ペヤング狂による、ペヤング狂のための、ペヤングを焼くだけのマシン

    「正直このホットプレートを売っても、全然利益はありません。ただただ自分たちがつくりたい商品をつくっただけです」

    ペヤングをもっと美味しく食べるには…

    答えは一つ。「焼く」

    この欲求を叶えるべく、大阪の家電・雑貨を企画販売するライソン株式会社は昨年11月、クラウドファンディングサービスの「Ready for」でペヤング専用ホットプレート『焼きペヤングメーカー』のキャンペーンを開始。

    するとおよそ2ヶ月で当初の目標金額の10倍を超える支援の獲得に成功しました。

    これが焼きペヤングメーカーだ!

    PR TIMES / Via prtimes.jp

    「フライパンで焼けばいいのでは?」などという疑問は野暮でしかありません。本製品は水分の蒸発率やソースの焦げ方を研究し、焼きそばを焼く温度設定に最適化された、まさにペヤングのためのホットプレートなのです。

    作り方を紹介しよう。

    PR TIMES / Via prtimes.jp

    水を入れたら電源オン。

    PR TIMES / Via prtimes.jp

    フタは捨ててしまいましょう。

    PR TIMES / Via prtimes.jp

    麺とかやくを入れる。

    PR TIMES / Via prtimes.jp

    しばらくしたら裏返す。

    PR TIMES / Via prtimes.jp

    ほどよく焼く。

    PR TIMES / Via prtimes.jp

    電源を切ったらソースを混ぜて。

    完成です!

    PR TIMES / Via prtimes.jp

    開発にあたりこだわったポイントは以下の4つ。

    1.「超大盛」にも対応したプレートサイズ。

    2.ガス火での火力を再現し、ペヤングを美味しく焼くためだけに最適化された温度設定。

    3.一番おいしくつくれる水の分量が測れる『計量器』付き。もちもちな仕上がりに。

    4.Wフッ素樹脂加工のプレートで、こげつきにくくお手入れ簡単。

    めちゃくちゃ本気じゃねぇか…。

    通常のペヤング焼きペヤングの違いは一目瞭然。

    PR TIMES / Via prtimes.jp

    麺にソースが染み込んで、より本格的な焼きそばへと変貌。これは試してみたくなる!

    利益はない。だけどやる。

    開発者はこのプロジェクトについてReady forでこう語ります。

    「この商品を通して私達は新しいペヤングを体験してほしいと考えています。正直このホットプレートを売っても、全然利益はありません。ただただ自分たちがつくりたい商品をつくっただけです。たまには利益度外視の商品があってもいいと思います」

    くっ…たかがペヤングに胸が熱くなっちまった…!

    商品の出荷は2月から3月を予定し、参考価格は2980円(税抜)。クラウドファンディング終了後は、全国の雑貨店、ディスカウントストア、量販店で販売する予定だそうです。