back to top

人生を変える18の習慣! 新年から始めちゃおう!

2018年お正月から始めて、よい1年にしちゃおう!

BuzzFeedの読者に、2017年に始めた習慣で人生を変えることになったものはないかを聞いてみました。寄せられたのがこの18のコメントです。

1. 寝室にできる限りパソコンを持ち込まない

Flickr: johnjeddore

「以前はいつも寝室までパソコンを持ち込んでいたんです。その結果、睡眠不足になり、ストレスも溜まっていました。そこで彼氏に頼んで、私に寝室にパソコンを持ち込ませないようにしてもらったんです。つまり、私は彼氏に隠れてこっそりパソコンを持ち込まなければならないということになり、チャットしていた友達も次第に私がパソコンを寝室へは持ち込めないと気づいてくれるようになりました。今、私はとっても気分爽快です。みんな、小さなことが人生を変えるよ!」

MendesIsBaeさんより

2. 小銭ができたら貯金箱などにしまう

Flickr: practicalowl

「お釣りに5ドル札があるたびに、ワイングラスに貯めておくことにしました。そうしたら数ヶ月で200ドルも貯められたんです。こんな額の貯金することに成功したのは生まれて初めてです。自分が今までいかに5ドルでコーヒーやガムみたいなものを買ってしまっていて、財布の中に硬貨しか残っていなかったかを思い知りました」

taylord477ea2a04さんより

3. スマホアプリhandy appで生理周期を把握する

itunes.apple.com

「生理周期の管理アプリを使うことは、絶対オススメです。今まで定期的にきたことがないというか、周期を把握するために記録をつけようとしたこともありませんでした。だから今まで生理がいつ来るかわからなかったんです。今はアプリのおかげで生理がいつ来るかがわかるだけでなく、身体的にも心理的にも自分のことがわかってきました

GretchenWeinersさんより

広告

4. ヨガを取り入れて、体と心に良いことをする

Flickr: campusrecreation_ucdavis

「数ヶ月前にヨガを始めました。ストレスフルな仕事をしているので、以前は不安感も強い状態でした。ところがある日、自分が通っているジムにヨガクラスがあることに気づいたんです。一度行ってみたら、一気に気分がよくなりました。今ではヨガクラスに通うことに加えて、寝る前や、時間があるときは朝や気が向いたときに家でヨガをやっています。ヨガでストレスレベルが下がったし、自分の体と心が以前よりもきちんと繋がっている感じがします。今までで最高の気分です!!」

– taniabutler708さんより

5. ヨガがちょっと大変だと感じたら、朝のストレッチの時間をとる

Disney

「毎朝10〜15分ほどのストレッチの時間をとっています。一日中地に足が付いているように感じるし、以前は靴のせいであちこちが痛いと思っていたけれど、ストレッチを始めてからはそんなこともなく、これ以上にないほど爽快な気分です。エネルギーが湧いてくるように感じるし、コーヒーで目を覚ますよりもはるかにしゃっきり目が覚めます。加えて、静脈瘤も小さくなっています。今年、本当にストレッチをやり始めてよかったです」

corellawさんより

6. バレットジャーナルで、自分の人生をきちんと管理する

Flickr: louise_marston

バレットジャーナルとはシンプルなノートに箇条書きを多用して手作りする手帳のこと。時間をかけて手の込んだレイアウトにする必要はなく、私は日記として印刷されているものを使ってぐちゃぐちゃ書き込んでいるだけです。このバレットジャーナルは、悪いことが起こった時に物事を俯瞰して見るのに役立っています。その結果、たいていのことはなんとなくやりすごせるようになりました。また、毎日一つ感謝の言葉を付け加えることにしていて、今までよりもたくさんの物事をこなせるようになりました」

– Anna Kingさんより(Facebookでの投稿)

7. ノンカフェインコーヒーに切り替えるのが無理なら、カフェイン半分のコーヒーに切り替える

Flickr: kendrak

「カフェイン半分のコーヒーならまだおいしいし、カフェインの量を適切にでき、よく眠れるようになります。どんなことがあっても、私は続けます」

jamesdoddさんより

広告

8. 必要なら、ソーシャルメディアをお休みする

NBC

「2017年の年明けから、2ヶ月半という長さでソーシャルメディアをお休みしました。特にものすごくソーシャルメディアを使っているわけではなかったけれど、自分が鬱憤ばらしや不満のはけ口のためにソーシャルメディアをずいぶん使っていることに気づいて、お休みはおもしろい挑戦になるだろうと考えました。

初めてやってみて、その後何度もやってみて、これはオススメしてもしきれないほど、オススメだと思いました。以前よりも集中できて頭がはっきりしているとわかるし、ストレスが減り、精神的に滅入ることも減り、人生全体をうまくコントロールできていると感じるのです。少なくとも私にとっては、ソーシャルメディアでの日々の鬱憤ばらしは合計するとかなり多く、それがどれだけ自分の心の健康に影響を与えていたかに気づくという結果になりました。100%オススメです」

kelseyd44429a6d3さんより

9. 集中力を散漫にさせる「通知」を切る

「スマホのほとんどの通知を切りました。Facebookの通知を切ったのはそのなかでも特に私の不安解消に役立ちました。最初は大変かもしれません。でも自分が通知を見たい時に見て、そういう気分でない時には見ないことを選択できるのは、とても気分がいいです」

Clynne9283さんより

10. 禁煙をしようとしているなら、アプリを使う

itunes.apple.com

「何年も禁煙をしようとしていましたが、このアプリのおかげでやり遂げました。禁煙を続けてもう8ヶ月です。Facebookのサポートグループにも入りました。もう胸痛も感染症もありません。SmokeFreeアプリがあるのとないのでは大違い。最初は禁煙したい気持ちも弱かった私を動かすほどなのです。

このアプリは、どれだけ健康になったか、どれだけお金を節約したかを記録できます。私は1472本のタバコを吸わないことで、寿命を62日も取り戻すだけでなく、600ポンド(約9万円)も節約しました。すごいでしょ!」

jennyb27さんより

広告

12. もしくは水を飲むために、Plant Nannyのアプリを使う

itunes.apple.com

「このアプリのおかげで、私は今や毎日水を飲んでいます。自分が水を飲んだと記録すると、植物に水やりをされる仕組みのアプリです。画面のかわいらしい小さな植物たちへの水やりの方が、自分がただ水を飲むだけよりも熱心に取り組めます。今私は12の植物をアプリ上で育てていて、全て大事にしています。それに、水を飲むことはやはり体にいいことですよね」

alliebaroneさんより

13. 「ごめん&すみません」の代わりに「ありがとう」と言う

ABC

「『ごめん』とか『すみません』の代わりに『ありがとう』ということにして、必要のない謝罪をやめようと思いました。たとえば、ストレスフルな仕事のせいで誰かに突っかかってしまったとしたら、『ごめんなさい』というのではなく、『忍耐強く付き合ってくれてありがとう』と言うのです。そのおかげで、誰の責任でもない小さな間違いが起きたときに、あちこち謝って回るようなことが減りました。それに、人々は感謝されるのが好きなものです。だから『ありがとう』は『ごめん』とか『すみません』に代わるすばらしい言葉なのです」

francesp48e85f596さんより

14. どんな小さなことでもいいから、自分に合うお肌のお手入れ方法を見つける

Flickr: perpetuallychic

「ひどい乾燥肌なのに今まで特に何もしてきませんでした。でも今年、メイク落とし、化粧水、美容液、保湿剤を使い始めました。私の肌は柔らかくなり、赤ら顔だったのが治りました」

xalianovnaさんより

15. スヌーズボタンを使うのをやめる

Fox

「最初は強い意志が必要でしたが、目覚まし時計のスヌーズをやめて一度で起きてしまう方が、1日をもっとちゃんと始められることに気づきました。身支度をする時間がもっと取れるし、もっとしゃっきり目覚められるように感じます」

chloem4350bba95さんより

広告

16. テイクアウトや宅配をやめ、自炊して節約する

Flickr: 41751012@N00

「『自分で作ることができるものは、テイクアウトや宅配をオーダーしてはいけない』というルールを作りました。私はネットで料理の宅配をよく頼んでいて、お金をたくさん使っていたのです。家の近くにはいくつか食料品店もあるし、私は料理が大好きなので、料理をしない理由は「怠惰」以外にありません。今私がオーダーするのは、寿司とか、自分へのご褒美だけ。しかも何ヶ月かに一度です。そのおかげで、ずいぶんお金を節約できました。(でも時にはジャンクフードが食べたくなるけどね)」

marissad415さんより

17. マインドフルネス(瞑想)を実践し、心を整える

Nickelodeon

「毎日1、2分でもいいから時間を取り、マインドフルネスを実践します。ストレスをまったく感じなくなったとは言わないけれど、とても助かっています。Headspaceアプリはすばらしいです」

– Emily Westcottさんより(Facebookでの投稿)

18. 振り返ったときにポジティブなことを見出せるように、「ハピネス・カレンダー」を作る

instagram.com

「『ハピネス・カレンダー』を作り始めました。毎日、私を幸せな気分にしてくれた物事を、ほんの数語で書き込むのです。始めた時は気分が落ち込んでいて悲しかったので、自分の幸せをちゃんと自覚できるようにと思って2017年から始めました」

cordi227さんより

この記事は英語から翻訳されました。