back to top

通報で呼び出された警察官、一匹の子犬と恋に落ちる

オーマイガッ! カイロよ永遠に。

これはフロリダ在住の警察官、マーカス・モンゴメリーさんと彼の新しい親友、ピットブルのカイロだ。

Marcus Montgomery

モンゴメリーさんは通報を受けてパンハンドル動物保護センターを訪れた時、カイロに出会った。

Marcus Montgomery

警察官であるモンゴメリーさんは、この保護センターの元従業員の件で、施設に呼び出された。担当職員との話が終わったモンゴメリーさんがセンター長と話していると、職員が子犬を抱えて戻って来た。その子犬はセンターの裏口に置かれた箱の中にいたという。

眠そうな目をして何度もあくびをしていたその子犬を、モンゴメリーさんは「今すぐ」抱っこしたいと願い出た。

なぜならカイロに出会った瞬間、モンゴメリーさんは彼を飼いたいと思ったからだ。

Marcus Montgomery

「僕は『センターに入れる必要はないよ、僕がこの子を引き取って今すぐ家に連れて帰るから』と言ったんです」とモンゴメリーさん。

子犬を家族の一員として迎えるという彼の決断は、パーフェクトなものだった。

「私とガールフレンドは、愛犬ベイダーのため、もう一匹犬を飼いたいと思っていました。ベイダーは他の犬と遊ぶのが好きなのです」

カイロはベーダーと本当に仲良くやっているようだ。

カイロを引き取って良かったとモンゴメリーさんは語った。

ピットブルは凶暴だというイメージを持っている人もおり、ベーダーも保護シェルターに長くいたのだという。「カイロの場合も、子犬であるということを考慮しても、人は彼に振り向かないでしょう。ピットブルのような犬種を飼うことに伴う責任を背負いたくないからです」
Marcus Montgomery

ピットブルは凶暴だというイメージを持っている人もおり、ベーダーも保護シェルターに長くいたのだという。「カイロの場合も、子犬であるということを考慮しても、人は彼に振り向かないでしょう。ピットブルのような犬種を飼うことに伴う責任を背負いたくないからです」

お昼寝を楽しむんだよ、ワンちゃんたち。

Marcus Montgomery