back to top

鳥取で最大震度6弱 地震発生時にやるべきこと やってはいけないこと

「東京防災」を使う

10月21日午後2時7分ごろ、鳥取県で震度6弱の地震があった。津波の心配はない。地震発生直後、なにをすべきで、なにをやってはいけないのか。

東京都の防災情報ハンドブック「東京防災」からまとめた。

ガスや電気が通っている自宅などでは、ガスに引火する可能性がある。火はつけない。ブレーカーを上げない。電気のスイッチも触らないようにしよう。

被災地以外の人にとって大事なのは、不要不急な電話を控えることだ。被災直後は、電話回線がパンクする恐れがある。用がないなら、電話は絶対にやめる。

発災直後の行動について

自宅にいる場合の注意は次の画像にまとまっている。

移動中の注意点

落下物や、切れた電線などにも注意がいる。

避難したほうがいい?

避難を判断するための、フローチャートがまとまっている。もし、家族が離れ離れになっている場合は、自宅に安否メモを残す、電話会社が提供している災害用の伝言サービスを使うことが大事だ。

  • ブレーカーを落とす
  • ガスの元栓を閉める
  • 災害メモを残す
  • 伝言板、SNSで連絡する

【震度6弱】 

鳥取県 倉吉市 湯梨浜町 北栄町 

【震度5強】 

鳥取県 鳥取市 三朝町   岡山県 真庭市 鏡野町 

【震度5弱】

鳥取県 琴浦町 日吉津村  島根県 隠岐の島町

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Kazuki Watanabeに連絡する メールアドレス:Kazuki.Watanabe@buzzfeed.com.

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Satoru Ishidoに連絡する メールアドレス:Satoru.Ishido@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.