back to top

料理の残り物は捨てないで!実はそれまだ使えるかも

その食べ物捨てないで!

Hannah Wong/BuzzFeed

料理中に生ゴミが溜まっていくのって我慢できなくない?

でもね、いつもゴミとして捨てているものの多くは、ちゃんと料理すればかなり美味しい。そして間違っても捨てるべきではない。

最も一般的な再利用の12の方法はこちら。

1. ブロッコリーの茎は歯ごたえのあるコールスローやサラダ、炒め物に使える。

food52.com

ブロッコリーの茎は、柔らかく歯ごたえがあるのでコールスローやサラダ、炒め物にすると美味しいんです!

硬い外側の皮を剥くのだけはお忘れなく。

2. トウモロコシの芯はスープや出汁、生クリームに浸し、甘い風味を残らず引き出す。

とうもろこしの芯は、粒と同じように甘みをいっぱい持っている。捨てちゃうのはもったいないよ!冷凍庫に取っておいて、だしやソースに投入して、風味を残らず引き出して、ほのかな甘みを追加。
Instagram: @stayoutofmykitchen

とうもろこしの芯は、粒と同じように甘みをいっぱい持っている。

捨てちゃうのはもったいないよ!冷凍庫に取っておいて、だしやソースに投入して、風味を残らず引き出して、ほのかな甘みを追加。

3. ほとんどの根菜(ビーツ、にんじん、大根等)の葉の部分は、ケールのように使えるよ。

Instagram: @athousand_words_photography, Instagram: @wholemadegourmet

多くの野菜は、葉っぱの部分が付いたままで売っている。

捨てちゃう代わりに、ケールみたいに料理できるんです。

気分が乗っていたら、ミキサーに入れて、色鮮やかなペーストを作ることだってできる。

4. お米やキヌアを料理するときは、レモンの皮を入れると爽やかなレモン風味に。

レモンを絞ったら、皮を袋に入れて冷凍庫に保存して、穀物を料理するときに水に入れる。お米やキヌアに爽やかなレモンの風味と香りを付けてくれます。または、レモンピールにしてしまって、甘いものが食べたいときにいつでもひとかじりするのもあり。
Vinicef / Getty Images

レモンを絞ったら、皮を袋に入れて冷凍庫に保存して、穀物を料理するときに水に入れる。

お米やキヌアに爽やかなレモンの風味と香りを付けてくれます。

または、レモンピールにしてしまって、甘いものが食べたいときにいつでもひとかじりするのもあり。

5. ベーコンの油をパスタやスープに風味を足すために取っておく。

ベーコンの油は驚くほど風味豊かで、すごくたくさんのレシピで使えるって知ってた?パスタを作る?オリーブオイルの代わりに、ベーコンの油を使って。芽キャベツをローストしてる?オーブンに入れる前にベーコンの油を絡めてみて。
Instagram: @rldemoss

ベーコンの油は驚くほど風味豊かで、すごくたくさんのレシピで使えるって知ってた?

パスタを作る?オリーブオイルの代わりに、ベーコンの油を使って。

芽キャベツをローストしてる?オーブンに入れる前にベーコンの油を絡めてみて。

6. バナナの皮を牛乳や生クリームに浸せば、焼き菓子作りや風味豊かなホットココア作りに活用できる。

Chiccododifc / Getty Images, Magone / Getty Images

バナナの皮は硬いけど風味豊か。

残らず風味を引き出すために、牛乳や生クリームに浸してみて。焼き菓子作りや風味豊かなホットココア作りに活用できるよ。朝のコーヒーにも◎

7. 残ったピクルスの漬け汁を使って、どんな野菜でも素早くピクルスに変身。

Instagram: @reneestruggles, Instagram: @jimsicile

残ったピクルスの漬け液を沸騰するまで小鍋で温めるか、レンジにかけ、ピクルスにしたい野菜を入れる。これだけ。

冷蔵庫に入れて数時間後には、美味しい自家製ピクルスの出来上がり。

8. ハーブの茎は、出汁やスープ、蒸し煮料理に浸したり、ハーブオイルを作るのに使ってみる。

Instagram: @alikxxi, Instagram: @thewayfaringchef

ハーブで使えるのは葉っぱだけだと思っている人がたくさんいるけど、それは大間違い。

茎にもすごく風味があって、出汁や蒸し煮、鮮やかなハーブオイルを作るのに使えます。

9. 硬くなった古いパンを歯ごたえのあるパンツァネルサラダや、フレッシュなパン粉、ガスパチョに使う。

古いパンはクルトンに一歩近づいているから、無駄にはしないで。カリカリのパン粉を作ったり、ガスパチョのような冷製スープにとろみをつけるのにぴったり。パンが硬くなりすぎて、すぐに使う予定がないようなら、ラップに包んで冷凍しましょう。
Instagram: @vudumoon

古いパンはクルトンに一歩近づいているから、無駄にはしないで。

カリカリのパン粉を作ったり、ガスパチョのような冷製スープにとろみをつけるのにぴったり。

パンが硬くなりすぎて、すぐに使う予定がないようなら、ラップに包んで冷凍しましょう。

10. 硬いケールやチャードの茎を炒めると、柔らかく、美味しくなる。

Instagram: @constellationacu, Instagram: @doctor_rebecca

ケール、チャードなどの葉野菜の茎は、普通固すぎて生では食べられない。

でも加熱すれば、驚くほど歯ごたえよくかつ柔らかくなります。

捨てちゃう代わりに、小さく切ってパスタ、炒め物、細かく切った野菜を入れる料理に投入!

11. チーズの皮を使ってスープや出汁、蒸し料理に風味を追加。

風味豊かなチーズの皮(特にパルメザン)をジップロックバッグに入れて冷凍庫で保存。そうすれば、スープやだしを作るときはいつでもチーズの皮を入れて、風味を足すことができます。皮は完全には溶けないから、ぐちゃぐちゃになってしまう心配だってない!
Instagram: @jesseszewczyk

風味豊かなチーズの皮(特にパルメザン)をジップロックバッグに入れて冷凍庫で保存。

そうすれば、スープやだしを作るときはいつでもチーズの皮を入れて、風味を足すことができます。

皮は完全には溶けないから、ぐちゃぐちゃになってしまう心配だってない!

この記事は英語から翻訳されました。