back to top

二度と思い出したくない辛い過去、飛行機でこんな恥ずかしい体験をした

主に、ウンコとオナラの話です!

BuzzFeed読者に飛行機での恥ずかしい話。上には上がいるから心配せずに旅にでよう。

1. 生理、ゲリ、ゲロ

一番最近飛行機に乗ったとき、4時間のフライトが100時間にも感じました。機内で生理が始まってしまったのですが、予定よりも早かったため生理用品は持ってなくて…。気がついたときには、ズボンにも、シートにも血が染みていました。

座席の血を拭き取り、持っていたジャケットを腰にまいてなんとかなったと思ったら、今度はお腹が痛くなってきました。機内で食べたものがよくなかったのか、お腹を下して何度もトイレに駆け込み、周りも私の腹痛に気づいていた様子。

さらに、トイレまで行く途中、いよいよ気分が悪くなりシート間の列で嘔吐。その上、ゲロですべって転ぶとういね、もう最悪!

2. 新人CAがぶち当たった言葉の壁

CAとして搭乗した初日。機内にいたお母さんから、赤ちゃんのミルクボトルを温めくださいとお願いされました。初日で慣れていなかった私は、先輩の男性CAに助けてもらうことに。

先輩CAは「これ、お母さんのディルドね、あったまったよ」と、温めたボトルを私に手渡しました。先輩はジョークのつもりだったのでしょうが、私の第一言語はスペイン語。ディルド(=大人のおもちゃのアレ)という英語を知らなかったため、私は赤ちゃん言葉か何かだと勘違い。

座席までいき、乗客みんなの前で「こちら、温めたディルドです」とニッコリ手渡し。9年前のことですけど、今でも昨日のことのように思い出します。

3. 予想以上のおなら

5歳か6歳のとき、アリゾナ行きの機内にて。昔も今も、オナラ多めの私ですが、アレはすごかった。もう少しで目的地というところで、かましたオナラ。

思っていた以上に大きなオナラで機内も静まり返るレベル。人の視線がいたかった。思えばあれ以来、人混みが苦手になった気が…。

広告

4. 隣に座ったのは憧れの人!

ロンドンからベルリンに向かう機内で、席が隣になったのはまさかのジェナ・マローン! ずっと好きだった女優さんでびっくり。とってもテンションあがったけど、その時、めちゃくちゃオナラがしたかった。

ジェナ・マローンの横でオナラはまずいと思って、トイレに行くことに。親切なマローンは席を立って私を通してくれたけど、まさにその瞬間にオナラがでてしまった。

音はしなかったけど、かなり臭かったのでジェナ・マローンも気づいたはず。

5. 奇跡の旅

カナダからドイツへのフライト、機内で映画を見ようと楽しみにしていました。映画のリストを見ていると『奇跡の旅』があったので、懐かしくて見ることに。

この映画がどれだけ泣けるか忘れてて、映画のラストで大号泣。その泣きっぷりは、隣に座っていた男性に「大丈夫ですか? CAさん呼びますか?」と言われるほど。

大丈夫です、映画のせいですと答えたものの、そのあと8時間ずっと気まずい空気でした。

6. 効きすぎた薬

祖父母と飛行機にのった時のこと。便秘だった祖父は、前日に便秘薬を飲んでいました。離陸してしばらくすると、機内に悪臭が。

着陸すると同時に、祖父に「お母さんに着替えのズボン持ってくるようにメールしてくれ」と言われて、すべてを理解しました。

7. 24時間ゲロの旅

インドに旅行した時、誤って水を飲んでしまいお腹を壊してしまいました。帰りのフライトでも、胸がムカムカ。エチケット袋を探すも見つからず、CAさんを呼ぶもなかなか来ない。

ついに、我慢できずに手の中に吐いてしまいました。しかも、両手で受け止めきれず、一部は両隣で寝ていた人々の上に。彼らが目覚めたあとも、言葉がわからなかったので、謝ることも説明することもできず。

さらに、帰宅するまでの24時間、ずっと自分もゲロまみれのまま。

広告

8. オナラからのオナラからのオナラ。

アテネへ帰国する朝、食中毒のような症状で目をさましました。なんとか飛行機に乗ったものの、胸のムカムカ、嘔吐、ゲリ、頭痛と散々な状況。中でもどうしようもなかったのが、とまらないオナラ。

しかも、めっちゃ臭い。オナラのたびにトイレに行こうとするも、ついでてしまうことも。隣に座っていた人に本当に申し訳なかった、めちゃいい人だったけど最悪だったと思う。ごめん。

9. カップルはいつも一緒!

バリ旅行からパリに帰るフライトで、お腹が痛くなりました。バリで辛いもの食べまくったせいだと思います。トイレに行かずに我慢していると彼氏に告げると、なんと彼も同じ状況。

2人でトイレを我慢していると、ついに2人そろってパンツの中にぶちまけ…。その後しばらく、辛いものと飛行機は受け付けませでした。

この記事は英語から翻訳されました。翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan