キリンとJALの"リモート工場見学"がちょっと楽しそう!

    キリンビバレッジとJALが6月27日と28日の二日間、リモートで工場見学を無料開催する。

    キリンビバレッジ株式会社(以下 キリンビバレッジ)と日本航空株式会社(以下 JAL)は、「おうちで工場見学を楽しもう!!リモート社会科見学」と題し、各社の工場見学を生中継で無料公開する。

    第一弾は6月27日(土)13時よりキリンビバレッジ湘南工場、第二弾は6月28日(日)13時よりJAL羽田整備工場で開催される。

    日本マイクロソフトの技術協力の元、最新のMixed Reality(複合現実)テクノロジーを使い、ウェアラブルレンズで見ている内容をリアルタイムに配信する。最大2万人が参加できるという。

    「午後の紅茶ができるまで」を見学できる

    キリンビバレッジ株式会社提供

    キリンビバレッジの社会科見学では、「キリン 午後の紅茶」のペットボトルをつくる工程やラベルを密着させる様子を臨場感ある映像で体感できる。

    キリンビバレッジ株式会社

    また、製造工程のイラストが描かれた「見学ノート」を特設ページから印刷することで、工程をより理解しながら参加できる。

    JALはコックピットが見れるかも?

    JALの社会科見学では、格納庫で航空機が整備される様子を整備担当者の解説付きで見学することができる。また今回は特別にコックピットの様子も公開予定。

    当日は両社ともQA機能を使って双方向性のコミュニケーションを行うため、視聴者は質問や感想も送れるという。

    いずれも参加費無料で、視聴の事前登録は不要。詳しい視聴方法は特設サイトから確認できる。