年に一度だけ。その日、カリフォルニアに人魚たちが集結する

    人魚がいるなら、この世界も捨てたもんじゃない。

    Monique Jaques

    カリフォルニア・マーメイド・コンベンションにて、お互いの尾びれを褒め合うマーメイドたち。参加したマーメイドも子どもと遊んだり読書したりと、それぞれ思い思いの時を過ごしていた。

    人魚のコミュニティがある。そして、そのコミュニティは成長しつつある。ここ5年、毎年カリフォルニア州サクラメントでは人魚の集いが開催されていたが、それがレイチェル・スミスとアシュリー・ラスタッドによって拡大。カリフォルニア・マーメイド・コンベンションとなった。人魚と人魚好きが集う人魚のためのお祭りは3日間に渡って開催される。そこでは、人魚と出会い、人魚を学び、互いの人魚コスチュームを褒め合う。

    コンベンションでは、プロによる人魚撮影会、人魚ヨガ、川の清掃(American River Parkway Foundation主催)などが行われる。BuzzFeedのカメラマン、モニーク・ジャックいわく、参加した人々はみな非常に温かくフレンドリーだったという。

    「他の人魚に会えたこと、この会に参加できたことを心から楽しんでいる様子でした。見ているだけで素晴らしかった」

    モニークが特に印象に残っているのは、参加者がみな完全にキャラクターになりきっていること。そして、誰に対しても歓迎ムードだったこと。

    「陸から水へ移動するのは、人魚にとって大変な作業だと思います。でも、そこはさすがプロのマーメイド。子ども用プールでのイベントでは、尾びれをとって歩くなどの行為は一切みられませんでした。子どもにとって、人魚が尾びれを脱ぐなんてガッカリしちゃいますもんね」

    Monique Jaques

    サクラメントのダウンタウンで開催されたマーメイドの集まり、今年で5回目。

    Monique Jaques

    プールに尾びれ衣装を持ち込む人魚。尾びれは布やシリコンで作られており、シリコン製は1つ1500ドルから3000ドルするという。

    Monique Jaques

    人魚のマストアイテム:日焼け止め、ゴーグル、水中カメラ、ローション。

    Monique Jaques

    コンベンションを賑わすマーメイドたち。

    Monique Jaques

    子どもたちに海の絵本を読み聞かせるクリスタ人魚姫。人魚だけじゃなく、すべての生き物にとって、海の美しさを保つことがいかに重要かを説いている。

    Monique Jaques

    人魚の出会いの場、オープンスイム会場。お互いの尾びれに賛辞が飛ぶ。

    Monique Jaques

    子ども用プールに台車で登場するクリスタ人魚姫。シリコン尾びれを装着すると陸を歩くことはできないので、参加者やスタッフの手を借りて移動。

    Monique Jaques

    尾びれ装着は一苦労。人魚はさまざまなローションを塗り、滑りをよくして体をいれこむ。使用するのは、ココナッツオイルからアストログライドまでいろいろ。

    Monique Jaques

    尾びれが干してある様子。

    Monique Jaques

    レイナ人魚、夫のショーンにお姫様抱っこされて移動。

    Monique Jaques

    コンベンションのオープニングナイト会場となったダウンタウンにあるバーDive Bar。ここでは、人魚パフォーマンスが何十年も行われている。

    Monique Jaques

    Dive Barでパフォーマンスするアリサ人魚姫。

    Monique Jaques

    ショーを楽しむ人魚や人魚好きの人々。

    Monique Jaques

    人魚イベントの1つ舞踏会。

    Monique Jaques

    パーティーから抜け出して、一息つくアクアマン。

    Monique Jaques

    舞踏会での一幕。

    Monique Jaques

    人魚コンテストの参加者たち。

    Monique Jaques

    人魚も深夜にお腹が空くようだ。

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan