back to top

息子がハグしてくれなくなったママは、等身大の人形を編み上げた

母親だってつらい。

オランダのMarieke Voorsluijsは、息子がハグしてくれなくなる年齢に達して悲しくなった。そこで、母親なら誰でもする?ようなことをした。息子の等身大のレプリカを編み上げたのだ。

この人形を作るのに、「約2カ月かかりました」と彼女はBuzzFeedに語った。息子と彼の祖母も制作を手伝った。

彼女はBored Pandaに、こう語った: 「息子は思春期に入ってきています。今まではいつでもよく抱き合っていましたが、最近はハグすることも少なくなりました。今では、息子はどちらかというと友達と付き合ったり、携帯で遊んだり、iPodで音楽を聴いたりしています。これはまさに自然なことです。私は良き母なので、もちろんこのことを受け入れていますし、子どもが健全でいることに幸せを感じています」
clubgeluk.nl

彼女はBored Pandaに、こう語った:

「息子は思春期に入ってきています。今まではいつでもよく抱き合っていましたが、最近はハグすることも少なくなりました。今では、息子はどちらかというと友達と付き合ったり、携帯で遊んだり、iPodで音楽を聴いたりしています。これはまさに自然なことです。私は良き母なので、もちろんこのことを受け入れていますし、子どもが健全でいることに幸せを感じています」

編み物の世界では、現実世界のモノの「編み上げ不可能」なレプリカを作ることでよく知られている。

自分自身のスペースを望む息子と、「息子を愛情で包みたい」という母親。2人のギャップを表現するために、この人形は生まれた。 「本物の息子は、作っている途中に成長してしまいました。小さいほう、人形は身につけることができますけどね」
clubgeluk.nl

自分自身のスペースを望む息子と、「息子を愛情で包みたい」という母親。2人のギャップを表現するために、この人形は生まれた。

「本物の息子は、作っている途中に成長してしまいました。小さいほう、人形は身につけることができますけどね」

「これは思春期と息子たちへのトリビュートのようなもので、私たちは思春期や親交、触れ合いに関して、実際に問題を抱えているわけではありません。実際はその正反対です!」と彼女は語った。

どちらの息子も「このプロジェクトが好きで、帽子の制作を手伝い、それからもちろん、ポージングも手伝った」のだそうだ。

「ママーーーーーー...」

Katie Notopoulos is a senior editor for BuzzFeed News and is based in New York. Notopoulos writes about tech and internet culture and is cohost of the Internet Explorer podcast.

Katie Notopoulosに連絡する メールアドレス:katie@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.