表現が独特すぎて香りのイメージがつかないシャンプー 6選

    陽だまりのあたたかさの‥香り‥?

    最近、ドラッグストアにいくたびに「シャンプーの香り説明が長すぎる」と思うようになりました。

    いらすとや / BuzzFeed

    今回は特に「長すぎて一体なんの香りなんだ」と思ったものをまとめます。

    1. 「ときめきスイートタイムが続くジューシーブーケの香り」

    LOVEST by air Salon Quality Hair Care / Via amzn.to

    LOVEST by air サロンクオリティーヘアケア

    「ジューシーブーケ」はまだ花束だと理解できます。でもその前の「ときめきスウィートタイム」でちょっと脳が停止する感じがあります。使えばわかるのでしょうか。

    2. 「みずみずしさと爽やかさあふれ出すフローラルフルーティーの香り」

    ツバキ(TSUBAKI) / Via amzn.to

    TSUBAKI オイルエクストラ クールシャンプー

    フローラル=お花、フルーティー=果物で「いい匂いするんだろうな」とは思うのですが「爽やかさがあふれ出すってどういう状態…?」とパニックになります。

    3. 「みずみずしく可憐な山桜 三分咲きの香り」

    いち髪 / Via amzn.to

    いち髪

    桜の香りはわかります。でも「三分咲き」の香りがわかりません。

    わたしが知ってる桜は何分咲きの香りなのでしょうか。三分ってもしかしてほとんど香らないんじゃないか…と余計なことを考えてしまいます。

    4. 「陽だまりのあたたかさと透明感のある、心地よいエレガントフローラルの香り」

    ディアボーテ / Via amzn.to

    ディアボーテ オイルインシャンプー

    「陽だまり」「あたたかさ」「透明感」と元気な運動部みたいなワードをたくさん持ち出しておいたあとに「エレガント」がきて少し不安になります。

    5. 「ヘルシーフルーツの香りはじけるサニーゴジベリーの香り」

    ラックスルミニーク / Via amzn.to

    LUX(ラックス) ルミニーク

    短いしだいたいわかるのですが「サニーゴジベリーって何」これにつきます。調べたら「クコの実」で、思っていたベリーとはちょっと遠くてまたパニックでした。

    6. 「月夜に恋人を待つロマンティックな気分をイメージしたスイートフローラルアロマの香り」

    ソフランアロマリッチ / Via amzn.to

    ソフラン アロマリッチ 柔軟剤 ジュリエット

    後半だけ読めば「フローラルの香り(要約)」なのですが「月夜に恋人を待っている」という設定がつけられています。そんな状況にトリップできるならちょっと買いたい…と思ってしまう自分もいて焦りました。