back to top

難民の子どもたちの肖像 第二次大戦の時と、変わらぬ姿

第二次世界大戦以降、難民の4分の1以上は子どもたちだ。

2015年、100万人以上の人々が暴力から逃れるため故郷を離れ、陸路や海路を経てヨーロッパに渡った。欧州の各国政府は押し寄せる難民の波への対応に追われている。

2015年に安住の地を目指した多くの人々の姿は、1945年の第2次世界大戦終戦後に見られた姿と重なる。

ユニセフが編集したフォトエッセイの中で、第二次世界大戦後の難民と今日の難民の不思議なほど似通った姿を見ることができる。そして、その4分の1は子どもたちである。

(左)1950年頃のギリシャ。紐でたくしあげたソックスを履き、大きすぎる大人用の靴を履く少年。

(右)2015年ゲヴゲリヤで、シリアの混乱から逃れてユニセフ支援のチャイルド・フレンドリー・スペースで衣類を着替えた後、息子Basherの靴紐を結んであげる父Jamal Majati。

広告

(左)1949年イタリア、ナポリのSanta Genoveva Institute孤児院で、新しいドレスを作るための採寸時に微笑む少女。

(右)2015年Tabanovceで、新しい冬用の衣類を配給されるマケドニア旧ユーゴスラビア共和国、シリア、アフガニスタン、イラクからの難民。

(左)1950年頃、イタリアでサッカーを楽しむ、体に障害がある子どもたち。

(右)2015年、マケドニア旧ユーゴスラビア共和国の難民・移民収容センターでサッカーをする10代の子どもたち。子どもたちは、ゆっくり体を休め、心のケアを受けられる安全な場所を必要としている。

Hayes Brown is a world news editor and reporter for BuzzFeed News and is based in New York.

Hayes Brownに連絡する メールアドレス:hayes.brown@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.