レシート1枚で「泣けてしまいました」と言わせた正月広告、涙を誘う内容

    何度でも何度でも読んで噛みしめたいメッセージ。

    新型コロナウィルスで行動が制限された2020年。そごう・西武の正月広告が素敵すぎるとネット上で話題です。

    🎊あけましておめでとうございます🎊 2021年も西武・そごうをよろしくお願い申しあげます 2021年西武・そごうからのメッセージ 「レシートは、希望のリストになった。」 「希望のリスト」WEBムービーはこちら https://t.co/4eOKxaQfYk #わたしは私 #西武 #そごう #レシートは #希望のリスト

    Twitter: @seibusogo_jp

    「レシートは、希望のリストになった。」

    広告には、そのメッセージとともに、2020年6月から11月におけるいくつかの商品の販売実績が記されています。

    スーツケース 662個

    口紅 76,175本

    浴衣 475着

    ハイヒール 1,001足

    ベビーギフト 566個

    新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、2020年はさまざまな行動が制限されました。

    国内外問わず、自由な旅行は難しくなり、どこへ行くにもマスクが手放せなくなりました。また、イベントの延期や中止が相次いで発表され、悔しい思いや悲しい思いをした人は少なくはないでしょう。

    それでも、スーツケースや口紅など上記の商品を購入した人がたくさんいたのです。

    そごう・西武は、広告の中で次のメッセージを記しています。

    新型コロナウイルスで行動が制限された2020年。

    それでも、自由に旅行できる日のために

    662人のお客さまが、スーツケースを購入された。

    マスクの下でもメイクを楽しみたい

    76,175人のお客さまが、口紅を購入された。

    夏祭りは中止だったけれど、浴衣は475着。

    颯爽と街を歩く日を待ちながら、

    お求めになったハイヒールは1,001足。

    生まれてくる命を、566セットの

    ベビーギフトが全力で祝福した。

    足踏みばかりの日々であっても、

    一人ひとりの「私」は、今日を楽しむ工夫を続けた。

    お買い物の記録に教えられた、大切なこと。

    百貨店が売るのも、お客さまが欲しいのも、

    ただのモノではないということ。

    百貨店が売っていたのは、希望でした。

    Twitterでは「ムービー見て、泣けてしまいました。とても素敵な広告です」「新年早々、なんだかジーンとしちゃった」など感動した人たちの声であふれました。

    また、「どの業界も厳しいけど、一生懸命頑張っているんだなあ。私も頑張らなきゃって素直に思えました」と励まされた人の声もありました。

    2021年、あなたはどんな希望を胸に、買い物をしますか?

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    <サムネイル/getty images>


    Contact Kako Yoshihara at kako.yoshihara@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here