これは美味いぞ…「泡が出る缶ビール」に感動が隠せない

    アサヒビールの新商品「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を試しました。開けた瞬間、泡が溢れ出てきます。

    気兼ねなく居酒屋のビールが飲みたい。

    キンキンに冷えたジョッキで、ふわっふわな泡に口をうずめて流し込みたい…

    それ、コンビニで叶います。

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    こちらは泡が出る缶ビール「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」です。

    ジョッキのようなビールが体験できるというにわかに信じがたい商品ですが、これが本当に凄かった。

    蓋がパカッと全部開くタイプ。開けてみると…

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    おおおおおおおおおおお!!!!

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    泡が溢れてきた!

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    興奮して思わず声が出てしまします。

    そもそも缶ビールはふきこぼれを防ぐため、泡を出さない作りになっています。その常識をアサヒが覆したことに驚きです。

    開けた瞬間をご覧ください。

    飲んでみると、缶ビールの味じゃあない。

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    飲み口が広いのでジョッキのようにゴクゴクと飲めます。

    そしてとにかく香りが凄いです。

    ビールにおいて泡は"香りの蓋"の役割を果たしています。生ジョッキ缶は缶ビールにも関わらず、ホップの香りが楽しめるのです。

    ところでなぜ泡が出るのか。その秘密は蓋の内側の特殊塗料。

    詳しくは4月13日に公式サイトにて公開される開発者インタビューをご覧ください。

    安全にもこだわりが

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    飲み口が鋭利なんじゃないかと心配でしたが、見ての通り丸みを帯びています。

    アルミの端を丸めて接着することで、手や口が切れる心配がなくなったそうです。

    全国発売は4月20日。コンビニエンスストアでは4月6日から先行発売されています。

    Hiroshi Ishii / BuzzFeed

    泡が出る衝撃ったらありません。

    ちなみに生ジョッキ缶は温度によって泡立ちが変わります。

    飲み頃温度は4~8℃。12℃以上だと吹きこぼれることもあるので、よく冷やしてから楽しんでください。

    ※未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒は二十歳になってから。