Posted on 2016年10月26日

    冷蔵庫にある具材で。風邪の引きはじめにはマグカップで作る「梅スープ」

    お鍋は不要です

    だんだんと寒くなってきて、体調を崩す人も多いこの季節。

    「梅スープ」なら、風邪気味の体に嬉しい栄養をまとめて摂取できます。

    用意するものはコレ。お鍋は使いません。

    Hirona Kobashi / BuzzFeed

    材料はこちら。

    • 生姜
    • 玉ねぎ(みじん切りで1/8程度)
    • じゃがいも(みじん切りで1/4程度)
    • プチトマト(切れ目を入れたものを2〜3個)
    • 梅干し(切れ目を入れたものを1〜2個。甘いものがおすすめ)

    生姜には体を温める効果が、梅干しに含まれるクエン酸には疲労回復の効果があります。トマトはビタミンCが豊富です。

    1.玉ねぎとじゃがいもをマグカップに入れ、レンジで3分。

    Hirona Kobashi / BuzzFeed

    マグカップに水を注ぎ、刻んだ玉ねぎとジャガイモをいれます。ラップをふわっとかけてレンジで3分(600W)加熱。

    煮立って溢れ出ないよう、注意しながら温めてください。

    2.柔らかくなったところに、プチトマトと梅干しを投入。もう一度温める。

    Hirona Kobashi / BuzzFeed

    3分たったら、残っている梅干しとプチトマトを投入します。

    こちらも溢れ出ないよう注意しながら、90秒ほど温めます。

    3.生姜を入れて、完成。

    Hirona Kobashi

    温まったら、チューブの生姜を3〜6cmほど入れて完成です。梅干しとトマトを溶きながらどうぞ。

    味つけは梅だけですが、控えめでさっぱり飲みやすい。トマトや生姜とも相性抜群で、じゃがいもはほどよく歯ごたえが残ります。

    肌寒いこの季節にピッタリのスープです。