現代にも恐竜が? 絶景に現れた巨大な生き物たちのインスタ

    過去の世界が今ここに。

    写真家のジョージ・サエンスは、自分の写真におもちゃの恐竜を登場させている。理由はシンプル、面白くなるから。

    Jorge Saenz

    57歳のサエンスは、過去20年間パラグアイに住んでいる、AP通信社所属の写真家だ。彼は2年前、「恐竜」の写真のプロジェクトを、手違いから始めることになった。

    Jorge Saenz

    彼はBuzzFeedに、どうやってプロジェクトが始まったか、話してくれた。

    2年前、私は iPhone を購入して、道ばたや日常の写真を、毎日撮影してたんだ。

    この頃私は Instagram に写真を投稿し始めて、あることに気が付いた。私はリビングで恐竜の写真を撮影して、他の写真と同じように Instagram にアップロードしていた。

    いつも、大体50~100の「いいね!」をもらっていたんだけれど、この恐竜の写真では「いいね!」の数が、すぐに200に到達した。どうしてこうなるのか不思議に思ったが、答えはすぐにわかった。

    2年前の最初の投稿から、サエンスは、ラテンアメリカの様々な場所で恐竜の写真を撮っては、Instagramに投稿してきた。

    Jorge Saenz

    蚤の市で購入した恐竜たちは、夕日の沈むビーチや、自然の滝など、色々な景色の中で撮影されている。

    Jorge Saenz
    Jorge Saenz

    いくつかの写真にはセリフを添えている。恐竜がその日のニュースについて考えたり、日々の出来事について思ったことを綴っているのだ。

    Jorge Saenz
    Jorge Saenz

    恐竜1:ここは、3回植民地になったんだな……。

    恐竜2:なんて美しい場所なんでしょう。

    サエンスはまた、恐竜たちのセリフを、気楽なものにしようと努めている。

    Jorge Saenz

    恐竜1:今年はサッカー面白くないな……。

    恐竜2:俺たちが水球でもやろうか?

    恐竜3:君は泳げるから、できるかもしれないけどさ。

    彼は、このプロジェクトによって、彼のInstagramのフォロワーが大幅に増えたと話した。

    Jorge Saenz

    サエンスは、プロジェクトを本格的に続けようと計画していることを付け加えた。「地球上に、今にも姿を現そうとしている恐竜が存在していないなんて、誰も言えませんよ!」

    Jorge Saenz

    サエンスの次の旅行先がどこであれ、彼の恐竜は必ずついていくだろう。

    Jorge Saenz