Posted on 2018年2月4日

    親友あるある。長年一緒にいる友だちとの間に起こること

    オナラもムダ毛も隠しごとなし!

    Becky Barnicoat / BuzzFeed

    1. 一緒にいるのに無言。でも、めっちゃ落ち着く。

    2. 家にわざわざ遊びに行ってからの昼寝。

    3. 親友不在の家で心底くつろぐ。

    4. 親友の台所に立って、自宅に招いたかのように料理を振る舞う。

    5. お互いの家族全員の黒歴史を知ってる。

    6. 会ったこともない、親友の親戚を嫌う。いい人ではないらしいから(ほんとに存在するのか怪しいけど)。

    7. 親友のパーティには誰よりも早く駆けつける。そうすれば、ゲストたちを待つ間、親友がリラックスできるから。

    8. 親友のパートナーが、誕生日プレゼントに何をあげようか悩んでいたら、もちろんアドバイスしてあげる。

    9. 大量のセルフィーを送りつける。SNSにアップしても大丈夫な、イケてる私を選んでくれるから。

    10. 他の誰にも見せられないアホ面セルフィーは、スナップチャットで送って笑いをとる。

    11. 「絶対、誰にも言わない」と約束して仕入れた秘密を共有する。親友に話すのは、バラしたうちにカウントしないので。

    12. 親友となら、くだらない用事を済ませるのも楽しい。

    13. 誰かの近況を覗き見するときは、お互いに自分のSNSアカウントを使わせる。

    14. 他の人とやりとりしたスマホ画面をスクショして送り、意見を求める。

    15. 髪型を大胆に変えるときは、ヘアサロンに一緒に来てもらう。もし失敗したら、慰めてくれる人がいないと帰れないもん。

    16. 病気になるたび症状を伝える。(医学の知識もないのに)病名を診断してくれるから。

    17. よくわかんない湿疹ができたり、扁桃腺が腫れたら患部の写真を送る。そうすれば、より詳しく調べてくれるから。

    18. 年を追うごとに、バースデーカードに気の利いたことを書くハードルが上がる。これまで散々送ってきて、そろそろネタ切れだよ…。

    19. 「自分、臭いかも?」と思ったとき、オブラートに包まず真実を教えてくれるのが親友。

    20. 脇の下の臭いだって、確認し合う。

    21. だから、親友がいつまでも髪ベトベトだったり、眉毛ボサボサのときは、いい加減どうにかしろと指摘してあげる。

    22. メイク道具を共有するのは当たり前。

    23. 見た目に自信をなくしてたら、光とか角度とか洋服のせいで、親友にはなんの問題もないと全力でアゲる。

    24. 目の前でブラを外すなんて余裕。

    25. どっちがいくら借りたかいちいち覚えてないから、いつもお互いにコーヒーや食事を奢り合う。

    26. 日々のくだらないことを報告し合う。買ったばかりの鍋について延々語ったり。でも、こういう雑談が後で意外と参考になるんだな。

    27. ネットで調べればすぐわかることでも、あえて聞く。だって、親友の意見の方が信用できるから。

    28. 親友がつく嘘に調子を合わせる。なんなら、さらにリアルっぽく盛る。

    29. ムダ毛が伸びるのがどんだけ早いか、突如生えてる謎の毛についても申告する。

    30. オナラは自然現象だもの。ただし臭い場合は、礼儀正しく警報を出す。

    31. 嫌がってる電話を代わりにかけてあげる。

    32. インスタグラムの写真に誰も反応してくれないときは、親友に最初の「いいね」を押してもらう。

    33. お互いの家の鍵を持ってる。

    34. 靴下を借りたら、さり気なく自分のものにする。

    35. 親友の両親と、自分の身内みたいに会話する。

    36.「あれを乗り越えたね」とか、「これを達成したね」とか、誕生日以外でお互いの大事な日をちゃんと覚えてる。

    37. しばらく話さなかったり、思い出さなかったとしても大丈夫。それは、お互いに「元気にしてるよ」ってことだから。

    この記事は英語から翻訳されました。翻訳:本間綾香 / 編集:BuzzFeed Japan