back to top

We’ve updated our privacy notice and cookie policy. Learn more about cookies, including how to disable them, and find out how we collect your personal data and what we use it for.

青春の思い出がここに。「mixi」で学生時代を過ごした人にしかわからない10のこと

ありがとうmixi

1.「マイミクよろしく」の挨拶

まずはここからスタート。

2.紹介文が人間関係の縮図

人望の有無は紹介文で明らかにされる。

3.足跡にドキドキ

広告

めっちゃ確認してた。自分の足跡はこまめに消す。

4.え、ログインしてるのにメール返信してくれない…

「ケータイ開いてるのに…」ってなる。

5.招待制で敷居が高かった時代もあった。

広告

なんだったんだろう、あの特別感。

6.同じ学校にいてもHNと本名がなかなか一致しない。

高1時代ぼく「mixiでいろんな人と絡んだなぁ。あれ?でも学校では誰からも話しかけられない…ま、いいか😊」

リアルな繋がりもあるんだけど、何だかふわっとしてる。facebookにはないこの感じ。

7.「寂しがり屋さん集まれ\(^-^)/」みたいなコミュ

広告

趣味系のコミュニティだけじゃなくて、謎なコミュニティもあった。

8.バトンという謎文化

ひたすら答えまくる。

9.日記が地獄

黒歴史です。

10.mixiでの絡みがリアルな人間関係に繋がったり。

オフ会で思い出したけど、今「リア友」と呼んで仲良くしている人の多くは10年近く前、mixiのオフ会で出会った人たちなんだよなぁ。飲みオフだったり、カラオケオフだったり、アーティストのファンのオフ会だったり。。。そういう出会いから今も繋がりがあるって凄いなぁ、、、と改めて思った。

同じ学校でも普段関わらない人とか、mixiきっかけで仲良くなることもありました。