ゴッホやピカソを顔に描いちゃった 傑作絵画がメイクに

    直感の赴くままに。

    メイクアップ・アーティストのレキシー・ラジアーさんは、自分自身をキャンバスにして、有名な絵画を描いている。

    「星月夜」の水面に映る光を眺めていたとき、ラジアーさんはひらめいた。

    「インスタグラムや友人、家族から大きな反響があったので、いろいろやってみることにしたんです」とBuzzFeedに語った。

    メイクのテクニックと絵画を結びつける作業が楽しいという。

    「ただ絵を私の顔に描きうつしただけにならないように、幻想的なメイクアップとして仕上げるようにしています」と、彼女は語っている。

    「メイクアップって、アートだと思うんです」

    直感のままに、メイクアップを通じて。さらに多くの絵画を再現しようとラジアーさんは企んでいる。

    Facebookページもよろしくね!