Updated on 2019年12月26日. Posted on 2019年12月26日

    昭和の洗剤「ハイホーム」がお世辞抜きにすごい

    大掃除に使ってみてください。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    こちら昭和38年から売られているクレンザーです

    昔から売られているのでハイホームの存在は知っていました。

    爺さん婆さんがいまだに買っているから細々と売られているのだろう、自分には無関係の商品だと思っていました。意識的にスルーしていた訳です。

    しかし大掃除の時期だし、amazonで1000円弱だったので試しに買ってみました。こいつはとんでもない代物だ。

    テクスチャは硬めの泥パックのようです

    さっそくシンクを磨いてみましょう

    ビフォーを目に焼き付けてください

    スポンジにとって右半分だけ磨いていきます

    右側の水垢が消えたのわかりますか?

    それだけじゃない、水捌けも良くなりました

    わかりにくい?では蛇口を磨いてみましょう

    この通りピカピカ…すごいぞハイホーム!

    鍋もキレイになりました

    Via http://

    左右にスライドしてみてください、左がビフォー、右がアフターです。

    ちなみに色味の加工は一切していません。

    Via http://

    左右にスライドしてみてください、左がビフォー、右がアフターです。

    ちなみに色味の加工は一切していません。

    Via http://

    左右にスライドしてみてください、左がビフォー、右がアフターです。

    ちなみに色味の加工は一切していません。

    風呂掃除にも使ってみましょう

    なんと汚いオケでしょう。

    こんな汚れにはハイホーム

    この通りでございます

    だいぶよく見えますね!

    目に見える成果が得られるのでハイホームはオススメです

    メーカーホームページの使用用途をみると、油汚れや水あか湯あか、衣類、カーペット、運動靴までなんでもござれといった感じ。

    気持ちよく新年を迎えたいのならハイホームで掃除すべきです。ホームセンターやamazonで購入できます。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    BuzzFeed Daily

    Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

    Newsletter signup form