ウイスキーのうんちくを「これでもか!」と詰めこんだサイトオープン

    サントリースピリッツ(株)と海外旅行ガイドブック『地球の歩き方』が特設サイト「シングルモルトを、旅しよう。シングルモルトの歩き方」をオープンした。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    サントリースピリッツ(株)は、海外旅行ガイドブック『地球の歩き方』とコラボした特設サイト「シングルモルトを、旅しよう。シングルモルトの歩き方」を6月29日より開設した。

    suntory / Via suntory.co.jp

    シングルモルトとは、大麦麦芽のみを使用し、一つの蒸溜所でつくられたウイスキーのこと。

    スコットランドには100以上の蒸溜所が存在するが、それぞれのこだわり、水、原材料、風土によってまったく個性が異なる。

    このサイトは、シングルモルトを旅するように飲み比べ、至福の旅先を見つけてほしいという思いが込められているという。

    味はどう違うのか

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    サイト公開に合わせ、6種のシングルモルトが専用グラス付きで販売されている。

    左からボウモア12年、ラフロイグ10年、オーヘントッシャン12年、マッカラントリプルカスク、グレンフィディック12年、アードモアレガシー。

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    ハイボールにして飲み比べてみた。それぞれの特徴は以下の通り。

    ボウモア

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    「アイラの女王」とも呼ばれる、気品あるスモーキーフレーバーが特徴。

    潮の香りが魅力のアイラモルトの中でも最もバランスが良く、爽やかな柑橘香がたのしめる。

    ラフロイグ

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    ピート(燻製のような芳しい香り)の効いた麦芽から生みだされるシングルモルト。

    爽快なピート香や磯の香りを思わせる個性的な味わいで、世界中のウイスキー・ファンを魅了しつづけている。

    オーヘントッシャン

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    3回蒸留後、12年以上熟成して生まれる新世代のスタイリッシュ・シングルモルトウイスキー。

    スムーズな飲み口にアーモンドやキャラメル様の甘さ、シトラスの甘酸が漂い、ドライな感覚の余韻をたのしめる。

    マッカラン

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    ヨーロピアンオークのシェリー樽、アメリカンオークのシェリー樽、バーボン樽の3種の異なる樽で熟成させたマッカラン。

    華やかさと爽やかさが複雑に重なりあう、なめらかで繊細なバランスの良い味わい。

    グレンフィディック

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    世界で初めてシングルモルトウイスキーとして売り出されたパイオニア的存在。世界でもっとも飲まれているシングルモルトウイスキーともいわれる。

    新鮮な洋梨のようなフルーティな香りと、微量の樽香がもたらす複雑で上品な味わいが特徴。

    アードモア

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    ドライで爽やかなスモーキーフレーバーと、バニラのような甘い香りが特徴。

    独特のスモーキーフレーバーはピーテッドとノンピーテッドの麦芽2種を使った絶妙なバランスから生まれている。

    旅をするように飲み比べる

    suntory

    サイト内では図のようなルートでの飲み比べ提案や、それぞれのシングルモルト知識が細かく紹介されている。


    また俳優の加藤諒さんを起用したWEB動画「シングルモルトをはじめたばかりの男」、「シングルモルトの歩き方」もあわせて公開。すぐにでも使えるシングルモルトのうんちくが詰まった内容だ。

    amazon

    Amazonでもシングルモルトの歩き方 飲み比べブランドセット(専用グラス付きブック)が販売されている。

    価格は3300円から。6冊セットは3万1900円となっている。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    ※未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒は二十歳になってから。