映画にでてくる女あるある「起きた瞬間ヘアスタイル完璧」「ブラとパンツはいつもお揃い」

    起きた瞬間からアイライン。ブラとパンツはいつもお揃い。死に物狂いで逃げる時もヒール。

    BuzzFeed読者に、映画の世界の非現実的な女性の姿をきいてみました。たくさん集まったけど、みんなよく見てる! リアルにそんな女はいなーい!

    1. 起きた瞬間からヘアスタイル完璧。

    Columbia Pictures

    「そういう人もいるかもだけど、髪の毛おろしたまま寝て、朝サラサラで起きるのはほぼ無理。個人的には髪が邪魔なので、結んで寝る派」

    —madelinep44f00b9af

    2. どんな時もヒール。

    Universal Pictures

    「どんな緊急事態でも、女性らしさを演出するためにヒール。『ジュラシック・ワールド』で、恐竜から逃げる時でもピンヒール。Tレックスとヴェロキラプトルに追われる女性キャラも、ヒールにスカート」

    —rachelh4813f3c57

    3. 10代女子の大人の女感(演じているのが成人女性なのであたりまえ)

    Paramount Pictures

    「学校を舞台にするなら、ニキビや歯科矯正器具しているリアルな10代に演じてほしい。学生役はいつも成人した大人の女性、肌もきれい。実際の高校にそういう人はいない」

    —brittanyd467510fc0

    4. 母親役と高校生役の女優の年の差がせますぎ。

    BAC Films / Magnolia Pictures

    「高校生役に25歳の女優、その母親役が35歳の女優というね」

    – Leigh Reinhart via Facebook

    5. ロングヘアをなびかせるアクションシーン。

    Marvel Studios

    「歩くだけでも長い髪が邪魔なのに、なびかせながら悪役をやっつけるなんて絶対無理」

    —subhapotterheadc

    6. ロングヘアをなびかせるスポーツシーン。

    Paramount Pictures

    「髪をおろしたまま運動する非現実さ。特に『アメリカン・ピーチパイ』で、アマンダ・バインズが後半フルで髪おろしたままサッカーするシーン。誰か、ヘアゴムあげて!」

    —samanthaj4618a7a2d

    7. すんなり生まれすぎ。

    CBS Films

    「子どもが生まれるまでが一瞬。陣痛の痛みを逃がす苦労や、呼吸を整える努力を描くフィクションなし。あと劇中で描かれる妊婦のお腹がいつも小さめ。臨月でも妊娠6ヶ月くらいのサイズ」

    —menakjulia

    8. セックスはブラしたまま。

    Universal Pictures

    「ブラ、キャミ、クロップドトップなど、就寝シーンやセックスシーンでトップスを着ていること多すぎ。または、シーツを顎まで引き上げているか。男性は裸で寝ているシーンが多いけど、女性も裸で寝るの好きな人多いはず。セックス中は全裸なはず。メディアは女性の乳首にビビりすぎ」

    —raptorneet

    9. すぐイク。

    Relativity Media

    「はじめて2秒でオーガズム。前戯無し。ゴムが必要かの避妊トークなし。ブラとパンツはおそろい。最中はブラしたまま。終わったあとにおしっこしないで、片付けもないまま、抱き合って眠る。どこまで非現実的なのか!」

    —jenniferh4e24263bc

    10. 常にブラとパンツがお揃い。

    20th Century Fox

    —tanyaf43091fd20

    11. 生理が話題にあがらない。

    Paramount Pictures

    「生理中の女性キャラや、生理についてトークしているシーンを見たことがない。月一の苦しみがないとか、魔法の国のユニコーンかなんかですか?」

    —leahkg

    12. 寝る前のハンドクリーム。

    CBS

    「寝る前にハンドクリーム塗るシーン多すぎません? これ、みんなやってんの?」

    —liviag4

    13. 女友達との会話は男に関することのみ。

    Paramount Pictures

    「友達と彼氏や気になる男性の話は確かにするけど、それ以外の話もしてるんですけど。読んでる本や、最近のワークアウトや猫やハリーポッターや神はいるかいないか、哲学的な話までいろいろしてるのに」

    —travilkedung

    14. ぽっちゃり系がぽっちゃりしてない。

    United International Pictures

    「ブリジット・ジョーンズも『ラブ・アクチュアリー』のナタリーも、ぽっちゃり設定だけどそんなぽっちゃりじゃない」

    —caitlinm18

    15. そもそも、みんな痩せてる。

    20th Century Fox

    「でてくる女性はみんなとても痩せている。別に女性のせいでも、痩せていることを責めるつもりもないけれど、もう少しふくよかな人がいてもいいと思う」

    —graciem4b0187b39

    16. クールな女性とは…。

    Paramount Pictures

    「他と違うクールな彼女みたいなキャラ=チキンウィングス食べて、スポーツ観戦して、ゲームしてる。それを、完璧なメイクにブランドものの服でやってるのが冷める」

    —masugahau

    17. ストレス解消=買い物を鉄板にしすぎ。

    Walt Disney Studios Motion Pictures

    「ストレス解消にクレジットカードMAXまで買い物して、えへへ!みたいなのはありえない。カードMAXになった方がよっぽどストレス。あと、ニューヨーク在住のフリーライターがブランドもののワンピースきて、2000ドル買い物するなんて絶対無理」

    —colleend9

    18. 世界の終わりがきてもフルメイク。

    Netflix

    「終焉系映画のフルメイク&ヘアスタイル完璧に萎える。ネトフリの『バード・ボックス』とか4年前に世界が崩壊したはずなのに、まつエクが完璧ってどういうこと?」

    —alisap47f9583b0

    19. ワーママ=仕事と私生活のバランスとれていない。

    20th Century Fox

    「映画にでてくるワーママたちは、みんな働きすぎて、家族の時間がないことに罪悪感を持っている。そもそも、働く父親の罪悪感は? 少なくとも私は、仕事と家族をうまくバランスとってハッピーに暮らしてる働くママ友をたくさん知ってるけどな」

    —emilybatsont

    20. 女性はみんな子どもほしい。欲しくないって言ってたキャラまで子ども授かるストーリー。

    Lionsgate Films

    – Kirsty Farnfield via Facebook

    21. シャワーシーンがセクシーすぎ。

    Paramount Pictures

    「女性が1人でシャワーを浴びるシーンは、必ずセクシー要素はいってくるけど、現実でシャワー浴びてるときにセクシーさなんてない」

    – Amy Gabriel via Facebook

    22. そのキャリア、その年じゃ無理。

    Warner Brothers

    「生まれながらの天才とかじゃない限り、二十歳そこそこの女優が演じてるような若い外科医とか天体物理学者とか歴史教授なんていません。そのキャリアを築くのには時間がかかりますから」

    – Diane Goodman via Facebook

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan