人が消えた世界の観光地や巡礼地。新型コロナ以前と現在で比較

    新型コロナウイルスの感染拡大により、世界的に旅行客が激減している。姿を変えてしまった観光地や巡礼地の様子を、混雑時と比較して写真で紹介する。

    1. イスラム教最高の聖地、サウジアラビアのメッカにあるカーバ神殿

    Bandar Aldandani / AFP=時事

    普段は巡礼者が尽きない。

    2. 現在の様子

    Bandar Aldandani / AFP=時事

    サウジアラビア政府はメッカへの巡礼を禁止している。

    3. カトリックの総本山、バチカン市国のサン・ピエトロ広場

    Alberto Pizzoli / Getty Images

    今年の1月19日には、まだミサに参加する人々が列を成していた。

    4. 現在の様子

    Andreas Solaro / AFP=時事

    5. 浅草、浅草寺

    Charly Triballeau / AFP=時事

    普段は外国人観光客で賑わっている。

    6. 現在の様子

    Charly Triballeau / AFP=時事

    観光客の姿は見受けられない。

    7. ベネツィアの中心地、サン・マルコ広場

    Miguel Medina / AFP=時事

    特にハイシーズンの夏場は、まるでテーマパーク内のような混雑だ。

    8. 現在の様子

    Miguel Medina Marco Sabadin / AFP=時事

    1万5000人以上の感染が確認されているイタリアでは、ミラノやベネチア北部で実施されていた封鎖措置が3月9日、全国に拡大した。

    9. 広場にあるサン・マルコ寺院

    Miguel Medina / AFP=時事

    ハイシーズンには、中を見学するために列に並ばなければならない。

    10. 現在の様子

    Marco Sabadin / AFP=時事

    寺院の入り口は閉ざされている。

    11. 東京ディズニーランド

    Kyodo / AP

    12. 現在の様子

    Kyodo / AP

    東京ディズニーランド・東京ディズニーシーは休園期間を延長した。4月上旬の再開を予定しているものの、確定はしていない。

    13. ローマ教皇が来日し、ミサを行った東京ドーム

    Charly Triballeau / AFP=時事

    約5万人が祈りに集まった。

    14. 現在の様子

    AFP=時事

    プロ野球のオープン戦は、無観客で実施された。

    15. ミラノのドゥオーモ

    Miguel Medina / AFP=時事

    ミラノの象徴と記念撮影をする観光客でいっぱいだ。

    16. 現在の様子

    Miguel Medina / AFP=時事

    人影はまばらに、鳩だけがのびのびと過ごしている。

    17. 北京、天安門広場

    Mark Ralston / AFP=時事

    北京に来た人は必ずと言っていいほど訪れる、広大な広場。北京の象徴だ。

    18. 現在の様子

    Mark Ralston Greg Baker / AFP=時事

    8万人以上の感染者が出ている中国。広場を出歩く人はもちろんいない。

    19. ローマ観光の主要スポット、コロッセオ

    Dani Salva / VWPics / Universal Images Group / Getty Images

    普段は入場待ちの列ができている。

    20. 現在の様子

    Andrew Medichini / AP

    封鎖措置が実施され、観光客の姿は見えない。

    21. ニューヨーク、グランド・セントラル駅

    Chuck Pefley / VWPics / AP Images

    通勤や観光で賑わう、歴史ある駅だ。

    22. 現在の様子

    Courtesy of Bob Varettoni / Via Twitter: @bvar

    ニューヨーク州は一部地域の学校や教会などを閉鎖している。ニューヨーク市は非常事態が宣言され、ブロードウェーの公演も全て中止となった。

    この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:髙橋李佳子