すべてが凍る! まつげも凍る!過去最低気温 -70度の街

    これは未知の寒さ。

    ニュースで「週明けは厳しい寒さ」なんて聞くと、うんざりする寒がりのみなさま。想像できますか、マイナス60度の世界を…。

    それは、木も凍る。車も凍る。すべてが氷に包まれる世界。

    街の過去最低気温は、1926年1月26日に記録されたマイナス71.2度

    Amos Chapple / Amos Chapple/REX/Shutterstock

    極寒を超える寒さの町ですが、夏もあります。6月、7月、8月が比較的暖かく、Wikepediaによれば、夏場の平均最高気温は18度から22度ほどで過ごしやすい陽気。

    「世界で最も寒い定住地」にあるたった一軒のお店。

    Amos Chapple / Amos Chapple/REX/Shutterstock

    ロシアの体温め術代表格、ウォカ売ってます。

    オイミャコンは「不凍の水」という意味。

    Amos Chapple / Amos Chapple/REX/Shutterstock

    水どころかすべて凍っているじゃないか!というツッコミはなしで。オイミャコンの町には、近くに天然温泉があるので水凍らないのです。むしろ、どうせ凍ってしまうため水道がありません。温泉から専用の給水車が各家庭をまわってるらしい。

    オイミャコンの人口は500人ほど。

    Amos Chapple / Amos Chapple/REX/Shutterstock

    しかし、1番近くのヤクーツクの町は人口30万人で、ここには美術館もマンモス博物館もあります。

    マンモスも凍る!

    犬も凍る!

    まつげも凍る!

    極寒の世界で自転車にのる人。地元民かな?

    さらに寒中水泳する人まで。

    寒いけれど、美しい世界。

    遊びにおいでよ!

    Amos Chapple / Amos Chapple/REX/Shutterstock

    行ってみたい?

    この記事は英語から翻訳されました。翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan