「karate Cat」構えが異常に強そうなネッコたち、海外の人たちも熱視線

    このネッコ、私より強そうなんだが😥

    「愚地独歩の天地上下の構え」をする猫が話題です。

    猫写真家の久方広之さん(@sakata_77)がTwitterに漫画のキャラクターのような構えをとる猫の写真を投稿したところ、2500回以上リツイートされ、1.7万を超える「いいね」が集まりました。

    「素晴らしい構えですなー!」「矢でも鉄砲でも持ってこいや…ですね」と海外からも大きな反響が寄せられています。

    投稿された3枚の写真

    久方広之さんのTwitter / Via Twitter: @sakata_77
    久方広之さんのTwitter / Via Twitter: @sakata_77
    久方広之さんのTwitter / Via Twitter: @sakata_77

    「とーっ」「やぁ!」「ていっ」とでも聞こえてきそうなほど躍動感ある写真たち。今回BuzzFeedは写真を投稿した久方さんに話を聞きました。

    普段から猫の撮影をしていて、面白い瞬間が撮れればSNSに投稿している久方さん。「1枚目の写真の猫の立ち姿が、漫画『刃牙』に登場するキャラの構えに似ていたことから投稿しました」と振り返ります。

    一体どのようにして撮影したのでしょうか?

    「片手で猫じゃらしを持ち、片手でカメラを持って撮影しています。撮影中はカメラの画面は見ずに猫を見ながら撮影します」

    撮影時の難しい点として「目の前の猫の好みに合わせて猫じゃらしの誘い方を変えなければならないこと」だと教えてくれました。

    「すぐに好みが分かれば良いのですが、警戒心が強く時間をかけないと遊んでくれない猫もいます。1カ月通い詰めて信頼を勝ち取ってから撮影した写真もあります」

    誘い方を誤って、睨まれたこともあったそう…。

    久方広之さんのTwitter / Via Twitter: @sakata_77

    楽しい点としては「猫の秘められた個性が写真に現れること」だと話します。

    「ものすごく高いジャンプが出来る子、ジャンプは苦手でも立ち上がった姿はまるで拳法の達人のような子、体が柔らかくひねりが得意な子、筋肉質でパワフルなポーズを取る子、本当に色々な猫がいます」

    「師匠」と名付けたすごい猫もいるそうです。特にお気に入りな写真を尋ねると、「師匠」の写真を挙げてくれました。

    久方広之さん提供写真 / Via Twitter: @sakata_77

    「絶妙なひねり具合と見事な拳法感で、数年前の写真ですが他の猫でこのポーズが再現されたことがありません。この猫の写真もたくさんSNSや写真集にありますので是非皆さんに見ていただきたいです」

    久方広之さんのTwitter / Via Twitter: @sakata_77

    たしかにくねりがすごい…!

    「非常に人間的だったり、アニメや漫画のキャラのような面白いポーズをとることができたり、猫の身体能力をこれからもお見せしていければと思っています」

    大昔から猫の躍動する姿を浮世絵師の国芳とかが描いてきたけど、カメラ性能と撮影技術が成熟した現代で「本当に浮世絵みたいに面白いポーズと表情をしている」ということを示せるようになったのは感慨深いものがないですかね

    Twitter: @sakata_77

    次回の作品では一体どのように舞う猫が見られるのでしょうか…!?