「目の悪い人が眼鏡を外すと世界はどう見えるか」を描いたアーティスト

    「ぼやけてるっていうことは美しいことなのかも」

    フィリップ・バロウ氏は、南アフリカのライビーク・カステールを拠点に活動する画家。数十年のキャリアを持つ彼のアートは、世界中で展示されてきた。

    Philip Barlow / Via Instagram: @philipbarlow

    彼は、「ボケ」と呼ばれる独特なスタイルで絵を描く。

    philipbarlow.com / Via Instagram: @philipbarlow

    少しだけピントの外れた写真のようなボケ感。近視や乱視で見る世界に近いものかもしれない。

    彼の最新の作品は、「Still Motion(静かなる動き) II」というシリーズに収められている。

    これらの絵画では、ボケスタイルが完璧に表現されている。描かれている風景は、海辺や…

    …街の中…

    …そして、夜の街。

    バロウ氏が『Insider』に語ったところによると、彼はまずカメラを使って画像を撮っている。その上で、その題材を彼独自のスタイルで描いていくのだという。

    舞台裏を撮影したこの動画で彼が語っている通り、そのプロセスは、大変な労力を要する。しかし、それは挑戦しがいのあるものだと彼は強調する。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    これらの作品は最近、ロンドンのEverard Read Galleryで展示された。

    また、彼は自らのInstagramにも、これらの絵画を掲載している。

    これらがキャンバスに描かれた油絵だとは、正直信じがたい。

    バロウ氏は自らの略歴で、自分の作品に対する思いを次のように表現している。

    philipbarlow.com / Via Instagram: @philipbarlow

    「絵の中の人物は、自らに降り注ぐ光を反射し、見るものの目に飛び込んできます。輝く光に包まれることで、彼らがより美しくなるのが私の望みです。私にとって、光は究極のテーマです。光はあらゆる現実の頂点の姿が具体化したものですから」

    「ぼやけている」ということは、美しいことなのかも。

    バロウ氏の作品についてさらに知りたい方は、彼のInstagramウェブサイトをチェックしてみて。

    この記事は英語から翻訳・編集しました。