back to top

【速報】ろくでなし子「デコまん展示」無罪が確定 「愛のコリーダ事件」以来35年ぶり

検察側は上告しなかった。

Kazuki Watanabe / BuzzFeed

わいせつ物頒布等の罪に問われている「ろくでなし子」こと五十嵐恵被告人の裁判で、「一部無罪」とされた東京高裁判決の無罪部分が確定することになった。検察側が上告しなかった。わいせつ物頒布等の罪(刑法175条)違反に問われた事件で、無罪判決が確定するのは約35年ぶり。高裁判決で有罪とされた部分については、弁護側が上告したため、最高裁で裁判が続く。

弁護団の山口貴士弁護士は、次のようにツイートした。

【ろくでなし子弁護団】【デコまん無罪確定】検察官上告せず。女性器アート、デコまんの展示について一審に引き続き無罪を言い渡した東京高裁判決は確定します。弁護側は、有罪とされた3Dデータの頒布行為については上告したので、こちらについては、戦いの場は最高裁判所に移ります。

刑事事件において「わいせつ」無罪の確定は昭和57年の愛のコリーダ事件以来、約35年ぶりのことです。担当案件ながら、快挙であると思います。最高裁において、全面無罪を求めて戦いを続けますので、引き続きのご支援をお願いいたします。

五十嵐被告人は、女性器をかたどった作品展示と、女性器をスキャンしてつくった3Dデータの送信等により、わいせつ物頒布等の罪に問われた。

このうち、作品展示については、1審・2審判決ともに無罪とされた。一方、3Dデータ送信等については1審・2審判決ともに有罪とされ、罰金40万円が言い渡されている。

弁護側は完全無罪を主張し上告している。今回、作品展示行為について無罪が確定したため、最高裁では3Dデータ送信等の部分だけが争点となる。

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Kazuki Watanabeに連絡する メールアドレス:Kazuki.Watanabe@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.