back to top

退任するNHKの籾井会長 80点と自己採点する「とんでも発言」を振り返る

公共放送トップの資質を問われ続けた

1. 「政府が右というものを左とは言えない」

時事通信

就任会見で、国際放送としての報道姿勢を問われ、飛び出した発言。

政府の主張から、かけ離れた主張をしてはならないという考えを明らかにした。

「尖閣、竹島など領土問題については、明確に日本の立場を主張するのは、当然のことだと思う」とも述べた。

公共放送の中立性に疑念を抱かせる発言として、問題視された。

広告

2. 特定秘密保護法「通ったので、言ってもしょうがない」

時事通信

2013年12月に成立した特定秘密保護法に関して、「通ったんで、もう言ってもしょうがない」と発言。

この発言も就任会見で発した。

「政府が右というものを左とは言えない」という発言とともに、就任直後から公共放送のトップとしての資質を問われるきっかけとなった。

3. 私的ハイヤー代請求「何が問題なのか」

時事通信

2015年1月、私的ゴルフのため使ったハイヤーの料金をNHKが支払っていた問題が発覚した。

その後、国会で追及され、ハイヤーの私的利用を認めた。

2015年3月、参院予算委員会で「セキュリティー上、NHKで日頃使っているハイヤー会社に頼んだ」と弁明した。

しかし、2015年5月に公開されたNHK経営委員会の議事録で、「納得できない」「何が問題なのか」などと反発していたことが明らかになった。

4. 聴覚障害者の蔑称を連発

Jun Sato / Getty Images

2016年3月、国会での答弁で、「クローズアップ現代」の放送時間やキャスターの変更について尋ねられた際、「つんぼ桟敷で」と発言した

直後、謝罪し、発言内容を取り消したいと申し出た。

2013年2月にも、別の話題で同じ蔑称を発し撤回していた。議員からは「委員会で謝罪したのは嘘だったんですか」と批判が出た。

5. 原発報道は「公式発表ベース」

時事通信

2016年4月、NHKが熊本地震発生を受けて開いた災害対策本部会議で、「原発については、住民の不安をいたずらにかきたてないよう、公式発表をベースに伝える事を続けて欲しい」と指示した

原発に関する独自取材を萎縮させる効果をもたらす発言として、問題視された。

6. 野党の追及を「文句」と表現

時事通信

2016年3月、参院総務委員会での発言

野党系無所属議員に、安倍晋三首相の記者会見を放送し続けるのは、政権のプロパガンダではないかと聞かれ、「誰かのプロパガンダをやっていることは全くない。また文句を言われるかもしれないが、われわれは放送法にのっとっている」と答弁。

野党の追及を「文句」と表現したことに対し、委員長が発言の訂正を求めた。その後、籾井会長は「不適切な発言だった」と取り消した。

籾井会長は12月1日、定例会見で2016年の自己採点を問われ、「80点はいけますね。90点と言いたいところですが。まあ合格というところじゃないか」と話したという。

公共放送トップとしての資質を問われ続けたが、籾井会長は続投の意欲を見せていた。しかし、「先行きの見通しが甘く経営手腕に疑問を感じる」と指摘するNHK経営委員もいた

NHK経営委員会は12月6日、次期会長に現職の経営委員、上田良一氏を選出した。籾井会長は来年1月、退任する。

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Kantaro Suzukiに連絡する メールアドレス:kantaro.suzuki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.