back to top

#保育園落ちた 今年もTwitterに溢れる切実な声 「補欠順位115位って・・・」

今年も認可保育園の入園通知が届く時期になりました。保育園に子どもを預けたいのに内定が叶わなかった保護者たちが、Twitterで切実な声をあげています。

2016年の流行語大賞にもノミネートされた「保育園落ちた日本死ね!!!」。国会議員を巻き込んだ論争となったが、根本的な問題は解決していない。

今年も、保育園の入園通知が届く時期になり、「保育園に入りたい」人たちがTwitterで、切実な声を上げている。

広告

まさか、自分が「当事者」になるなんて・・・。

本当にこの言葉を使う日がくるとは思わなかったな… #保育園落ちた

結果を知って、愕然。

全落ち。腰から砕けた。 #保育園落ちた

第10志望まで、全滅だった。

今日会ってお話ししたお母さんは、第10志望まで書いて全滅ですて。 #保育園落ちた #川崎市

補欠順位115位って・・・・。

分かっていたけど認可落ちた。補欠順位でさえ115番目って。おばあさんまで待っても入れないねこりゃ。#保育園落ちた

「共働き」でも入れない。認可外にも空きがない。

#保活 #保育園落ちた #杉並区 共働きってだけじゃ認可保育園に入れないことがわかった。つらいのは、認可外も空きがないこと。区外に転出しようにも既に年度末。2次調整(補欠選考)の結果がわかるのは2月末。やはり、先にお金を払って無認可に入れて、点数稼ぐことが必要らしい。

広告

まさかの2年連続。募る不信感。

保育園落ちた。姉妹なのに2年連続落ちた。うちの妹と同じく2人目以降で一歳クラスで申し込んだママはみんな受かってるのに。フルタイムで共働きなのに。選考基準が不明瞭過ぎる。不信感しかない。#保育園 #保育園落ちた

助け合うシステムを提案する人も。

落ちた人達で助け合うシステムは作れないものか。 #保育園落ちた

SNSを通じて保護者同士が助け合おうとする動きもある。ある保護者たちは、Facebookページ「#保育園に入りたい!」を作った。

#保育園に入りたい! / Via Facebook: hoikuenhairitai

保育園にまつわる「今の気持ち」を共有するFacebookページ「#保育園に入りたい!」。

希望の保育園に入れた人、入れなかった人、結果がまだ出ていない人。保育園に関わる全ての人から、率直な気持ちを募る。保護者同士で知恵を出し合い、現状を少しでも改善することが目的だ。

ページ作りに関わった武蔵野市の会社代表、天野妙さん(41)は、3児の母。自分の子どもは運良く、保育園に入ることができた。しかし、「保育園に落ちた当事者でないと発言しづらい雰囲気」を変えるためにも、このページ作りに参加した。

「当事者が声を上げているだけでは、状況が改善しない。むしろ悪くなってしまう。(年月が経ち)当事者が替わっても声を上げ続けていかなくてはと思いました」(天野さん)

「なぜ保育園に入れないの」という苦しい思いを、多くの人が共感できるように、キーワードは「#保育園に入りたい」に決めた。

天野さんは、「日本のことを嫌いではないし、批判するつもりもない。『落ちた死ね』ではなく、前向きなキーワードで、純粋な気持ちを伝えたい」とBuzzFeed Newsに話した。

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Kantaro Suzukiに連絡する メールアドレス:kantaro.suzuki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

Sponsored