back to top

舛添都知事に自民も「もう、いい加減にしましょうよ」 一騎打ち詳報

辞任までは求めなかったが……。

舛添要一氏は、東京都知事を続けられるのか。進退をめぐる攻防が正念場を迎えている。一問一答の集中審議が6月13日、都議会で開かれた。

都議会野党には、知事の不信任決議案を提出する動きがある。選挙で知事を推薦した自民党も、不信任案への賛成に転じる可能性が示唆されている。

この日の審議でも、知事の説明に議員たちが納得した様子はなかった。都議会自民も、直接辞任を求めはしなかったが、「これが最後の機会になるかもしれない」「自らの身の処し方、けじめをつけて」と、強い言葉で進退に言及した。

「みんな怒っているんですよ」

質問に立った都議会自民党の鈴木隆道議員は、冒頭から厳しく知事を叱責した。

知事は、これまで代表質問、一般質問、記者会見を含めると述べ13時間も費やしているのに、説明に誰一人として納得していません。

説明責任が果たされているとは、誰も思っていません。知事の資質を疑う声が、日増しに多くなっています。

みんな怒っているんですよ。十分わかっておられますか。

都議会自民党が求めているものは2つ。ひとつは知事自身が、自分の言葉で、説明責任を果たすこと。もうひとつは、説明責任を果たした上で、自らの身の処し方、けじめをつけていただくことであります。

知事が議会で、自分の言葉で答えるのは、最後の機会になるかもしれません。貴重な場になるはずです。

通り一遍の原稿読みも、形だけの謝罪も、もうたくさんです。真摯に明確にお答えいただくことを約束いただけますか。

知事はハッキリと「しっかりと私の言葉でお答えをしたいと思います」と述べ、深々と一礼した。

知事、ホテルで会った相手を明かさず

鈴木議員がまず切り込んだのは、「家族旅行」とされた千葉のホテルでの宿泊中に、誰と会っていたのかという問題だった。

(木更津のホテルで面会した相手について)第三者の報告では、付き合いが長く、かねてより相談相手としていた出版会社社長を客室に招き、相談をおこなったとされています。ではその出版会社社長とは何者なのか。この点に注目が集まっています。

昨日のとある報道では、その人は競馬雑誌の社長の可能性があり、その方はすでに亡くなっていると報じられました。疑念は深まる一方であります。いまこそその疑念を明かすことが、数多くの疑惑解明の出発点だと考えます。

知事はわが党の代表質問に対して、先方の立場もあるからお答えできない旨の答弁をしました。さらに、わが党が行った異例の再質問にも答えておりません。やましいことがないのであれば、誰と会ったのかを、その事実をここで明らかにしたらいかがですか。

知事は次のように答えた。

私は政治家として、国会議員として、閣僚として、色々な政治の場で仕事をして参りました。そして当然、公式な会合もありますけれども、さまざまな政界・財界関係者、マスコミの方々と非公式な会合も重ねて参りました。

そして、そういう非公式な会合につきまして、これはやはり政治の機微にかかわって、外には出せない。そして、政治家としての私の信義という観点から、これは外に出せないと。そういうことが沢山あります。

知事は、議員たちを見回しながらこう続けた。

きょうご出席の委員の先生方も、政治家の皆さん方でありますから、そこの所はご理解いただけると思います。そういう観点から私は、その方の名前を明らかにするのは、ご容赦願えればと思います。

「ご託を並べて納得するわけないじゃないですか」

鈴木議員は、呆れた声で切り返した。

知事、もういい加減にしましょうよ。ご託を並べて都民・国民が納得するわけはないじゃないですか。ましてや知事、今のあなたほど相手の方との信義という言葉が似つかわしい政治家はいないんですよ。

相手方に聞いて迷惑がかからないということであれば、氏名を明らかにしたっていいじゃないですか。多くの都民・国民が注目をしています。あなたの誠意ある答弁を求めます。お答えください。

知事は顔に力をこめて、ぎゅっと目をつむりながら、次のように答えた。

私は、自らいま、政治家としての信義ということを申し上げました。私がその判断をいたしたわけであります。

結局、知事は、相手の名前を明らかにしなかった。

低姿勢だが

公用車や都市外交、海外出張費、知事報酬の削減など、鈴木議員の質問は幅広い分野に及んだ。

知事が昨年行ったアメリカ出張については、「語学自慢の知事が、単なる自己満足のために、多くの職員と経費を使って英語で講演をおこなっただけじゃないんですか」など挑発的な言葉も交えながら、海外出張費の検討内容と、抜本的な改善策を早く公表すべきだと求めた。

知事は「6月末に予定しておりますが、一日も早く前倒しで、経費の精査と成果まとめを早急にやりたい」となどと説明。一貫して低姿勢で応対した。

説明「足りない」のヤジ

だが、そうした知事の姿勢に、議員たちは納得しなかったようだ。最後に、鈴木議員はこう問いかけた。

知事は、この貴重な機会に、説明責任を十分に果たしたと考えているかを伺います。

舛添知事は「私は鈴木理事に対して、真摯に説明をしたと思っております」と答えた。

しかし、議場からは「足りない」というヤジが飛ぶ。

鈴木議員が、「知事としては誠実に答えたということなのかもしれませんが、疑惑が晴れたというところまでには、まるで至っていない。大変残念」と述べたところで、知事は首を横に振った。

知事はいまだに、事態の深刻さや、都民の気持ちがまだ分かっていないのではないですか。いまいちど、自ら置かれた立場を認識し、質問に真摯にかつ誠実に答えることを強く求めたいと思います。自由民主党は責任政党として、真実の解明と不適切な点の是正を強力に行っていくつもりである。

約50分に及ぶ質疑を、鈴木議員はこう締めくくった。

不信任案も

鈴木議員が「自分の言葉で答えるのは、最後の機会になるかもしれない」など、若干の含みを持たせつつも、強い表現で迫ったのは、国会議員も含めた自民党の視線が日に日に厳しさを増しているからだ。

自民党はこれまで、知事選で推薦した経緯もあり、舛添知事をどこまで追及するかを慎重に見極めていた。

だが、時事通信によると、自民党の下村博文総裁特別補佐は12日、「今のままいってしまったら、自民も不信任案にノーと言えないのではないか」と述べ、野党が不信任決議案を出した場合、自民党も賛成する可能性を示唆した。

議会の不信任決議が通った場合、舛添知事はそのまま失職するか、都議会を解散するかを迫られる。議会の解散を選んだ場合も、都議選後に再び不信任が通れば知事は失職する。

前都知事・猪瀬直樹氏が追い詰められたのも、この総務委員会の集中審議でだった。都議会は、猪瀬氏の説明が不十分だとして、特別調査委員会(百条委員会)の設置を決定。猪瀬知事はその翌日、辞任を表明することになった。

都議会定例会の会期は6月15日まで。会期末を睨んで、ギリギリの攻防が続く。

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Kazuki Watanabeに連絡する メールアドレス:Kazuki.Watanabe@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.