back to top

【黒歴史】昔のガラケーを持ち寄って「せーの」で電源を入れたら即死した

〜ようこそ黒歴史〜

先日、部屋を掃除していたら

中学〜高校時代に使っていたガラケーを発掘しました。一番古い機種は9年前に発売されたものらしい。

広告

「青春時代の自分」が詰まっているガラケー。充電器に差したら赤く光った。こいつまだ動くぞ。こわい。こわすぎる。


友人を巻き添えにする

1人で見る勇気がなかったので、ガラケーを保管していた友人を集めて、みんなで開いてみることにした。

全員ひたすらに「どんな恐ろしい画像が出てくるかわからない」「本当に開きたくない」とつぶやいている。

まずは外装から鑑賞する

広告

ひっくり返すと……。

「うわ!!! こういう貼る奴いた〜!」

「わざわざ充電カバーの裏に、彼氏のプリクラとか貼る奴もいたな」

広告

持ち主「あった」


まだ電源を入れてないのに、もう瀕死状態になってしまった。まだ序盤なのにだ。どうなってしまうのか。


いよいよ電源を入れる

本日のメイン作業、電源を入れて過去と向き合う時間に。

広告

「ついた! ついた! とりあえずデータフォルダ開けますね」


試しに「す き よ」フォルダを開いてみる。

広告

画像フォルダは、懐かしいコラ画像やプリクラであふれていた。受験生っぽい格言や「センター試験まであと何日」というような画像もたくさんある。



黒歴史の総本山、メールフォルダへ

懐かしい画像に打ちのめされたが、本番はここからだ。毎日せっせと誰かとやり取りをしていた、メールフォルダを開くのである。

メールフォルダは、データフォルダよりも「恋愛」の足跡がくっきり残っているらしい。こんなに恐ろしいことはない。

ここで「さっきから撮影しているお前はどうなんだ」と指摘が入った。

いつもなら、高校生らが「結婚するもん」と、彼氏とのプリクラをTwitterに投稿しているのを見て「いまの若い子は〜」と言う側だ。しかし我々にそんな資格はもうない。

ワンセグ/赤外線は現役

しかし、いくつかいいこともあった。まず、ワンセグがまだ使えるのだ。


数々の「過去」に蝕まれた会だったが、感じたのは「人間の進化」だった。

ガラケーからiPhoneに技術が進化したように、いくらヤバいメールを送っている奴でも、いつかは大人になるのだ。

無理やりいい話にしたところで終わろうと思います。


Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss