go to content

時代だなぁ。あの頃のギャル雑誌が、ビックリするほどキャラ変してた

10年前と今

1.あの人気ギャル雑誌が、気づけばこんなにふわふわしてた。

ぶんか社

雑誌『Ranzuki』が、2016年10月号で休刊となります。

かつて“ギャル系”ファッションを先導していたRanzukiですが、10年でこんなに大きな変化がありました。

「黒肌宣言」が「白肌ってだけでムテキにかわいい♡」に。ロゴからしてぜんぜん違いますね。

ぶんか社

雑誌『Ranzuki』が、2016年10月号で休刊となります。

かつて“ギャル系”ファッションを先導していたRanzukiですが、10年でこんなに大きな変化がありました。

「黒肌宣言」が「白肌ってだけでムテキにかわいい♡」に。ロゴからしてぜんぜん違いますね。

← スライド →
ぶんか社

雑誌『Ranzuki』が、2016年10月号で休刊となります。

かつて“ギャル系”ファッションを先導していたRanzukiですが、10年でこんなに大きな変化がありました。

「黒肌宣言」が「白肌ってだけでムテキにかわいい♡」に。ロゴからしてぜんぜん違いますね。

2.10年前、Popteenの表紙にウサギが登場するなんて誰が予想しただろう。

角川春樹事務所

『Popteen』もギャル系雑誌として人気を博しました。

10年前の表紙には「これが最強! 『太陽系』夏メイク」の文字が並びます。懐かしいファッションに時代を感じずにはいられません。

2016年現在、真っ白なニットに身を包んだモデルはウサギを抱いています。

角川春樹事務所

『Popteen』もギャル系雑誌として人気を博しました。

10年前の表紙には「これが最強! 『太陽系』夏メイク」の文字が並びます。懐かしいファッションに時代を感じずにはいられません。

2016年現在、真っ白なニットに身を包んだモデルはウサギを抱いています。

← スライド →
角川春樹事務所

『Popteen』もギャル系雑誌として人気を博しました。

10年前の表紙には「これが最強! 『太陽系』夏メイク」の文字が並びます。懐かしいファッションに時代を感じずにはいられません。

2016年現在、真っ白なニットに身を包んだモデルはウサギを抱いています。

3.“強め系”なんて言葉もありました…。

ぶんか社

一口にギャル系と言っても、いろんなジャンルに枝分かれしていましたね。

『JELLY』といえば“強め”。言葉の響きがもはや懐かしい。

今年の9月号は「オルチャン風がカワイイ!」です。

ぶんか社

一口にギャル系と言っても、いろんなジャンルに枝分かれしていましたね。

『JELLY』といえば“強め”。言葉の響きがもはや懐かしい。

今年の9月号は「オルチャン風がカワイイ!」です。

← スライド →
ぶんか社

一口にギャル系と言っても、いろんなジャンルに枝分かれしていましたね。

『JELLY』といえば“強め”。言葉の響きがもはや懐かしい。

今年の9月号は「オルチャン風がカワイイ!」です。

4.“ギャル時代”=“倖田來未の時代”だった。

主婦の友社

「強くエロく美しい、セクシー新時代へ」。こんな言葉、当時はよく聞いた気がします。

10年前はちょうど『夢のうた』や『恋のつぼみ』がリリースされた頃で、倖田來未の絶盛期でした。

ファッションアイコンとしても活躍していましたが、最近はぜんぜん見かけませんね…。

主婦の友社

「強くエロく美しい、セクシー新時代へ」。こんな言葉、当時はよく聞いた気がします。

10年前はちょうど『夢のうた』や『恋のつぼみ』がリリースされた頃で、倖田來未の絶盛期でした。

ファッションアイコンとしても活躍していましたが、最近はぜんぜん見かけませんね…。

← スライド →
主婦の友社

「強くエロく美しい、セクシー新時代へ」。こんな言葉、当時はよく聞いた気がします。

10年前はちょうど『夢のうた』や『恋のつぼみ』がリリースされた頃で、倖田來未の絶盛期でした。

ファッションアイコンとしても活躍していましたが、最近はぜんぜん見かけませんね…。

5.そんな中、ただひとつ変わらない安定のageha。

主婦の友社

唯一、まるで変わらないのが『小悪魔ageha』です。

表紙の雰囲気もそのままですね。

2014年には休刊し、「ギャル時代がついに終わった」などと世間を騒がせましたが、その一年後には隔月の刊行というかたちで復活を果たしています。

時代も気にせずまったくブレないageha、恐るべし。

主婦の友社

唯一、まるで変わらないのが『小悪魔ageha』です。

表紙の雰囲気もそのままですね。

2014年には休刊し、「ギャル時代がついに終わった」などと世間を騒がせましたが、その一年後には隔月の刊行というかたちで復活を果たしています。

時代も気にせずまったくブレないageha、恐るべし。

← スライド →
主婦の友社

唯一、まるで変わらないのが『小悪魔ageha』です。

表紙の雰囲気もそのままですね。

2014年には休刊し、「ギャル時代がついに終わった」などと世間を騒がせましたが、その一年後には隔月の刊行というかたちで復活を果たしています。

時代も気にせずまったくブレないageha、恐るべし。

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss