back to top

尾ひれをつけることで自由になれた。人魚として生きる24歳の男性

「ユニークで個性的になれるのに、どうして平凡でつまらなくいなきゃいけないのでしょうか?」

広告

エリックは、ポップカルチャーでの人魚のイメージはたいていの場合、彼自身とは違うことを自覚しています。エリックはその認識を変えていきたいと考えています。「僕は肌の色によって夢を追うことをやめるべきではない、というメッセージを伝えたいのです」

エリックについてもっと知りたい方はこちらの動画をご覧下さい。

Facebook: video.php