知ってた? あのヒーロー映画に隠されてる32の事実

    ヒュー・ジャックマンは凍るように冷たいシャワーを浴びて、ウルヴァリンの荒っぽい精神状態を作り出していた。

    先に言っておきます。リンク先が出典ですが、すべて英語です。

    1.キリアン・マーフィーはバットマン・ビギンズでバットマン役のオーディションを受けたが、製作側はスケアクロウの方が彼に合っていると考えた。

    2.クリスチャン・ベールは今では有名になった唸るようなバットマンの声でオーディションを受けたが、上手くいくかどうか自信がなかった。彼が妻にオーディションで使った声を披露したところ、「うーん、やらかしちゃったんじゃない?」と言われた。

    3.ダーレン・アロノフスキーはコミック本のイヤーワンに基づくバットマン映画を監督する予定だったが、元々はクリント・イーストウッド主演で年老いたバットマンを描こうとしていた。

    4.デッドプールに出演したモリーナ・バッカリンによると、ライアン・レイノルズの顔と体のメイクアップには7時間もかかったという。

    5.ライアン・レイノルズは全部で100個以上のイースターエッグ、カメオ出演、ポップカルチャーへの言及がデッドプールには隠されていると言っている。

    6. マイケル・B・ジョーダンはブラックパンサーの撮影現場で、自分が演じるキャラクターの寂しさや孤独感を再現するために周囲と距離を置いていた。

    7.ティチャラが着用しているブラックパンサーのネックレスはとても重そうに見えるが、実際は軽いゴムでできている

    8.ガル・ガドットはワンダーウーマンの再撮影時妊娠5ヶ月だったため、撮影チームは彼女のコスチュームに穴を開けてお腹に緑色の布を掛け、映像で膨らみが分からないようにした。

    9.ジョス・ウェドンは約1年前に「ワンダーウーマン」を撮影する寸前までいっており、コビー・スマルダーズが主役候補だった。彼女は後にLegoムービーでワンダーウーマンの声を担当した。

    10.マーゴット・ロビーはスーサイド・スクワッドの撮影で、安全具なしで文字通り壁を駆け上がるエレベーターの戦闘シーンを含めてほぼ全てのスタントを自分で行った

    Marvel Studios

    11. マイティー・ソー バトルロイヤルの「彼は仕事上の友人だ」の台詞は、メイク・ア・ウィッシュの支援で撮影現場を訪問した子供の発案だった。

    12.マイティ・ソー バトルロイヤルでは、はじめてマーク・ラファロがハルクの声を担当した。今までのMCU映画では、ルー・フェリグノがハルクの声を担当していた。

    13.同作のオリジナル版では死の間際にオーディンがニューヨークで路上生活を送っているシーンがあったが、試写での観客の反応があまり良くなかった。

    14.ワーナー・ブラザーズのCEOは、DCEU映画の上映時間への批判を受け、ジャスティス・リーグは2時間以内に収めるようにと命令を下したと伝えられている

    15.元々のジャスティス・リーグにはサイボーグになる前のビクターの人生を描いたシーンが含まれていたが、すべてカットされた。

    16.パトリック・スチュワートはローガンで、年老いて弱ったチャールズ・エグゼビアを演じるために約9キロ減量した。

    17.ヒュー・ジャックマンは撮影で使用したウルヴァリンのスーツと爪をすべて保管し、後にチャリティの募金集めのためにすべて売却した。

    18.ウルヴァリンを演じていた時のヒュー・ジャックマンは凍えるように冷たいシャワーを朝に浴びることで、演じる役の不機嫌な雰囲気を作り出していた。

    19.マーベル・スタジオと20世紀フォックスのキャラクターの権利問題により、クイックシルバーの誕生ストーリーはアベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロンでは異なったものになっており、彼がミュータントだという言及は一切なかった。彼の双子の姉であるスカーレット・ウィッチも同様。

    20.トム・ハーディはダークナイト・ライジングの撮影で、共演者たちと目線の高さを合わせるために約7.5cmの上げ底靴を履く必要があった

    21.ダークナイト・ライジングでジョーカーへの言及が一切なかったのには理由があった。クリストファー・ノーランは「どんな形であれ、現実世界の悲劇を組み込むことはしたくなかった。それは私にとって不適切なことに思えた」

    Warner Brothers

    22.当初ジャック・ニコルソンはバットマンでのジョーカー役を断っており、ロビン・ウィリアムズがオファーを受けていた

    23.エイミー・アダムスはマン・オブ・スティールでロイス・レイン役を得る前に2回オーディションを受けていた。

    24.ヘンリー・カヴィルのバットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生での台詞はわずか43回しかない(叫び声を除くと42回)。

    25.ジェームズ・キャメロンがスパイダーマンの映画を撮影すると噂されていた頃、レオナルド・ディカプリオがスパイダーマン役の交渉を行っていた。交渉は早い段階で打ち切られたとディカプリオは語っているが、脚本は用意されていた

    26.シェイリーン・ウッドリーはアメイジング・スパイダーマン2でメリー・ジェーン・ワトソン役でキャスティングされており、登場シーンの撮影まで行われたが、映画の流れをスムーズにするためにカットされた。

    27. スパイダーマン:ホームカミングの製作者は過去のスパイダーマン映画で描かれたことを繰り返し観客に見せるつもりはなかったため、ハリー・オズボーンやデイリー・ビューグルは登場しなかった。

    28.トム・ホランドはスパイダーマン:ホームカミングの撮影初日に蜘蛛の糸を作るための液体が入ったコンテナを落とし、そこら中に撒き散らしてしまったため、蜘蛛の糸で遊ぶことは許されなかった。

    29.また、彼がネタバレを喋ってしまうのを防ぐため、アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの脚本全体を読むことは許されていなかった

    30.ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックスの撮影中、デイヴ・バウティスタはドラックスのメイクを擦り落とすのが大変だったためサウナに入らなければならなかった。彼は専用のポータブルサウナまで持っていた。

    31.バットマン リターンズの撮影時、ミシェル・ファイファーはキャットウーマンの衣装を着るために真空パック状態になっていた

    32.バットマン リターンズで本物のペンギンを使うために、撮影現場は誰もが凍えるような寒さだった。ペンギンたちにはスタジオ内に独立した空間が与えられ、スイミングプールと冷凍されたドレッシングルームが用意されていた。

    この記事は英語から翻訳されました。