go to content

AppleのCEOってこんなひと

ティム・クック氏にBuzzFeed記者が聞いた。ベールに包まれた素顔とは。

ティム・クック氏ってどんな人?

3月に新iPadとiPhone 5と同サイズの新iPhoneを出すApple。厳しい情報管理で知られ、新製品や今後の戦略は公式発表があるまでほとんど表に出てこない。

現CEOのティム・クック氏自身もほとんどインタビューを受けず、伝説的な創業者スティーブ・ジョブズ氏と比べると印象が薄かった。

しかし、近年は独特の存在感を放ち始めている。2014年に同性愛者であることを公表。2015年には難民問題を受けて多額の寄付を表明。社会問題に積極的に発言している。1月22日には、同性婚に異議を唱えるフランシスコ・ローマ法王と面会して、話題となった

昨年9月、BuzzFeed Newsはクック氏への独占取材を許された。クック氏がApple Storeを電撃訪問する20分間だった。

まだ誰も訪問を知らない。

Jon Premosch For Buzzfeed News

「初めて訪れる場所では、できるだけ店舗に行くようにしています。あらかじめ知らせることはしません」

クック氏は時々、事前に知らせることなく、Apple Storeを訪問している。秘密なのは、事前準備のために従業員に苦労させたくないからだ。

クック氏を見た従業員は……

Jon Premosch For Buzzfeed News

車のドアが開いて、クック氏はApple Storeに歩き出した。ニューヨーク五番街の旗艦店だ。階段を登り始めると、笑顔になった。

「いらっしゃいま……」と言いかけた店員の顔が恍惚となる。

「やあ、ティム!」

後に、この店員は記者にこう感想を話した。「全く予期していなかった。お偉いさんと会えるのはとってもクールだね」

そして店はカオスに

Jon Premosch For Buzzfeed News

クックはガラスの階段を降り、混雑した地下階に着いた。群衆に紛れていたのは、ちょっとの間だけ。2人の従業員が、気づいて、漫画のようにクック氏を二度見した。よく漫画で描写されるコミカルな動きだ。すぐにあいさつすると会話をはじめ、自撮りに収まった。数人が取り囲んだかと思うと、すぐにカオスになった。

Jon Premosch For Buzzfeed News

従業員と国内外の買い物客でもみくちゃにされた。握手を求められたり、写真をお願いされたり。ハグする人もいた。画面が壊れたiPadで動画を撮ろうと、記者を押しのける初老の男性がいた。おそらく、修理のためにGenius Barの列に並んでいたんだろう。話しかけたが、英語が通じなかった。

やらせ?

Jon Premosch For Buzzfeed News

新製品を出した後の巧妙な宣伝だ、と無視することもできた。でも、そんなんじゃなかった。

クック氏は楽しんでいるように見えたし、取り囲む人々からエネルギーをもらっていた。店舗マネジャーが「バックヤードで働く従業員たちにも会ってくれ」とお願いしていたので、本当に誰も知らなかったんだとみられる。

最後まで従業員へのサービスを忘れなかった

Jon Premosch For Buzzfeed News

20分後、クック氏は店を後にしようと、ドアに向かう。ドアが開いたとき、一人の従業員が駆け寄った。「ティム! 最後に写真お願いできる?」

クックは笑顔で振り返った。彼は店内に引き返し、ドアが閉まってしまった。

「もちろんだよ」

この訪問に先立つ車中、BuzzFeedはクック氏の独占インタビューを許された。

訪問の数日前、新商品の発表会があり、Live Photosや3D Touchといった新機能が披露された。故スティーブ・ジョブズのような言い回しでクック氏は話す。

Live Photosはこれまで存在しなかったもの。3D Touch はゲームチェンジャーだ。Eメールをさっさとさばけるので、効率が非常にあがる。使いたい機能にたどり着くのが簡単になる

クック氏は、3D TouchがiPhoneの支柱になる機能と考えている。

製品は準備ができ次第、リリースする。次回にとっておこうとは言わない。すべてを出して、次回はもっと素晴らしいものを出せるように自分たちを追い込む

iPhoneアップグレード・プログラムもその一つ。毎月一定額を払えば、毎年最新のiPhoneに変えられる。これまで「2年プラン」などを展開してきた携帯電話キャリアから、顧客を奪いとるようにもみえる。ただ、クック氏は顧客のためだと主張する。

iPhoneを簡単に買えるようにするだけ。毎年、買い換えたい人たちもいる。お客様は歓迎してくれると思う

正直な返事なのかもしれないが、もちろん営業戦略だ。iPhoneを買い続けてもらえれば、売り上げは安定する。

こんな質問も投げてみた。

タブレットしか使わなくなる日は近いのか? Macの代わりにiPad Proしか使わなくなるのか?

コンピュータを全く買わなくなる人もいるでしょう。いまや、人々がパソコンでやりたいと思うことはiPadでできるようになってきています

ただ、Macの終わりを意味するわけではないという。

私のようにMacを買い続ける人たちもいると思います。デジタル・ソリューションであり続ける」「長期にわたってMacはAppleの中核であり続け、成長すると思う

iPhoneのほぼ使われないアプリについても聞いた。「ヒント」「株価」といったアプリはいらないと思う人は多いはずだ。

一見するより、複雑な問題なんです。他の機能につながっているアプリがあって、削除するとiPhoneに問題を起こすことがあります。そうではないアプリもあります。そうしたアプリについては、(削除する)方法を考えています。削除したいと思っている人たちがいることはわかっていて、対処を考えています

John Paczkowski is the managing editor for BuzzFeed San Francisco. Formerly deputy managing editor for Re/code and AllThingsD, he's been covering the intersection of technology and culture since 1997.

John Paczkowskiに連絡する メールアドレス:John.Paczkowski@buzzfeed.com.

バズフィード・ジャパン アダプテーション・リポーター

Saki Mizorokiに連絡する メールアドレス:saki.mizoroki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

この記事は、BuzzFeedコミュニティのメンバーにより作成されました。投稿の内容はBuzzFeed編集部による監修や承認を受けていません。コミュニティに関する情報を見る(英語)