• stayhomejp badge
  • covid19jp badge

柴咲コウ、ムロツヨシ、高橋一生「チーム直虎」が集結!今だからこそ「テレワークドラマ」の舞台裏

柴咲コウさんも「ヘトヘトです」と話した過酷(?)な現場。どんな風に作られたのか聞きました。

新型コロナウイルスの影響で、各局のTVドラマが放送、撮影を見合わせている昨今。

そんな中、NHKが“テレワークドラマ”の制作を発表しました。『今だから、新作ドラマ作ってみました』と題したシリーズで、5月4日、5日、8日夜にそれぞれ1話ずつ放送します。

NHK / Via nhk.jp

ハワイでの結婚式が中止になってしまったカップル、亡くなった妻とビデオチャット越しに再会するサラリーマン、外出自粛で閉じこもっていたら「会いたい」と思った人と魂が入れ替わってしまった男女3人――。

設定からして「新型コロナ時代」にチューニングされた世界観です。

NHK

第3夜「転・コウ・生」

外出自粛で家に閉じこもっていると、「あの人に会いたいな」という気持ちが募りますよね。するとなぜか、「会いたい」と思った人と魂が入れ替わる珍事が発生し…。シバサキコウがむろつよしと入れ替わり、今度は、タカハシイッセイとも入れ替わって大混乱!会いたいってこういうことじゃないんだ!果たして3人は元の体に戻れるのか。抱腹絶倒のファンタジー・コメディー。

第一夜は満島真之介さんと前田亜季さん、第2夜は小日向文世さんと竹下景子さん、第3夜は柴咲コウさんとムロツヨシさん、高橋一生さんが出演。

大河ドラマ『おんな城主直虎』の森下佳子さんが脚本を務めるなど、豪華なスタッフ、俳優陣も話題を呼んでいます。

スタッフ間の打ち合わせはもちろん、進行も演出指示もすべてWeb会議で。撮影はスマートフォン、カメラワークは俳優自身が担当し「テレワーク」で完結しています。一体どんなドラマに仕上がっているのかドキドキですね……!

youtube.com / Via youtube.com

柴咲コウさんの撮影の様子

今回のドラマ、どんな風に生まれたの? 連続テレビ小説「ごちそうさん」、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の制作統括などを手掛けてきた、編成局編成センター副部長の岡本幸江さんに聞きました。

(※取材は5月1日、Web会議システムを使って実施した)

こういう状況だからこそ物語を

――「テレワークドラマ」が実現するまでの経緯を教えてください。

ドラマの撮影は、どうしても人数が必要です。俳優がいて、たくさんのスタッフがいて、スタジオの中で「3密」を完全に避けるのはかなり難しい。

それでも長くドラマを作ってきた身として「どんどん収録が難しくなる中で何かできることはないだろうか」「こういう状況だからこそ新しく物語を届けられないか」という思いは強くありました。

私自身、何度も物語に救われてきた人間ですし、今だからこそちょっとクスッとできる、家族で温かい気持ちになれるものを届けたいなと。

NHK
NHK

第1夜「心はホノルル、彼にはピーナツバター」

婚約中の神林五郎(満島真之介)と森本千明(前田亜季)。五郎の転勤のため目下遠距離恋愛中だ。折しもこの春予定していた人生最大のイベント、ハワイでの結婚式は開催が中止に。うまく事が運ばないイライラと会えない寂しさ…。そんな思いを抱えながらも唯一の連絡手段となったビデオチャットで今日も二人のラブラブトークが始まる。ところが些細な行き違いから二人の隔たりが露わとなってまさかの破局にまで発展!?

――放送まではどんなスケジュールだったのでしょう?

企画を考え始めたのは3月終わり。第3夜の脚本の森下(佳子)さんにお声かけしたのは4月の初め、緊急事態宣言が出るか出ないかの時期だったと思います。

「こういうのできないかなぁ」と言ってから、ゴーサインが出てから1週間かかってないですね。

プロットができるまで1週間、脚本ができるまで10日くらい、出演者にオファーしたら10分で返事が来る、2週間後には撮影開始……とかなりのスピードで進んでいきました。

今このタイミングだからできること、という意識が共有されていたからこそのスピード感だったと思います。

NHK
NHK

第2夜「さよならMyWay!!!」

宍戸道男(小日向文世)は40年連れ添った妻・舞子(竹下景子)を脳卒中で失ったばかり。それでも悲しみに耐えながら、自ら営む保険代理店の仕事を今日も真面目に誠実にこなしていた。その時、業務用のパソコンに一件のビデオ電話がかかってくる。画面の向こうにいるのは…。なんと死んだはずの舞子だった!そして、さらに驚がくの展開が。画面越しに舞子が突き付けてきたのは離婚届!いったい妻は何のために幽霊となって道男の前に現れたのか…。

「チーム直虎」の絆

――キャスティングはどのように?

第3夜は「おんな城主直虎」でご縁があったみなさんにお声かけしました。脚本の森下さんも含めてチーム「直虎」ですね。

やってみないとわからないことが多い中で、第1夜、第2夜の出演者も含めてみなさん快諾してくださって。シンプルに「面白いからやりたい!」という方、「どんどん撮影がなくなっていく中で、何かやりたい、できないかと思っていた」という方など、反応はさまざまでした。

俳優陣に「やりましょう」と後押ししてもらえなくては成立しなかった企画。準備万端とは言えない状態でしたが、私たちの思いに応えてもらえたのがありがたかったです。

テレワークドラマ撮影の舞台裏!~撮影スタート編~ / Via nhk.or.jp

カメラを自らセッティングする柴咲さんと、見守るしかないスタッフ(制作ブログより)

月曜の朝はネットが遅い(笑)

――撮影で大変だったことは?

大変なことだらけでした(笑)。

高性能のカメラも照明もなく、カメラワークにも限界がある。細かい演出はできないので、とにかくなるべくシンプルに、でもドラマとして見られるものにと意識しました。

ヘトヘトです 全部自分でセッティングするなんて前代未聞です初めてです 皆の労力が身に染みます 人の労働によって自分は生かされていることを痛感 こんな時間に打ちひしがれている ありがとう皆、ありがとうチームリモドラ

柴咲さんも「ヘトヘトです」とツイート

ヘロヘロです ありがとう、お疲れ様でした、殿 https://t.co/zeydJPGCmy

Web会議のシステムにまつわるトラブルはちらほらありましたね。土日にリハーサルした時はサクサクできたのに、月曜の朝はこんなに回線遅いの!? 途切れちゃう! とか……。テレワークしてる人、多いんだなと思いました(笑)。

撮影機材は事前にみなさんにお送りし、スタッフも現地に行けないので、メイクや衣装、小道具など自前で用意していただいています。普段のドラマではないことなので、そこも注目かもしれないですね。

「こういう設定ならこんな服がいいかな?」なんて俳優さんからの提案もありました。

テレワークドラマ撮影の舞台裏!~機材編~ / Via nhk.or.jp

実際に使用した機材(制作ブログより)

演出「ここのムロさんの中には…☆?%…が入っ…{“*?#…コウさんには…」

出演者「あの!回線が悪くて聞こえないですっ」

出演者「カメラ位置こんな感じでどうでしょうか」

演出「可能であれば、少し右向きで、高さもちょっとあげて頂けないでしょうか」

出演者「三脚の高さが足りないですっ、椅子の上に乗っけます!」

演出「カット!オッケーです!ばっちりです!」

出演者「あっ!カメラ回ってなかった!ごめんなさい!」


制作ブログより)

テレワークで感じた可能性

――今回の撮影を通して気づいたこと、今後に生きそうなことはありましたか。

職場まで行かなくてもWeb会議で打ち合わせができるのはすごく便利でした。実際私もスタッフにも俳優にも直接会わずにここまで来ています。

編集や音入れも各スタッフでおこなっていますが、直接会えない、遠くに住む人と仕事しやすくなるのも大きなメリットですよね。

回線が安定しない問題は度々ありましたが、そこが改善したらさらに活用できるシーンは広がると思いました。

とはいえ、「ちょっと編集室に集まって確認しよう」とかができないのはやっぱり不便な部分もありますね。映像はオンラインで共有するのが結構手間がかかるので。

撮影手法としても、「テレワーク撮影」の手がかりに新たな表現を追求していける可能性は十分にあると思いますし、試みとして継続していきたいです。

今後の状況がわからない中でどう発展させていけばいいのか難しいところもありますが、ノウハウをためて新たな作品をお届けしたいと思っていますし、実際いろいろな提案が寄せられています。

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

予告映像。撮影の様子もおさめられている

――改めて、見どころを教えてください。

30分のドラマで基本的に登場人物が2〜3人と少なく、場所が変わるわけでもなく、本当に俳優さんのお芝居そのものに支えられています。

撮影手法はもちろんですが、人数が少ない分セリフ量も多くご負担をおかけしたと思います。いろいろ不足があるなかで試行錯誤した、熱い熱い思いをぜひ感じてもらえれば。

正直に言うと、こんな中でも物語を届けたい、ドラマを成立させたいという思いが前に立っていたので、独自性がどこまで発揮できているかは見ていただく方に委ねることになってしまうのですが。少しでもテレビの前でホッとしたり、笑顔になってもらえたりしたらうれしいです。

【今だから、新作ドラマ作ってみました】 #テレワークドラマ 出演者の皆さんをご紹介❗ 第1夜 5月4日(月) 満島真之介 × 前田亜季 第2夜 5月5日(火) 小日向文世 × 竹下景子 第3夜 5月8日(金) 柴咲コウ × ムロツヨシ × 高橋一生 #今だから新作ドラマ作ってみました https://t.co/Lj9crf7UmF