back to top

熊本・大分で17日昼にかけて大雨。夜の冷え込み、新聞紙で暖をとれる

雨は17日昼すぎに止む予想

熊本・大分で強い地震が相次ぐ中、16日夜から九州各地で大雨が予想されている。地震後の雨では、土砂崩れや避難先での冷え込みなどが心配される。その対策は。

気象庁の予報によると、熊本では雨が16日夕方以降に降り始める。翌17日の明け方には、雷を伴い激しく降る所があるが、その後次第に曇りから晴れとなる。大分でも16日夜〜17日昼にかけて大雨となる。

まず注意すべきなのが土砂災害。地震で地盤が緩み、危険性が高まっている。地震後の土砂災害については、東日本大震災後に制作されたパンフレットが参考になる。

雨で一気に土砂崩れが増える

パンフレットでは、阪神・淡路大震災の事例が紹介されている。大きく揺れた六甲山地では、当初700カ所以上で山腹が崩れる等の土砂災害が発生した。そして、地震後の雨等で、崩壊地の数は2000カ所以上に増えたという。

土砂災害の前触れとして、それぞれ次のような現象を紹介している。気づいたら、早めの避難を。

がけ崩れ

① がけから小石がパラパラ落ちてくる。 ② 樹木がゆれたり、かたむいたりする。③ 斜面から水がわき出る。 ④ 斜面にひび割れができる。

土石流

① 川や沢の中でゴロゴロという音がしたり、火花が見えたりする。② 川や沢の流れがにごり、生の木が流れてくる。③ 山鳴りがする、異常なにおいがする、地鳴りがする。④ 雨がふり続いているのに川や沢の水が減る。

地滑り

① 池の水がにごったり、減ったりする。② 山の樹木がザワザワとさわぐ。木の裂ける音や木の根が切れる音がする。③ 地鳴りや山鳴りがする。④ わき水がふえる。⑤ 地面にひび割れや段差ができる。

広告

夜は冷え込む

Yahoo天気によると、16日の熊本は最高25度、最低は13度。大分は最高25度、最低10度と、どちらも10度以上の寒暖差がある。夜間の冷え込みによる、体調不良にも注意が必要だ。

防寒の備えがない場合でも、身近なものが流用できる。東京都が作った「東京防災」では、身近な品での防寒対策が紹介されている。

保温にはエアクッションアルミホイルラップなども役に立つ。

ダンボール発泡スチロールを床に敷くのも暖かい。

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Kazuki Watanabeに連絡する メールアドレス:Kazuki.Watanabe@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

Sponsored