セラピストにオススメされた「ネガティブな思考を消す方法」を試してみた

    自分の思考や言葉で、無意識に自分のことを傷つけていませんか?

    こんにちは、BuzzFeedのジャスミンです!去年のはじめ、私はある決心をしました。

    BuzzFeed / Via Jasmine Vaughn-Hall

    それは「メンタルヘルスのケアに重点をおく年にする!」ということ。そして、セラピストの元に通うことにしたんです。

    結論から言うと、今までで最善の決心でした!

    セッションを何回か重ねて、ひとつの大きな結論にたどり着きました。私はめちゃくちゃ自分に厳しくて、自分に意地悪だったんです。

    Paramount Pictures / Via Giphy.com

    「これを他の人に向かって言ったら絶対喧嘩になる…」と思うようなことばを、自分にポンポン投げかけていたようです。

    心の中での発言でも、実際に口に出す言葉でも、無意識のうちに自分を傷つけていました。もう何年もこの状態で、すっかり慣れてしまっていたのです。

    X Factor Global / Via giphy.com

    この事実に気づかせてくれて、意地悪な自分と向き合う機会をくれたセラピストに感謝しています。

    「意地悪発言」の内容のほとんどは、自分を疑ったり、自分を落ち込ませるようなものでした。そこでセラピストは、具体的な対処法を提案してくれました。

    ネガティブな考えがよぎったり、心の中で唱えたり口に出したりしたくなったら、その内容を紙に書いて別の場所にしまいます。

    BuzzFeed / Via Jasmine Vaughn-Hall

    実際に試してみました。手帳や紙にネガティブな考えを書いては、それを折りたたんで古い靴箱に入れて、物理的に見えないような場所に片付けちゃう!

    BuzzFeed / Via Jasmine Vaughn-Hall

    (みて分かる通り、紙飛行機はけっこう荒れた日のものです(笑)大丈夫、こうやって書き起こしてやり過ごしました)

    1週間も経てば、箱にしまった内容なんて思い出せなくなっていました。意地悪な言葉が頭の中に居座っていることもなかったし、私自身それがどこにいっちゃったかなんて全く気になりませんでした。

    BuzzFeed / Via Jasmine Vaughn-Hall

    思考を書き留めて、それを物理的に自分から離すことは、私にとって採用しすい対処法でした。これまではネガティブな思考や意地悪な言葉が、私の可能性を狭め、精神的に追い込んでいたんです。今は、何にも邪魔されません!

    意地悪な自分を、完璧に克服できたわけではありません。

    Ella Mai / Via giphy.com

    それでも、ネガティブな言葉を書き連ねた紙を「ポイ捨て」することで、ネガティブな思考も「ポイ捨て」できるようになってきました。

    2021年も続けるつもりです✨

    Warner Bros. Pictures / Via giphy.com

    メンタルヘルスの問題や対処法は人それぞれですが、気になったらぜひ試してみてくださいね!

    この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:髙橋李佳子