仙台がとんでもない隠し玉を持っていた…この「超肉厚牛タン」はいくらなんでもヤバすぎる。

    仙台「肉のいとう」の厚切り牛タンに驚きました。ステーキのように厚みがあるのに、サクッと柔らかい食感。そして溢れ出す肉汁。牛タンの概念が覆ります。

    焼肉好きに知ってほしい仙台の「超肉厚牛たん」があります。

    この肉厚っぷりを見てほしい。

    肉のいとうの厚切り牛タンは冷凍で届きます。まさに肉塊です。

    しっかり500gありますよ。

    冷凍庫でゆっくりと解凍すると、全貌が見えてきました。

    丁寧に隠し包丁が入れてあります。これは期待できます。

    では焼いてみましょう。

    うぉぉすげぇ厚み。

    じっくりと焼いていくと、表面に旨汁(うまじる)がしたたってきます。

    よく焼けたらハサミで切るのですが、驚きました。「うちのハサミ、こんなに切れ味よかったっけ?」

    ひとくち頬張ると、もうすっごく柔らかい…今まで食べてきた牛タンのレベルじゃない!!

    切らなくてもいける。