生ビールのサブスク?キリンの「家用ビールーサーバー」が別格の美味しさでした

    キリンが今年から本腰を入れている家庭用ビールサーバー「Home Tap(ホームタップ)」を試してきました。

    キリンの家庭用ビールサーバー「Home Tap(ホームタップ)」をご存知でしょうか。

    kirin

    工場作りたてのビールが自宅に届き、小型ビールサーバーで飲める月額制サービスです。費用は8250円から。

    実は2017年から展開されていましたが、ビールサーバーの供給体制など、サービスの基盤が整ったことから本格展開に至ったといいます。

    2月から放送されているCMには中井貴一さんと天海祐希さんが出演し、こんな夫婦の会話を交わします。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    天海:いらないと思う。

    中井:いやいや、特別な生ビールが家で飲めるんだよ?

    天海:ビールなら家にあるし。

    中井:泡のクリーミーさが違うんだって。

    天海:そもそも贅沢。

    中井:おっしゃる通り。 ただそれ以上の価値があると思うんだ。

    ビールサーバーを導入したい夫と、いらないと振り切る妻の鍔迫り合い。

    どちらの言い分もわかります。美味いビールが飲みたいけれど、わざわざサーバーを置くまでもないんです。

    kirin

    しかし最終的には天海さんが折れたのでしょう。サーバーのビールを「うわ〜!んん〜〜〜!」と、やたら美味しそうに飲んでいます。

    どんだけ美味いんだよ。気になる。

    と思っていたら試飲する機会に恵まれました。

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    キリン主催の「ホームタップ体験会」にお呼ばれしたので行ってきました。

    まず目につくのは真っ白ボディと丸みのあるフォルム。ふわふわの泡をイメージしているのでしょうか。お餅のようにも見えますね。

    ゴツゴツとしたお店のビールサーバーと違い可愛らしいです。

    ちょっと存在感がある。

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    サイズは高さ40センチ、幅30センチ、奥行き30センチ程度。

    過度に大きいわけではありませんが、なかなか立派で存在感があります。

    さっそく飲んでみましょう。レバーを手前に引くとビールが。

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    奥に倒すと泡が出ます。

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    飲んでみると、そういうことか……体験したこのないクリーミーさだ。

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    んんーーー美味い。とにかく泡がキメ細かい!家で飲むビールとも、店で飲むビールともまた違います。

    泡の繊細な口当たりを「絹のよう」と表現することがありますが、まさにそれ。

    少し間をおいてもう一口飲んでみる。

    やっぱ美味い……ビール自体が美味いんだ。

    中身は常時3〜4種から選べます。

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    今回試飲したのはホームタップの定番ビールである一番搾りプレミアム。

    東北産の香り高いホップ「IBUKI」をふんだんに使用し、特殊な製法でつくられています。

    通常の一番搾りよりもアルコール度数が少し高めで、まろやかさと甘みを感じました。

    他にも期間限定のクラフトビールが。

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    爽やかな飲み⼝と、華やかな香りが特徴のブルックリンラガー。

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    フルーティで華やかな香りと上質な苦味をたのしめるグランドキリンIPA。

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    白ワインのようになめらかで、やわらかな⼝あたりのグランドキリンWHITE ALEなど、季節に合わせたクラフトビールが登場します。

    毎月2回、任意のスケジュールで届きますが、スケジュールに合わせて届け日を変更したり、中身を変えたりすることも可能です。

    美味しく飲める工夫がされている。

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    ビール容器は、酸素の透過しない特殊なコーティングのペットボトルを使用。

    本体は飲みごろを保つため、約5度に保たれているそうです。小さな冷蔵庫のような仕組みだそうです。

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    中はひえっひえ。ボトルの取り付けも簡単でした。

    ほかにもクリーミーな泡付けが簡単にできるようにするなど、本格的な生ビール体験のために徹底的にこだわっているといいます。

    「工場のタンクから飲む味を届けたい」

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    体験会の序盤でホームタップ担当者の山口洋平さんのプレゼンテーションがあり、開発にかける思いをこう話していました。

    「キリンビールでは新入社員のとき、まずビール工場で数ヶ月研修をします。

    醸造工程やパッケージングを学ぶのですが、工場のタンクから飲むできたてのビールが美味しいんです。

    あの時味わった美味しさを、なんとかお客さまにお届けできないか。

    またそれを最高に美味しく楽しんでいただくための届け方や、ビールサーバーを含めて開発できないかというのが起点となっています」

    たしかにビール工場で飲むビールは別格なんですが、ホームタップで飲むビールはそれに近い美味しさを感じました。

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    好きなときに好きなだけ美味しいビールが飲めるのも魅力的です。

    例えば休みの日のランチや、食事のシメにちょっとだけビールに戻りたいとき、お風呂上がりに1缶は多い。

    そんなちょっとだけ飲みたいシーンにも、ホームタップが重宝しそうです。

    会員制 生ビールサービス「キリン ホームタップ」概要

    <月4Lコース>(税込)

    月額費用8250円~

    内訳:基本料金3190円+ビール料金5060円~(1L×2本セット×月2回)

    <月8Lコース>(税込)

    月額費用1万2430円~

    内訳:基本料金3190円+ビール料金9240円~(1L×4本セット×月2回)