無印で「鳩時計」を買った同僚が衝撃の事実を教えてくれた

    へぇーーーー!!!ってなりました。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    「鳩時計の鳩って、鳩じゃないんですよ」

    BuzzFeed

    リモート会議中に同僚がきりだした。

    画面上に沈黙が流れるも、続けざまにこう話す。

    「あれカッコウなんですよ、知ってました?」

    え、この人はなにを言っているんだろう。会議中ですよ?

    不穏な空気の中、参加者全員がソワソワしていた。

    ………あれ鳩じゃないの?

    もはや意識は 会議 < 鳩 だ。

    教えてくれよ鳩の話を。

    BuzzFeed

    聞けば2月13日の地震で壁掛け時計が落ちたので、無印良品で鳩時計を買ったという。価格は5490円。

    少々高いが、白くてオシャレで一目惚れだったそうだ。

    あまりの可愛さに鳩時計のルーツを探ったところ、鳩じゃない疑惑にたどり着いたらしい。

    この鳥は何者か

    BuzzFeed

    同僚いわく、話は19世紀のドイツにさかのぼるという。

    とある行商が旅をしながら「鳥が顔を出して時報を知らせる時計」を売り歩いていた。

    この時計は『クックークス・ウア』と呼ばれていて、カッコウ時計という意味だそうだ。

    オリジナルがカッコウだったのだ。

    ちなみに英語でも「Cuckoo Clock(カッコウ時計)」と呼ばれている。

    なぜ鳩になった?

    こちらの話は戦後の日本にさかのぼる。

    輸入されたカッコウ時計を販売する際、カッコウから鳩に変更された。

    カッコウは"閑古鳥がなく"ことを想起するから縁起が悪いとされ、平和の象徴である鳩に置きかえられた…

    という説があるらしい。

    BuzzFeed

    「…………………………」

    BuzzFeed

    「こんにちは、カッコウです」

    鳴き声を聞いてみましょう

    BuzzFeed

    脈々と受け継がれた伝統が無印良品にたどり着き、今日も同僚の部屋でカッコウカッコウと鳴いている。

    しかも明暗センサーがついていて、室内が暗くなると鳴かない。

    とっても偉くて愛おしい。

    ちなみにこの無印良品の鳩時計は手作りの鞴(ふいご)を使用し、温かみのある鳴き声だそうです。

    というわけで同僚の評価はこう。

    可愛さ ★★★★★

    便利さ ★★★★☆

    コスパ ★★★★☆

    この無印の鳩時計はAmazonでも買える。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。