23区の約5倍が焼失。米カリフォルニアの山火事の被害面積が、過去最大規模に

    同州最古の州立公園、ビッグベイスン・レッドウッド州立公園も深刻な被害を受けている。

    猛暑が襲う米カリフォルニア州で、山火事が急速に拡大中だ。記録的な熱波と落雷が原因で、合計560件もの火災が発生している。

    特に州北部ベイエリアの被害が深刻で、20万人以上の住民が避難を余儀なくされた。州全体では、少なくとも6人の死亡が確認されている。

    中でも大規模な火災3件には、森林火災の鎮火にあたる州森林保護防火局の地域担当部隊名の略称から「LNU/SCU/CZU複合火災」とそれぞれ名前がついた。この3件だけでも合計で約3100平方キロメートルの土地が焼失し、史上最大規模の被害が出ている。

    ビッグベイスン・レッドウッド州立公園は、1902年に設立されたカリフォルニア州最古の州立公園だ。CZU複合火災により、公園内の建物や近くの家屋、レッドウッド林の一部が炎に包まれた。

    8月19日から21日に記録されたCZU複合火災の被害の様子を、以下にまとめた。

    Stephen Lam / Reuters

    ボルダークリークで、家屋を守るために消火活動にあたる消防士。

    Marcio Jose Sanchez / AP

    CZU複合火災の魔の手が及ぶ森林。

    Shmuel Thler / AP

    サンタクルーズ北西部を襲うCZU複合火災。木が爆発している。

    Bloomberg / Getty Images

    被害を受けた私有地。

    Medianews Group / Getty Images

    焼失したビッグベイスン・レッドウッド州立公園の公衆トイレ。

    Medianews Group / Getty Images

    「The Statue Of Responsibility(責任の像)」と名前のついた木が、火災によるダメージを受けている。

    Medianews Group / Getty Images

    焦げ付いた「ビッグベイスン・レッドウッド州立公園」の看板。

    Medianews Group / Getty Images

    公園内のセコイア。内部が燃えている。

    Marcio Jose Sanchez / AP

    ホースを担いで消火活動にあたる消防士。

    Marcio Jose Sanchez / AP

    ベンロモンドで被害にあった家屋。


    Marcio Jose Sanchez / AP

    ボニードゥーンで地域一帯の家屋が消失しているのを目の当たりにし、頭を抱える住民。

    Marcio Jose Sanchez / AP

    ボニードゥーンで被害にあった家屋。建物が跡形もなくなり、金属製のテーブルと椅子が残っている。

    Marcio Jose Sanchez / AP

    ボニードゥーンで燃え残った三輪車。

    Medianews Group / Getty Images

    ビッグベイスン・レッドウッド州立公園の事務所本部にある公衆電話。火災の熱で溶けてしまっている。

    Medianews Group / Getty Images

    公園内に置き去りにされた自動車。近くではまだ炎が上がっている。

    Bloomberg / Getty Images

    オレゴン州ユージーンの消防士たちが、CZU複合火災の脅威にさらされたサンタクルーズの土地を調査している。

    Kent Nishimura / Los Angeles Times via Getty Imag

    フェルトンで倒壊した家屋。

    Medianews Group / Getty Images

    ビッグベイスン・レッドウッド州立公園の近く、ボルダークリーク。

    Medianews Group / Getty Images

    ボルダークリークの高速道路沿い。多くの木々が黒く焦げてしまっている。

    この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:髙橋李佳子