気づけばこんなに…。休刊した懐かしの雑誌たち

    読んでた…

    1.2016年、AneCanが休刊。

    小学館 / Via amazon.co.jp

    先日、『AneCan』が2016年12月号で休刊することを発表しました。

    こちらは創刊して間もないころの一冊。「姉」の単語がさまざまなファッション誌に登場していた時代です。

    2.「女の子が初めて手に取るファッション誌」も。

    学習研究社 / Via amazon.co.jp

    『ピチレモン』のキャッチフレーズは「女の子が初めて手に取るファッション誌」です。宮崎あおいや長澤まさみを輩出しています。

    小・中学生に絶大な人気を誇りましたが、昨年休刊してしまいました。

    3.セレブ、流行ったなぁ。

    アシェット婦人画報社 / Via amazon.co.jp

    今年の10月に休刊を発表したのが、『ELLE girl』です。『ELLE』の若い世代向けとして刊行されていました。

    こちらは、ちょうど『ゴシップガール』が流行っていたころの2009年10月号です。

    4.ギャル雑誌、金字塔がついに倒れる。

    ぶんか社 / Via amazon.co.jp

    ギャル文化を牽引した『Ranzuki』が今年の10月号をもって休刊しました。

    “黒ギャル”が街を歩いていたのも、もう10年以上前のことです。

    5.PINKY、覚えてる?

    集英社 / Via amazon.co.jp

    鈴木えみや佐々木希の名前を世に知らしめた人気雑誌でしたが、2010年2月号で休刊しています。

    6.大学生くらいになると読んでた。

    日之出出版 / Via amazon.co.jp

    “カジュアル系”の代名詞『SEDA』も、2016年7月号を最後に休刊しました。

    2006年には大塚愛が表紙に登場しています。

    7.こんな雑誌もありました。

    主婦の友社 / Via amazon.co.jp

    北乃きいや成海璃子を輩出したティーン誌『Hana*chu』も2011年に休刊しています。

    「プリ帳・手帳・交換ノート」の文字が懐かしい。

    8.あの青文字系雑誌も歴史に幕。

    宝島社 / Via amazon.co.jp

    1989年に創刊した『CUTiE』も昨年の9月号で歴史に幕を閉じました。

    こちらはちょうど10年前の、2006年の12月号。表紙は土屋アンナです。

    なんだか時代を感じますね。