back to top

へぇー!学校じゃ教えてくれない「お盆雑学」

いつからいつまでとか、意外と知らなくない?

この慣わしが語り継がれ、旧暦7月15日にいろいろな飲食を盆に盛り、先祖を供養するようになったそうです。

先祖は野菜に乗ってやってくる

いらすとや / Via irasutoya.com

こういうの、実家で見たことありませんか?

これらはナスを牛、キュウリを馬に見立てたお供え物で、精霊牛(しょうりょううし)、精霊馬(しょうりょううま)と呼ばれています。

ご先祖様があの世とこの世を行き来する手段という、とても大切な役割を担っています。

広告

なぜ牛と馬なのか。

葬儀の問題解決サイトエンディングパークによると

* 精霊馬→少しでも早く家族の元に帰ってこられるように
* 精霊牛→景色を眺めながらゆっくり帰れるように

という願いが込められているそうです。

今年の盆踊りいつだっけ??

いらすとや / Via irasutoya.com

多くの地域ではお盆最終日の前日、15日に行われます。

本来は、帰ってきたご先祖様を供養し、送り出すために催される宗教行事の一つです。一方、帰省した人々の再会や、男女の出会いの場であったというエモい俗説もあります。

全国で大小様々な盆踊りが催されていますが、日本三大盆踊りといわれるのが秋田の「西馬音内の盆踊り」、岐阜の「郡上踊り」、徳島の「阿波踊り」。

中でも一晩中踊り明かす「郡上踊り」は、「そんじょそこらのクラブよりヤバイ」と県外ファンも増えているそうです。

広告

地域の送り火として大規模なものといえば、京都で行われる「五山送り火」が有名。また、嵐山の「灯篭流し」や長崎の「精霊流し」など、川や海に流す送り火も住民の心の拠り所として親しまれています。

  1. お盆って何する行事?

    Correct
    Incorrect
    地元に帰る行事
    Correct
    Incorrect
    親戚が集まる行事
    Correct
    Incorrect
    先祖を供養する行事
    正解!
    不正解!

    正解は先祖の供養

  2. 一般的なお盆の期間は?

    Correct
    Incorrect
    11日〜15日
    Correct
    Incorrect
    12日〜15日
    Correct
    Incorrect
    13日〜16日
    正解!
    不正解!

    正解は13日〜16日

  3. ナスやキュウリを飾る理由は?

    Correct
    Incorrect
    ご先祖様に夏野菜をお供えするため
    Correct
    Incorrect
    ご先祖様の送り迎えをするため
    Correct
    Incorrect
    お釈迦様の好物だから
    正解!
    不正解!

    正解はご先祖様のを送り迎えをするため

  4. 岐阜の盆踊り「郡上おどり」の特徴は?

    Correct
    Incorrect
    夜通し踊り続ける
    Correct
    Incorrect
    イヤホンをつけて踊る
    Correct
    Incorrect
    ディスコサウンドで踊る
    正解!
    不正解!

    正解は夜通し踊り続ける

  5. お盆初日は迎え火、最終日は何をする?

    Correct
    Incorrect
    送り火
    Correct
    Incorrect
    別れ火
    Correct
    Incorrect
    歌い火
    正解!
    不正解!

    正解は送り火