ケーキづくりで“失敗しないコツ”をプロに聞いてみた

    ケーキを台無しにせずに美味しく作れる!

    Hannah Wong/BuzzFeed

    こちらは、ケーキのプロ、 リンゼイ・ソンさん。Instagramで10万人近くのフォロワーがいる有名人です。

    Stephanie Chan, cococakeland.com

    そんなソンさんに、ケーキ作りに役立つとっておきのコツを教えてもらいました!

    1. 超しっとりしたケーキに仕上げるためには、フロスティングの前に風味付けしたシロップをスポンジ層にたっぷりと浸み込ませる。

    youtube.com

    ソンさん「ケーキをオーブンの中に入れておく時間が長すぎて、ケーキが乾いてしまっていませんか?ケーキに浸み込ませるバニラシロップを作りましょう」

    「1カップの水と1カップの砂糖を沸騰させ、とろみがつくまで冷凍庫で冷やします。小さじ1杯のバニラエキスを足し、製菓用の刷毛ブラシかスクイズボトルを使ってシロップをスポンジ層に浸み込ませます」

    そうすることで、ケーキがしっとりし、また甘くなりすぎたり味が変わったりすることもありません。

    2. ケーキにクラムコートをしてケーキのクズがフロスティングに混入するのを防ぐ。

    cococakeland.com

    完ぺきにスベスベで、だまのないフロスティングの層を生み出すコツは、クラムコート(フロスティングの下塗り)をすることです。

    ソンさん「オフセットスパチュラを使って、ケーキ全体にフロスティングを塗り広げ、バタークリームが固くなるまで冷凍庫か冷蔵庫で冷やします」

    「それから、上塗りをすれば ケーキのクズが混入せず、完ぺきに仕上げることができるんです

    3. フロスティングをする前に、ケーキは完全に冷ましておく。

    Rojoimages / Getty Images

    ソンさん「フロスティングをする前に、ケーキを触ってみて、完全に冷めていることを確認しましょう」

    室温が高くてもバタークリームが溶けやすくなり、最悪です!」

    辛抱強く、ケーキを冷ましましょう。そうすればバタークリームでも全く問題がありません。

    4. 完ぺきに均一な層を作るには、ケーキの表面を完全に平らになるよう切り取る。

    cococakeland.com

    ケーキの層を均一にするためのコツは?ケーキの表面が平になるように切り取ることです

    ソンさん「よりプロっぽい見た目を追求するなら、ケーキの層を均一に整えましょう」

    鋸歯状ナイフを手に取り、盛り上がったケーキの表面を切り整えましょう。

    ケーキが無駄になってしまうように思えるかもしれませんが、切り落とした分を使って ケーキ・ポップを作ったり、失敗した部分を隠すのに使うこともできます。

    5. 絞り袋に詰め物をしやすくするために、カップの中に立たせておく。

    youtube.com

    絞り袋にフロスティングを詰めることって難しいですよね。

    それを解決するためは、絞り袋をカップの中に立たせておき、安定させておくといいですよ。

    ソンさん「大型のデリのコンテナ、ヨーグルトの空き容器、またはグラスを使って絞り袋に詰めやすくしましょう」

    容器の中に絞り袋を立たせておき、袋の端を折り返すだけで、 両手でバタークリームを詰めることができます」

    6. ケーキを切る前に、数分間冷凍庫に入れておけば、絵に描いたようにケーキをスライスすることができる。

    cococakeland.com

    ソンさん「インスタやブログ用に、完璧なスライスを写真におさめたいなら、バタークリームケーキを切る前に数分間冷凍庫に入れてから、よく切れるナイフで切りましょう」

    こうすることで、フロスティングが固まるので、どこもクリームで汚れることはありません

    室温に戻してから、ケーキを出しましょう。

    (そうしないと、フロスティングが固すぎるかもしれません)

    7. ケーキがくっつかないように、ケーキ型にバターとクッキングシートを敷いて準備しておく。

    Vinicef / Getty Images

    ケーキ型に油を塗るのは良いことですが、油を塗った上にクッキングシートを敷けば、さらに◎

    これが、安心して「ケーキのくっつきを防げる」方法だとソンさんは言います。

    8. フロスティングを失敗したら、新鮮なベリーやスプリンクルを使ってカバーすれば、誰も失敗に気がつかないし、とっても華やかに見える。

    Clfortin / Getty Images

    誰もがプロのケーキ職人ではありません。

    プロのケーキ職人でさえ、時にはフロスティングを失敗することもあります。

    ソンさんの解決策は?

    失敗した部分をレインボー・スプリンクル、新鮮なベリー、または星型に絞り出したバタークリームを使って隠します」

    9. レシピに書いてある出来上がり時間の数分前に、必ずケーキを確認する。

    Wepix / Getty Images

    ソンさん「オーブンにはそれぞれ違いがあります」

    この違いが、焼き過ぎと、ちょうど良い焼き加減との転換点になることもあります

    これを克服するためには、ケーキが焼き上がる時間の数分前に、必ずケーキを確認しましょう。

    ちょっとしたひと手間で、ケーキの焼き過ぎを防ぐことができます。

    この記事は英語から翻訳・編集しました。