」です。シンプルにベッドが2台並んでいます。ベッドの近くに洗面台があるのが特徴的。テーブルもあるので出張でも活躍しそうです。

お部屋にはユニットでシャワールームがついてます

Kazuya Shishido / BuzzFeed

お部屋にはユニットバス形式でトイレとシャワールームがありました。シャワーは高さを調節できるタイプです。いつもと違うシャワーヘッド、ここは一番高くして顔から浴びるのが旅行気分を引き立ててくれます。

環境を考えたアメニティセルフサービス

Kazuya Shishido / BuzzFeed

ホテルに設置されているアメニティセルフサービスコーナー。スーパーやコンビニもビニール袋が有料になった環境を考慮した循環型社会で、今後スタンダードになるサービスなのかもしれません。今回は持ってこなかったのでカミソリをいただきました。もう一つ嬉しいのが、この価格帯のホテルで部屋着のサービスがあるところ。

共同浴場で足を伸ばしてのんびり入浴タイム

Kazuya Shishido / BuzzFeed

お部屋のコンパクトなシャワーで物足りない方のために、沖縄のリーズナブルなホテルでは珍しい共同浴場も用意されています。海で遊んだ時には部屋のシャワーで汗を流し、共同浴場では、ゆっくりと足を伸ばして湯船につかって疲れをとることができるのは良いですね。長い旅路、これを済ませてはじめてチェックインした気分になれます。ちなみに男湯は2階、女湯は4階にありました。

喫煙所があるというサービスがレアな時代になってきました

Kazuya Shishido / BuzzFeed

全面禁煙が多いホテルのなかで、外とはいえ館内に喫煙所があることは、愛煙家にとっては価値のあるサービスといえるのではないでしょうか。誰かの「旅先でこんなスペースが欲しい」があるところは、ポイント高し。

朝食のバイキングは盛りだくさん

ホテル海邦石垣島

朝食はボリューム感のあるバラエティーに富んだ和食と洋食が並ぶバイキング形式のラインナップがずらりとならびます。しっかりと腹ごしらえをして、元気よく離島へGO!しました。(現在コロナの影響で、朝食をお断りする可能性があります)

新型コロナウィルス対策も万全!

新型コロナ対策について支配人の畠中さんに聞きました。

「フロントに手指消毒用アルコール設置、次亜塩素酸水によるフロント空間の洗浄など行っております」

宿の情報&予約情報はコチラから👇

「ホテル海邦石垣島」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

住所:沖縄県石垣市石垣488-1

アクセス:新石垣空港から車で約30 分

部屋数:40室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、シャンプー・リンス、ボディソープ・石鹸、髭剃り、ドライヤー、スリッパ、テレビ、冷蔵庫

予算:6700円(税込)〜

※新型コロナウィルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

【2】花ブロックに囲まれた入り口が印象的な「ホテルエメラルドアイル石垣島」

Kazuya Shishido / BuzzFeed

石垣港離島ターミナルから徒歩3分という好立地にある「ホテルエメラルドアイル石垣島」。沖縄の建築物によく使われている「花ブロック」を使った洒落た入り口が、リーズナブルなホテルだけど一味違ったセンスを感じます。今回は通常価格よりお得なプラン「石垣島旅応援プラン/手作りおむすび朝食無料サービス」(6831円)で宿泊しました。

入り口だけでなく館内もオシャレ空間に仕上がってました

Kazuya Shishido / BuzzFeed

館内には絵や写真などがたくさん飾られていて、アートホテルの様でした。フロントに飾られたカンムリワシのシルクスクリーンは、琉球の王族の帽子をかぶっていてとてもカッコ良かったです。

お部屋の中にもアート作品が飾られてました

Kazuya Shishido / BuzzFeed

今回泊まったお部屋は「禁煙トリプル」というベッドが3つある部屋(部屋に入ると左側に2台・右側に1台のベッドが並んでいます)でした。壁には沖縄の大きな蝶「オオゴマダラ」をモチーフにした、アート作品が飾られていました。

館内のいたるところに展示されているアート作品

Kazuya Shishido / BuzzFeed

フロントやお部屋だけでなく、館内のいろんなところでアート作品に触れ合うことができます。柱に描かれているのは沖縄出身の人気アーティスト「pokke104」さんのインスタレーション。沖縄の自然をモチーフに、独特のタッチと色使いが印象的でした。

見晴らしの良い屋上でもアートに出会えました

Kazuya Shishido / BuzzFeed

この日は晴れていて屋上が開放されていました。海はすぐ目の前。とっても見晴らしが良かったです! 屋上の床面を使ってチョークアートを自由に描くこともできるようです。旅先の南の島でインスパイアされた旅人による作品の足跡が感じられます。

館内のイベントスペースでアート展が開催されていました

ホテルエメラルドアイル石垣島

イベントスペースに行くと、写真展を開催していました。大自然の沖縄の魅力がおさめられたさまざまな写真が飾られていて、まだまだ知らない沖縄を見ることができました。このスペースでは石垣島や島外の写真家や画家などアーティストの展示を開催しているようです。

2階にあるカフェ&バー「Yui」でアフタヌーンティーを

ホテルエメラルドアイル石垣島

ホテルの2階にあるカフェ&バー「Yui」はスタイリッシュなインテリアでとっても洗練された空間でした。紅茶とスコーンを頼んで、壁に掛けられた絵を見ながらアフタヌーンティーを楽しんでみました。18時からバータイムになるので、トワイライトタイムに南国カクテルなどを楽しみたいです。

その場で握ってくれる出来たてのおむすびは、あったか〜いおもてなしを感じます

ホテルエメラルドアイル石垣島

朝ご飯はおむずびにお味噌汁、お漬物がついてきました。おむずびの具は6種類あって好きな具が選べます。石垣島のお米を使っているので地産地消が味わえます。おかわりができるので4個も食べてお腹もいっぱい。パワーチャージ完了で出かけられました! 6831円で朝食付きで立地も良い。おまけにアートに触れ合える。リーズナブルなのにいくつも価値があるところが、このホテルの魅力だと実感しました。

新型コロナウィルス対策も万全!

新型コロナ対策について担当フロントの浅野さんに聞きました。

「当ホテルではコロナウイルス感染症防止対策として、消毒強化・接触感染防止対策・健康チェックシートの記入・空調管理の徹底・従業員の体調管理・検温などの対策を行っております。お客様への安全・安心のため、感染拡大防止を第一とし、今後も上記のような対策を徹底して行ってまいります。詳しくは当ホテルのホームページの『NEWS』をご覧ください」

宿の情報&予約情報はコチラから👇

「ホテルエメラルドアイル石垣島」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

住所:沖縄県石垣市美崎町7-14

アクセス:南ぬ島石垣空港から空港線バスで37分、離島ターミナル・バスターミナル下車徒歩4分

部屋数:39室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、シャンプー・リンス、ボディソープ・石鹸、髭剃り、ボディタオル・スポンジ、綿棒、コットン、くし・ブラシ、ドライヤー、ナイトウェア、スリッパ、湯沸しポット、テレビ、冷蔵庫、ズボンプレッサー、お茶セット(無料)、衣類の消臭スプレー、Wi-Fiあり

予算:7590円(税込)〜

※新型コロナウィルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

【3】国立公園の中にある豊かな自然に囲まれた小さなヴィラ「Nata Beach Villa」

Kazuya Shishido / BuzzFeed

石垣島の北部・伊原間という自然に囲まれた場所にある小さなホテルが「Nata Beach Villa」です。赤瓦と花ブロックをつかった真っ白くてかわいいヴィラが太陽に照らされて眩しかったです。朝食だけなら8340円〜のプランもあるお手頃な宿ですが、今回は「【1日2組限定】夕食は自然の中みんなでわいわい島食材バーベキュー!<朝食付き>」プランに宿泊。1万7400円で2食ついて、プライベートビーチまで。お得な予感しかしません。

ロビーの横にはバーカウンターがあります

Kazuya Shishido / BuzzFeed

フロントの横にはバーカウンターがあります。最近はクラフトビールも造られているそうですが、石垣島のお酒といえばやっぱり泡盛。沖縄では泡盛のことを「島(しま)」と呼び、水割りにして飲むのが一般的だそうです。

南国ムード溢れる装飾に加え「プラスアルファ」なモノがありました

Kazuya Shishido / BuzzFeed

泊まったのは「デラックスツイン」というお部屋。広々とした空間に、2つのベッドと奥には大きなソファがありました。クッションとベッドカバーが南国ムードを演出していました。

1人がけのソファ? かと思ったらまさかのマッサージチェア付き!

Kazuya Shishido / BuzzFeed

ベッドとソファの間にあったこちら。1人掛けにしては大きなソファだなぁ、と思ったらなんとマッサージチェアが鎮座していました。マッサージチェア付きのお部屋、なかなかお目にかかりません。しかも「10分○円」とかではなく、宿泊中ずっと無料でした。持ち帰りたい気持ちを抑えるのに苦労しました。

ウッディなインテリアのレストラン

Kazuya Shishido / BuzzFeed

レストランは窓が大きく、外に生える沖縄の草木が見られます。国立公園の敷地内にあるので、まるで緑溢れるジャングルの中にいる気分が味わえました。

ホテルから歩いて2分の天然ビーチ

Kazuya Shishido / BuzzFeed

ホテルの裏にある森の小道を抜けていくと、天然のビーチがすぐそこに! 近くに他の宿もないので、ほぼプライベートビーチです。どこまでも続く青い空と海、聞こえてくるのは波の音だけです。「この景色が見たかった!」石垣島に来た理由を確信した瞬間でした。

夕食は野外でBBQを堪能しました

Nata Beach Villa

プランについている夕食は野外テラスのBBQでした。沖縄ではビーチや家の庭でBBQをする文化が根付いているので、もはやソウルフードと言っても過言ではありません。しかも自然の中で肉や島の食材を焼いて食べる、美味しくないわけがありません。ちなみに、事前に苦手なものやアレルギーなどを伝えておくと、メニューを考慮してくれるそうです。

朝食は日替わりで洋食をいただきました

Nata Beach Villa

朝食は和食と洋食が日替わりで提供されています。今回は洋食メニューをいただきました。ホットサンドが美味しかったです。デザートの石垣島産パイナップルは甘さが濃厚で、いつも食べてるものとは違う「本場のパイナップル感」がありました。

新型コロナウィルス対策も万全!

新型コロナ対策についてフロント主任 の芳村さんに聞きました。

「チェックイン時に、お客様に検温と宿泊名簿記帳前にアルコール消毒。従業員は、マスク着用と、こまめに手洗い。全客室、化粧室、レストラン等各所に消毒液を設置。チェックアウト3日後のお客様に対し、電話およびメールにて健康確認作業を行っています」

宿の情報&予約情報はコチラから👇

「Nata Beach Villa」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

※一休のプランはこちら👈

住所:沖縄県石垣市字伊原間2-391

アクセス:南ぬ島石垣空港から390号線を北に向かって車で15分

部屋数:10室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、シャンプー・リンス、ボディソープ、髭剃り、ボディタオル、綿棒、ブラシ、ドライヤー、スリッパ、湯沸しポット、テレビ、金庫、冷蔵庫、お茶セット(無料)

予算:1万2600円(税込)〜

※新型コロナウィルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

【4】離島ターミナルまで歩いていけるアクセス良好な「ホテルピースアイランド石垣イン八島」

Kazuya Shishido / BuzzFeed

「ホテルピースアイランド石垣イン八島」は、石垣空港から車で30分、石垣港離島ターミナルへは徒歩圏内という好立地にあります。今回は「シンプルプラン【朝食付き】」に宿泊しました。5250円で朝食付き、しかもアクセスの良い立地。旅行者にとってはありがたい限りです。

チェックインするともらえるアルカリイオン水

Kazuya Shishido / BuzzFeed

フロントで、アルカリイオン水を1リットルもらえました。この日はかなり暑くて汗ダクだったので、ゴクゴクと一気飲み。ちょっとした心遣いで、またリピートしたくなったりしますよね。

泊まったお部屋は「ツインルーム」でした

Kazuya Shishido / BuzzFeed

ベッド幅のサイズは120cmのセミダブルでゆったりめでした。そして奥の窓は、ベランダになっているところがポイントです。また備え付けの部屋着があると、その分の荷物を減らせるのでグーです。

デスクの上には32型のテレビがありました

ホテルピースアイランド石垣イン八島

デスクには32インチ液晶テレビがありました。とりあえず、チェックインして部屋に入ったらでベッドに寝転んでテレビを付けたいので、テレビのサイズは大きいに越したことはありません。ちなみに、お風呂はユニットバスでトイレはウォシュレットタイプでした。

ミニキッチン 電子レンジと冷蔵庫と洗濯機

Kazuya Shishido / BuzzFeed

お部屋にはキッチン(ツインのお部屋のみ)があり冷蔵庫と電子レンジがついてました。このホテルの大きな特徴としては、全室に洗濯機がついているところです。部屋にはベランダもあるので、観光でかいた汗を吸ったTシャツなども、お部屋で洗濯できちゃいます。長期滞在するにときも、ありがたい設備ですね。

離島ターミナルまで歩いて8分。散歩気分で離島へ行けます

Kazuya Shishido / BuzzFeed

石垣島から西表島や波照間島などの八重山の離島へ行く際の起点となるのが「石垣港離島ターミナル」。ホテルから歩いて8分程度で行けるので、お散歩感覚で竹富島へ旅することができました。

朝食会場はその名も「クマノミ」

Kazuya Shishido / BuzzFeed

朝食が提供される会場のテーブルは角が丸く椅子にも角がないバリアフリーな印象でした。朝食時間は7時から9時30分までですが、10時から夜の23時までフリースペースとして開放されています。Wi-fiも使えるので、PCを持ち込んで作業をしていました。

朝食は和食でごはんのおかわりは自由でした

ホテルピースアイランド石垣イン八島

朝食は和風のおかずに、もずくやゴーヤーなど沖縄の食材などをメインとした朝定食。一目でバランスが良さそうな印象がわかります。ごはんとお味噌汁はおかわり自由だったので、おかずで御飯を一杯、納豆でもう一杯いただきました。

新型コロナウィルス対策も万全!

新型コロナ対策について八重山エリア支配人の宮城さんに聞きました。

「当ホテルでは新型コロナウイルス感染症の拡大を未然に防止するため、スタッフの日々の体調のチェック、消毒の励行、マスクの着用、バックヤードの距離確保、消毒液の設置、消毒・清掃の強化などの対策を行っています」

宿の情報&予約情報はコチラから👇

「ホテルピースアイランド石垣イン八島」

※Yahoo!トラベルのプランはこちら👈

住所:沖縄県石垣市八島町1-1-2

アクセス:離島ターミナル・バスターミナルから徒歩約10分

部屋数:63室

アメニティ:タオル・バスタオル、ハミガキセット、シャンプー・リンス、ボディソープ・ハンドソープ、髭剃り、くし・ブラシ、ドライヤー、スリッパ、湯沸しポット、テレビ、冷蔵庫、お茶セット(無料)

予算:4500円(税込)〜

※新型コロナウィルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

※記事内の商品・サービス情報は記事公開日時点のものになります。

※本記事はBuzzFeed Japan株式会社とYahoo! JAPANが共同で企画したものです。記事内の商材・施設・サービス選定や評価はBuzzFeed Japan株式会社の判断にもとづいています。

※記事内で使用している商材・施設・サービス等の画像は、施設・店舗様から画像・商材・サービスを購入、またはお借りしたうえで使用、撮影しています。