「まるで自分を見ているようだ…」成長を求め続ける夫を描いた漫画がもはや怖いんだが…

    無理しちゃダメだよ…😥

    「夫が『成長教』に入信した話」が話題です。

    紀野しずくさん(@kino12kino3)がTwitterに漫画『夫は成長教に入信している』の第一話を投稿したところ、2000回以上リツイートされ、7000を超える「いいね」が集まりました。

    「あぁいるよね…」「私も大学生の時、成長教に入信してました…」「まるで自分を見ているようだ…」と多くの共感の声が寄せられています。

    その内容とは…?

    「夫が『成長教』に入信した話」

    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社
    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社
    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社
    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社

    「僕もこの赤ちゃんに負けないように、成長するぞ!」

    一見、人よりやる気のある「いい夫」に見えますが…?

    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社
    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社
    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社
    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社
    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社
    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社

    「究極コスパメニュー」にこだわりすぎて本末転倒な結果に。指摘されるまで、家事の効率が下がっていることに気付かない成長教信者、これは危険…😥

    しかし夫は懲りないどころか、生活全ての生産性の向上を目指します。

    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社
    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社
    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社
    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社

    「予定テトリス」で体調を崩してまでもめげない成長教信者。

    次の章の題名は「夫は植物」。え、どういうこと…?

    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社
    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社

    「肥料」や「水」を受けながら、成長し続ける夫。ただ、オフの日に決定的な出来事が起こります…。

    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社
    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社
    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社

    すでに根が張ってしまい、どこにも行けなくなっていた夫。オフの日にまでも仕事をしに会社に向かう夫に対して、妻は決意を固めます。

    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社
    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社
    ©紀野しずく・北見雨氷/講談社

    Twitterで公開された第1話を読み、「続きが気になってしまう…」「旦那さんどうなっていくのかな…」という声も多く寄せられています。

    BuzzFeedは投稿したきのしずくさんに話を聞きました。

    紀野しずくさんは、以前からTwitterで流れてくる漫画を読むことで日々の気分転換にしてきたそう。

    「私は特に、ランチ後の休憩中にTwitter漫画を読むのが日々の楽しみの1つだったので、お昼過ぎにマンガを投稿し、いろんな方の目に留まると嬉しいなぁという思いで投稿しました」

    「スマホを開けば無数のコンテンツがある中で、私の漫画と出会って、何か感じてもらって感想を発信していただくって、それ自体が奇跡ですよね」と話すきのしずくさん。大きな反響を受け、驚くとともに感動したんだとか。

    漫画『夫は成長教に入信している』を描こうと思ったのは、「成長を求められる世の中の風潮」に息苦しさを感じる場面が多々あったからでした。

    頑張れば頑張るほど、次はそれ以上の成果が求められる。

    昨日の自分より、今日の自分が常に成長していなければならない。

    そのような息苦しさを感じていた人が多くいたことが、今回の大きな反響に繋がったのかもしれません。

    リプライ欄には、「可愛い絵柄なのに心底冷えました。怖かったです」「うちの旦那と全く同じでびびった…」など、ストーリーのあまりのリアルさに恐怖を覚える人もいました。

    実際、紀野しずくさんは、リアリティを感じる『あるある!』なエピソードを描くことにこだわっているそう。

    「周囲のハードワーカーの方から、話を聞いて『これは!』と思うエピソードはメモしてネタを日々ストックしています」

    「100人いたら100通りの意見がある漫画を描くのが目標なので、様々な感想が寄せられていることがとても嬉しいです」

    今回のTwitterの投稿は第1話のみ掲載でしたが、続きはサイトから読むことができます。

    果たして、夫は成長教から脱することが出来るのでしょうか…😥